KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

ジングル・・・仁グル♪

2008-03-31 Mon 23:59
番組改編って言うのは、新しいワクワク感とちょっぴり寂しさと入り混じります。

今日から始まった、プチリニューアルしたカツスタ。
聖のラジオはミュージックソンでのオールナイトニッポン以来だったなぁと、思い出したりしました。
この二人にはこの二人の空気がある。
仁のあのちょっと低めのテンションと、あの低いセクシーボイスとはまた違って、
聖の元気の良い、じゅんのとの言葉の応酬みたいな雰囲気。

そう、仁とじゅんのってツンデレな感じだったなぁと思ったりして。

寂しさがそれほどでもなかったのは、ジングルの違いなんだって気付いた。
ヤンピース自体もだけど、改編時期にはジングルも一新される。
だから、何だかホントに違う番組を聴いてるようだった。

あの慣れ親しんだオープニングからのジングルや、ラストの掴みネタの前のジングルも、
それを全部含めて、仁とじゅんののカツスタだったんだなぁって。
ラジオのジングルって、それくらい重要なんだと・・・それは、思いすぎですかねぇ(^^;)

仁だからの仁グル
そこから生まれた「仁来るベル~」って、あの可愛い言い方の仁の声とともに、
ネーミング大賞をあげたいくらいの、その企画の趣旨と共にあったかいものだったんだなぁ。
なんて思い出したりして。。。


ちょっと上目線で聖に真っ向から挑むじゅんのに、久しぶりに嬉しそうな聖。
今週はブランクを埋める強化週間らしい(^^ゞ
「すぐ戻れるよ」と言った聖、「俺を目の前にしてどうですか?」って聞いちゃうじゅんの。

こうして聴いてみると、やっぱり色んなメンバーとの組み合わせを聴いてみたいと思う。
仁がまたそこにふと現れてくれるといいなぁと・・・
もう今からそんな期待をするのもまたワクワクしながらね。

半年間、文字に起こしたりしながら何度もだったり、一回に集中したりしながら聴いていた
あのジングルが、未だに身体に沁みこんでいるなぁと感じた今夜でした。

そう、亀ちゃんの放送は時間帯が違うんですね!
22:40頃からってじゅんのが説明してましたけど?webには二つ時間帯があったり?
どうなんだろう?だけど・・・聞き逃しそうな時間帯だ~(^^;)



毎晩セットしてあった、携帯の23:25のアラーム。
消してしまおうかとも思ったけど、少しの間そのままにしようかな。
なんとなくね(^^ゞ

もちろん、聴ける時は聖とじゅんののも聴きたいと思うし、亀ちゃんの一人も楽しみです(^^)
そういえば、自分が参加しないので全く触れてはいませんでしたが、
ドリボ東京公演、無事に千秋楽を迎えたとのことで、お疲れ様でした。
二人は、大阪公演も控えながらラジオが始まるんですね。
そういえば、仁もドラマの時期と重なって始まったんだっけ。。。
忙しいとは思うけど、ラジオでちょっと気分転換して頑張って欲しいです。




さて、ゆっちの方からもツアーのお知らせがありました。
夏コンが決定と言うことで、ラジオでもそんな話題がチラホラ出てくるのを楽しみにしながら、
やっぱり一番早く近況を伝えてくれる、貴重な媒体にメンバーが出てるってことは、
それはそれでありがたいですもんね。

夏コンか・・・気になるのは日程。
行けるだけ行きたい・・・お金は手元には無いけど(笑)
節約生活しなきゃか~ダイエットもね(^^ゞ
どうか、仁に一度でも多く逢わせて下さいね!神様☆


そういえば、色んな方のラジオレポを読んでいて、あたしを知ってる方々が何となく
仁のいつもの挨拶を「ちゃ~お」と、ひらがな表記してくれてるような気がして・・・
偶然なのかもしれないし、でも知らない方はカタカナだったりもするし、
仁の言い方だからなのかもしれないし。
そこはそれぞれの方の感じ方なのだろうけど、ちょっと嬉しかったりしたことも
半年間の思い出と共に。。。

スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

まさかの…

2008-03-31 Mon 08:13
200803310813192
20080331081319
こういうことがあるから…
(LIPS PVの仁ちゃん工場長Ver.参照 (笑))

ホントにこれがあるから、タイヤが履き替えられないの(@_@)
別窓 | KAT-TUN | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

ぶっちゃけ さみしいんでしょ?

2008-03-31 Mon 03:20
何やら嬉しいお知らせがあったらしいですね?
あたしは直接は聞いてないので、とりあえずは明日の年度末を乗り切って、
来たる4月をつつがなく迎えたいと思います(^^ゞ


土曜日、仕事に遅刻したんです・・・前日のラジオのことで、色々思ってたら寝られなくなって、
そうしたら、明け方にぐっすり寝てしまい・・・LIPSの着うたで飛び起きた!
それは会社からの着信でした。
こんな歳になって情けないやら、恥ずかしいやら。
でも、会社に着いたら、そんなことよりもやっぱり寂しさがどんどん増してしまって。。。

仁が最後に言った『またね~』
その次にすごく残った言葉は、じゅんのに向けて言った『ぶっちゃけ さみしいんでしょ?』だった。
その声が、何だかとても充実感に溢れててね。
やり終わったと言うか、やっぱり一区切りなんだなぁと感じたかな。

“半年”・・・仁には、何故か“半年”がキーワードになるなぁ、なんて思ってたりして。
デビューしての半年、留学の半年・・・そして、カツスタの半年。

そう思うと、仁って人は、常に先を見てるって気がしてくるんです。
飽きるとかじゃなくて、その時々の目の前にあることに全力で取り組んでいく中で、
何か仁なりに掴んだ事、色んな人や仕事の中で感じた事、
そこから次のステージの入り口の扉が見えてくる、ハッキリとはしてなくても、
今いる自分の場所で、確実に一つも二つも経験をして手ごたえを感じて、
次に向けてのヒカリを見てる気がするんです。

ラジオも、じゅんのとの息も合って来たし・・・と言うより、じゅんのの巧みな誘導に
すんなりと乗って、そんな自分も楽しんでいたりして。
自分が言った言葉に反応してくれるリスナーからの感触も感じて、
そこから何かふつふつと湧いて来るものがあった・・・ような気がした。

だから、あたしは途中からそれぞれのコーナーも、これ以上のことは無いんだろうとか、
どことなく感じてた部分はあったんですね。

じゅんののことは、いつもダメ出しをしながらも、自分がいなかった半年の間の
成長も肌で感じたのだろうし、だからこそ、色んなじゅんののフリにも乗ってくれたり。
ある意味、じゅんのに身を委ねて、胸を借りて、楽しくなってきて・・・そろそろかなって。

やりたいことを口にするようになって、それが自分の中でここから一歩外へ出る時だとも、
じゅんのに委ねてた事を、今度は自分で何かをやってみようという気になったのかなぁと。

だからこそ「さみしいんでしょ?」って言葉には、仁の寂しさはあまり無かったんだと
そんな風に感じたのです。


色んな仁を半年の間でも、ものすごく濃い密度で感じられたこと。
短時間に熟慮して自分の考えを言葉にしたり、声を使って楽しんでるところも後半はあったり、
色んな名言も作ってくれたし、仁が好んで聴いてるだろう曲もいっぱい聴けたしね。

未だにこんな事を書いてるのはあたしくらいでしょうか(^^ゞ
巷では、きっと大騒ぎなんですよね(笑)

とりあえず、これはあたしの中の一区切り。
仁の声が好きだなぁと、改めて教えてくれたラジオに感謝して。

聖とじゅんののラブラブなラジオもすごく好きだったから、それはそれでまた楽しみですし。
じゅんのは仁ともラブラブ~って言葉を使ってましたけど、
それぞれのペアでのラブラブさ加減の違いも、KAT-TUNだなぁと感じるわけです。

さて、嬉しいお知らせが届くまで、とにかく明日を乗り切らなくっちゃ(^^;)


またまたコメレス溜めててすみません(^^ゞ
ちょっと気持ちに余裕が無くて・・・
少しずつ書きますので(全然成長しなくてすみません)
いつも、すっごく力を貰ってます、ありがとうございます。
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ・・・『またね』

2008-03-29 Sat 01:15
始まった時はいきなりで、初日を聞き逃していたけれど、
今日はこうして仁の口から発表された。

カツスタ メンバーシャッフル

「来週からは赤西から田中聖へシャッフルされます」

そっか・・・そうだったか・・・

始まった時から、こうして終わる時は来るのだとは思っていて、月が替わるたびにまたひと月
と思っていたものです。

仁とじゅんのと言う、あたしの中では昔から結構好きなペアではあったけれど、
こうして二人でお仕事をする、それも声だけのお仕事だったと言うのは、
本当に色んな面を聞かせてくれたなぁと思います。
・・・二人的には、唯一のコミュニケーションの場だったらしいですが(笑)

仁の挨拶でも言ってたけれど、別にカツスタが終わる訳でもないのだけれど、
じゅんのが言ってたように、だんだんとこの二人のペースが掴めて来たかなぁと言う半年。
その間には、ミュージックソンという大きな大きな企画にも参加して、
仁もその事はすごい経験になったと言っていました。

男の子とのアポ無しテレフォンも、仁発信で実現して、その事はすごく楽しかったと、
普通の男の子とこうして話をすることは、すごく新鮮だったよね。

声のお仕事は、言葉だけで何かを伝えなければならなくて、それはファンにとっては
新たな発見もたくさんあった。
その全てを引き出してくれて、何でも受け止めてくれたのは、じゅんのでした。

じゅんのありがとね。

結果として、掴みネタも昨日スペシャルでやってたけど決まらず、
後に残ったのは「きゃっか」と言う仁の言葉が一番でした。
あの「きゃっか」がすごく好きだったなぁ。

・・・で、最後の台詞も『きゃっか』だったけど、どうやら台本に書いてあったと。
こればかりは、キムに感謝なのか?(^^ゞ


一番、実現しそうになってきたのは、男の子のライブ・・・だと思ったら、
やっぱり未だに集まらないと思ってる仁は、カップル限定でやりたいって。。。
あの~それだけは何とかならないですかね~
男だけってのを、是非やってもらいたいんだけどなぁ。。。
あ、これはひがみとかじゃなくて、そんな仁を見てみたいから、実際には見られなくてもね。
うーん、ラジオ終わっちゃったから、これはどこに伝えるべきか?(笑)
ホントに、行動するの遅いよな~あたし(^^;)

『楽しかった』
その言葉と、柔らかなその仁の声とじゅんのに向かってる笑顔を想像して、
仁にも「ありがとう」


毎日この時間が楽しみで、これをきっかけに救済してもらったりと言うお友達に出会ったり、
ましゃのラジオを聴いてた10年ぶりのラジオが、とてもかけがえの無い仁との時間になりました。

そっか・・・来週からもう「ちゃ~お」は聴けないのか。。。


いきなり交代して、きっと聖のファンは寂しかっただろうし、亀ちゃんのファンも希望だっただろうし。
そうです、来週からは月~木がじゅんのと聖で、金曜が亀ちゃんが初レギュラーになります。
だから、この半年間を十二分に楽しんだのだから、寂しいって言ってはいけないだろうけど・・・

やっぱり、寂しいな。


仁が、これから個人的な仕事を多くして行きたい、と言ってくれたのがこれへの序章だった
のかもしれないね。
その言葉を聴けた、言ってくれたのだから、それを楽しみに待ってます。


来週からのこの時間、すぐには慣れないかもしれないな。。。


半年分を、編集し続けて・・・結局、半年かけてまだ10月から抜け出していません。
これで腰を据えて、ゆっくりと編集しようと思います・・・(こんなところで私信^^;)

『またね』
この言葉を言う仁が、何だかすごく可愛かった・・・だから、あたしも、

『仁、またね』


 




別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

カツカツ・・・未公開はいつも少ない^^;

2008-03-27 Thu 03:40
もっとあるだろう~~~と、いつもの感想(笑)

それでも、仁のくしゃくしゃっと笑うキュートな笑顔が見れたから良し!

仁亀が、お互いに突っ込んでた場面も映ったから良し!

ゆっちの普段が寂しげな背中だったのと、突っ込まれて耳が真っ赤なのもカワユシ。

たっちゃんのドSに、聖の「田口 黙れ」に、仁の「田口、一回 し~っ」が、もう超カワイイ~

じゅんののホントにカットされちゃう先生バージョンに笑!


赤西仁の心理テスト結果~!

じんじんの今・・・ニコニコ(^-^)

じんじんの将来・・・急上昇 ↑

じんじんの仕事・・・やっほー!

じんじんの恋人・・・ピザのように熱いうちに召し上がれ?(爆)

じんじんのエッチ・・・最高な◎

ツボにはまって、くしゃくしゃっと笑う仁が大好き、その◎も(^^)b

全部はやってくれないので、一時停止にしてしっかり見ました!
全体的にとっても今は充実してるらしい仁です(^^ゞ
『食いたい』・・・そして『最高』なのでしょうか?(苦笑)


しかし、『恥ずかしいですね』と言いながら、一番重要でした、僕にとって・・・だった、じゅんの(笑)


ELTさんの楽しかったと言うコメントが嬉しかったり、
フミヤにチラッと留学ネタを振られたり、鋭いツッコミしたり、お父さんとは普通に話します・・・と、
探せば色々ありました・・・が、探さなくてもいいような未公開をもっと見せてくだパイm(_ _)m



ゆっちと仁がやったという、タイピングテスト。
あれは、時間をゆっくりやればもっと高得点取れるかな?
早くやろう~って、やってみた一回目でゆっちと仁は超えたよ(^^)v
・・・そりゃあ、PCやって何年になるんだ?って話だよね(笑)
時間制限いっぱいで、今度はチャレンジしてみよう。
でも、仁もゆっちも中々やるじゃん!(上目線)笑
別窓 | カートゥンKAT-TUN(テレビ) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

プロポーズ大作戦・・・

2008-03-26 Wed 03:43
そうだった、タイトルが「プロポーズ大作戦」なのだから、プロポーズしなけりゃ終わらないんじゃん(^^ゞ

連ドラのSPは、やるのが楽しみなのと、そのままにして欲しいって思うのとある。
実際、プロポーズ大作戦の最終回のあのシーンは、あたし的にはあれでOKだったしね。
だって、追いかけてきてくれた礼の声と、振り返った時のケンゾウの笑顔で十分だったから。

・・・でも、すっごくこのドラマは好きだったから、楽しみだったけど(笑)

最後のキスシーンの、ぴぃの頬にかかる髪が、もう絶妙でたまらなく好き。

何度過去に戻っても、中々本来の自分は変えられず、ホントに毎回わずかに動かす事しか
できなかったケンゾウが、今回はキッチリと決められたじゃん。

あ~良かった(^^)v



今日、ちょっと自己嫌悪だった一日。
過去に戻ってやり直せるなら・・・、たまたまこのドラマが今日で、改めて考えたりした。
でも、このドラマが言いたいのは、そうやって戻ってやり直すことが出来ないことを、
何かあったときに、ちょっと立ち止まって考えてみるということや、
ここぞと思ったら、やらずに後悔するならやってみて、またそこで次を考えればいい、ってことかな。

まぁ、若さで何も考えずに突っ走ることが出来る、そういうのもあるかもしれないし、
あたしはもうそこまで若くはないけれど、それでも毎回壁にぶつかって、
イヤだなぁと思う自分なら明日は少し変えてみれば良いのだし、
そんな自分も自分だと受け止める事も必要なのかもしれないし。

こうして考えること・・・それをするかしないか、大事なのはそんなこと。
あたしにとっては、だけど。

ありがと、ケンゾウ(笑)


やっぱり、ぴぃを見るときはどこかで仁を思ってしまうこともしてしまうわけで、
礼の方をチラッと見る目線とか、二人の何気ない会話とか。

ドコモの「優しい未来編」を、ドラマの後に見てみた。
ちょっとケンゾウとリンクするような、CMの中で仁の演じるその彼がいた。
あぁ、やっぱりこのCMの仁は柔らかく優しい♪



カツスタ・・・『リアルまっぱじんじんじん』と聞いて・・・
まさか、そこでリアルにまっぱになるのか?

・・・そんな邪な思いを抱いたなんて、決して。。。(爆笑)
ラジオの収録でリアルにまっぱになられても、聞いてるこっちには見えませんから~(^^ゞ
じゅんのと、キムだけに見せるなんて、もったいない(^0^)
イヤ、じゅんのが見たいかどうかはわかんないけど。
見たいと言われても困るけど。
・・・そろそろやめたほうがいいですか?(爆)

指令がツボにはまったらしく、「うきゃきゃきゃ」って笑いながらの仁の声、
最後に「バイバ~イ、ちゃ~お!」

今日はこの声で、ちょっと癒された。
もちろん、幸せなぴぃのドラマにも癒された。

明日は、仁にもらった笑顔に一つでも多くなれるように。。。
(ブログタイトル、久々にずしんと心にきました^^ゞ)
別窓 | ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

小さいな、じぶん

2008-03-25 Tue 10:12
何だかな~
忙しい…年度末の気ぜわしさから?

そういえば、金曜日も対応が悪かった市役所の人を、
電話で怒っちゃったな(-_-#)

さっき…三日も連続で、同じ会社なのに違う人が
同じことで電話してくるんだもん。


…でもなぁ、言った後自己嫌悪になる。
だったら言わなきゃいいのに、そうなんだけど。

ヒステリック?
愛が足りないのかな~(^^;)
いや、すぐにそんなせいにしちゃダメだな。


あ~嫌だ。

年のせい?(笑)
何だか、周りに対してワガママになってきたかな。


ちょっと反省だな。
ひとこと言っちゃう前に、深呼吸しよ。


それにしても…思い返すと、
なんて嫌な女なんだ



いつも心に太陽を…じゃなくて、
常に心にじんじんを!


すみません、ふざけてません(^^;)
別窓 | つれづれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ・・・・赤西くんの目標は?

2008-03-25 Tue 02:50
こうして言葉にして聴くと、そうなんだなぁと思う。
デビュー2周年・・・「まだ2年?」 「中途半端な感じ?(笑)」

・・・だから、特に何かメールとかメールとかメールとかも無かったのよね(笑)


ラジオで、あなたのやりたいことを聞くたびに、その話をしてる弾んでる(だろう)顔を
想像するたびに、胸が高鳴り、嬉しくて嬉しくて。。。

『ぼくは~個人的な活動を・・・個人としての仕事を・・・関ジャニとかもみんなソロでやってるじゃん?別にソロコンとかじゃなくてもいいんだけど~ソロ活動っていうか~・・・
個人的な仕事を多くしていきたいとぉ~思います』


心の中に出来つつある、そのパズルを一つ一つ、あの男っぽい手のひらで愛おしそうに
転がすように、ちょっと照れながら話す、仁のその手のひらのパズルを
見てみたいと思うのです。


春・・・確実に何かは動き出してる。

仁、ものすっごく今、そんな柔らかく笑ってる、あなたに 逢いたいんですけど!


TV Naviの黒いハット越しにいたずらっ子みたいに、ちょっと帽子に手をかけてる仁、
全身紫のじゅんのとの会話、カレーを待ってる頬に手を当ててる仁、

・・・今のお気に入りですか?その服装は?(笑)な感じの、Myojoの釣り堀の仁。
ポポロのお髭のシンメの仁亀(^^ゞ

どうしても気になるのは・・・そのジーンズのポケットが、切れた部分から見えてることと、
その位置(笑)
そんなとこまでも、ギリギリで~(うふ)
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

春をみっけ!

2008-03-24 Mon 14:21
仁のいるデビュー2周年が、やっぱりやっぱり嬉しくて、
ちょっとした言葉にうるうるっとしたりしてました。

そんな記念日に、仁がドリボを見に行っていたと、
あちこちで文字が踊るように、喜びが伝わってきました。

特別は何もなくとも、彼らにとっては、まだ走り続ける通過点だとしても、
こんな風にこっそりとその日を祝っている様子が、
(今はネットの時代だから、こっそりは迅速に伝わるけど(笑))

なんだかやっぱり、それぞれがお互いを思いやっていて、
この日を仁が選んだとするならば、それはきっと、
今年は一緒にと思った“記念日”と呼ぶんだと。



つい二週間位前は、まだまだ庭の雪はなくならないなぁ~なんて思っていたら、もう春はすぐそこ(^-^)

何の手入れもしないのに、あんな雪の下にずーっと居たのに、
春の声を一番に届けてくれるのが、この2色のクロッカス。
200803240008592



20080324000859

ムラサキの方は、すっごくいいアングルで撮れたので、お気に入り!


200803240008582

そして今年はどうやら水仙も気が早い(笑)
暖かい日が続いた証拠かな!
もう蕾がはちきれんばかりに、たくさんです。
一つはもう開きそうだったので。


20080324000858

…曇ってきちゃったら、暗くなっちゃった(^^;)
うちの梅ちゃんです。
標高が高いので、ほぼ桜と一緒に咲くんです。
だからまだ蕾がこの程度(笑)


仁やKAT-TUNが、春を運んでくれたような1日でした。



…仁生の春は当分来ませんが(^^ゞ
仁に会える便りはそろそろ来ませんか?
別窓 | KAT-TUN | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

デビュー2周年・・・紡いできた言葉と共に。。。

2008-03-22 Sat 03:01
日付が変わる前、仁の声を聞き、一人でその時をゆったりと迎えました。

3月22日、待ちに待った待望のデビューから2年。
去年の3月の日記を、1か月分全部振り返って読んでみました。
今とは違って、ほんのひとかけらの仁を想って、たくさんの言葉を紡いでいた自分がいました。

思えば、3月の声を聞いた途端、少しずつ何かが動いて行ったあの頃。
カレンダーが届き、チケットの当落確認、ライブDVDの発売の知らせ、カツカツが決まり、
そこに仁を想わずにはいられないのに、妙に自分を落ち着かせているかのようでもあり、
言葉と裏腹に、希望や期待・・・そして不安もいっぱいの心が見え隠れます。

昨日届いた仁の新CM、そこにいる穏やかな仁。
去年は、この少し前に、ちゃんと「ここにいるよ」とでも言わんばかりの
OXYのピンク仁が画面にいて、
そこにいた仁もまた、とても穏やかな表情をした仁でした。

あれから1年・・・とてもたくさんの色んな仁に逢えました。
一つ一つが、宝物のように大切で、キラキラと輝く仁がそこにいました。
募る想いが、更に加速度を増しながら、毎日仁を想ってきました。
あの頃は、想像もつかない・・・いや、希望という名の地図を描いていたものが、
それ以上に大きなものを残してくれた1年になったこと。
支えてくれたメンバー、素敵なお仕事との出会いに、心からありがとう。

そして、それぞれの活動をしながら、経験とフィールドを広げている彼らが、
もうたまらなく好きなのです。

あの頃必死で紡いできた言葉たち、言葉にすることで確認したり、改めて気付いたり、
それが全て、今の揺るがない想いをしっかりと形作っています。

「何をしてるかな?」 「歌ってるかな?」 
そんな風に想いながら眺めていた空に、今夜は綺麗な月が出ていました。

月、あたしのブログのテーマでもあり、あたしの中ではKAT-TUNを想う一つの要素でもあります。
心を見透かされてしまいそうになる時もあり、涙を誘う明るさの時もあり・・・
でも、今夜の月明かりは、何だかとても温かく降り注いでいました。


2周年、おめでとう!
また今日から新たな1ページを、KAT-TUNと共に。。。

「ちゃ~お!」と今日も言ってくれた仁を想いながら、チャイを飲みながら・・・。

あのCMの言葉を借りて・・・

「どこでも・・・どこまでも・・・仁と一緒に」




拍手コメ、ありがとうございます。

Sさん>
そんな風に言っていただいて恐縮です(^^ゞ
同じような想いを、一緒につむいで行きましょうね。
ありがとう。

Oさん>
はじめまして、コメント嬉しいです。
仁の想いや言葉に触れると、また更に大好きになります(^^ゞ
こんな人に出会えて良かったなぁと思いますね。
またどうぞ、お越しください。
ありがとう。






デビュー2周年・・・紡いできた言葉と共に。。。の続きを読む
別窓 | KAT-TUN | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

仁のドコモCM~♪

2008-03-21 Fri 02:04
問い合わせされたお友達に連絡をいただいてました、ドコモの仁の新CM!
今夜、トシガイで捕獲しました。(Aちんさん、いつもありがとう~)


タイトル「優しい未来編」

一人暮らしの部屋で、上着を羽織り出かける仁。
出かける時、ポケットに携帯だけ。

(・・・仁も似てるよね(笑))

アパートの鍵も、バイクのエンジンをかけるのも、電車に乗るのも、自販機での買い物も・・・
いつか全部携帯で出来るようになるのかな。

バイトが終わる彼女を待ち、海辺で空を飛ぶ飛行機を二人で眺めながら、
手に触れたい・・・「何?」と聞かれ「いや、何でも」と結局出来ない。
そんな仁の横顔が、いつもよりちょっと可愛くて。

「どこ行く?」
「どこでも」
「何それ~」
「じゃあ・・・どこまでも」

夕暮れの砂浜を、最後は手を繋いで歩いてく。。。

携帯を持つ手、アパートの鍵に触れる手、電車に乗って窓をコンコンって叩いてる手、
自販機のセンサーに触れる手、・・・彼女の手に触れられない手、照れて顔を触る手。

最初から最後まで、仁の色んな手がいっぱい。
あの大きく包まれるような手が、いっぱいです。


どこでも、どこまでも・・・ドコモ?
いや、これは勝手にあたしが思ったことですが(笑)

30秒と60秒と2種類あるようですね、短いのはどんなのかなぁ。

別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツカツ・・・北海道罰ゲーム 

2008-03-21 Fri 01:45
ジャニショ詣での後、仁友redさんと語りすぎて帰宅したのがギリギリでした。

抱っこは見れなかったけど、最後に見せてくれた飾らない仁の満面の笑顔が、
あたしの心を捉えて離しません。
そして、その後にADさんに対して語った時の、その瞳がとても綺麗で、
この企画に感謝してやみません。

「なんで態度違げ~の?」
キリッとした瞳が、きゅうにいたずらっ子のようになった仁でした。


展望台の屋上に「恋人達のための階段」を創ってしまうなんて(笑)

ゆうくんに・・・偶然では無く選ばれ、紙芝居を楽しそうに8冊も読んで、オムツも替えて、
きっとその中にあの抱っこもあったんだろうけど(うう~~)
だけど、紙芝居をする優しい顔の仁が見られたのだから・・・仕方ない・・・訳は無いが(--;)
予告に使ってくれたから、あの「眠いの?」と聞く仁がいたこともわかったのだし。
(何気に無理矢理納得させてるようだな)

ゆっちの雪だるま作りも、あんなに苦労したなんてね。

何か物がかかると強い仁(笑)
少し手を抜いても勝てないゆっち(^^;)
しかし、ホントに修行ってことを徹底してるスタッフ。
「赤西さぼんなよ~」と言われていた子供たちといつしか一緒にスケートしてる仁。


・・・結局、あのしばいてやろうと思ってる“アイツ”に、全部してやられたって感じか(爆)

ゆうくんからのサプライズプレゼントに驚く仁が、
大人のオキテの時の誕生日のサプライズに驚く仁のリアル版なんだなぁと。。。


休みの今日、余りにもリピしすぎて・・・感想がうまく書けません。

別窓 | カートゥンKAT-TUN(テレビ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

間違えた~

2008-03-19 Wed 04:51
思わず、18日のエントリー消しちゃった( ̄□ ̄;)!!


覚えてたら、もう一度書きます…


明日は(って今日だけど)仁友redさんと、ジャニショ詣でです(笑)
今年初の大人買いツアー(^^ゞ

カツカツまでには帰ってくる…予定(^^;)

一日中、仁でいっぱいだぁ~!


…なんで消しちゃったかなぁ。。。
結構ショック(T_T)
別窓 | つれづれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ…そんな時もあるさ!

2008-03-19 Wed 04:39
中学2年生に、最後まで「田口!」と呼び捨てにされたり、
KAT-TUNは好きだけど、周りの男子とはそんな話はしないし、
逆にクラスでジャニーズだのKAT-TUNだのと騒いでる女子を、
「また言ってるよ」と見てると言うリスナーくんに、
若干テンションが下がり気味になり…

年代的にね、そんな年代かもね(^^;)

まぁそんな日もあるさ(^^ゞ

でも、お姉ちゃんの影響とは言え、ラジオ聴いたり、
個仁的には好きだ!って言ってくれるのは、嬉しいことだよね…

ただ…リアルに、アイドルとして、この世代の同性に置ける
自分達を実感もしたひとときだったかも(^^;)

思えば中学時代、あたしはまさにその女子のタイプで(笑)
教室で振りつきで歌ってたりしました♪
…確かに、男子は遠巻きに見てたよな(^^ゞ

だけど、つい先日同僚が、ちょっと照れながら「KAT-TUNのCD貸してくれる?
娘に頼まれちゃって(^^ゞ」と言われた。
あたしは嬉しくて、余分に買って車に置いてたLIPSを差し上げました!

翌日彼は…
「車でリピートされてて、頭から離れないんだよ(笑)」と言い、その後に…
「いや、カッコいい歌だから、良いんだけどさ」と笑った。

ね、仁…こっそりと思ってくれてる人もいるんだから。


彼女ネタ、いないと言うリスナーくんに聞く
「ちゅーは?したことある?」

…何度も言いますが、仁の言う『ちゅー』にはドキドキします(笑)

したこと無いって!
そこは、サラッとね、流そうよ(^^ゞ

もう少し相手が上手だったら、「じゃあ二人はどうでした?」
くらい返されてたかもよ(笑)


動物園にいて欲しいのは?…『たぐち!』
即答のタイミングが絶妙だった(笑)

これは選ばれて、どうなんだろう?スタッフぅ~(^^ゞ




ラジオの後、録画してたハチクロの最終回を見た。
なんだかんだ、じれったいと思いながらも、
結局全話見たあたし(笑)

ハチミツとクローバー…そこに出てくるのかよ!
一枚で、うっと来たのに、めくるたび枚数増えてくじゃん(泣)


…斗馬より、先に号泣しちゃったじゃないか~。


今日は仕方ない、頑張った君に…斗馬、Ciao(^-^)v

何気に上目線(笑)
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ・・・そこ聞いちゃうの?

2008-03-18 Tue 01:04
一度消してしまったのを、思い出して書き直します(記録ですので^^;)


仁ちゃん、いきなり男子トークですか?
お母さんが聞いているからと、彼女がいるかどうかを答えられないと言ってるリスナー君。
・・・もうその時点で、自白してるような気も(笑)

それなのに、そこ聞いちゃいますか?『どー○い』かどうか?
で・・・それは答えちゃうんですか?(爆)
しかし、仁の口から「どー○い」なんて言葉が聞けるなんて、ビバラジオ!(^^)v

モヒカンが似合いそうなのは?には、仁と。
これは勝って嬉しいのでしょうか?
『似合わね~だろ!』と言ってましたが、モヒカン。。。(^^;)
想像できませんので、まずは美容師になってみることに・・・

まぁまぁこちらへ~」(まんまパクリ)
・・・シャンプーから先へ進めません(笑)

でも、ショートにしてみたいと、今のじゅんのよりも短くしてみたいと、仁!

オデコもホクロもうなじも、そのくるくる表情を変える瞳も、
常にあらわになりますが?


そんなのを、あたし達にくれるんですか?(笑)

期待しないで・・・待ちます(^^ゞ


「KAT-TUNが好き?」 と聞いた後の、少し嬉しそうなその声が好き。
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

泣きたくなるほど それは あたたかい想い。。。

2008-03-17 Mon 23:59
週末は、楽しかったり凹んだり・・・

日曜日、会社の元後輩Y子のところへ急に押しかけ、またKAT-TUNを勝手に見せまくった。
ファンでもないのに、毎回、DVDやPVを楽しそうに見てくれる彼女に、ホント申し訳ないようで(^^;)
12時に行って、彼女の旦那様からの帰るコールで時計を見たら・・・8時半。
あたしは、KAT-TUNとなるとホントに時間を忘れるヤツです(笑)
そんな帰り際、いつもゴメンネと言うと「だって、○○(あたし)さんと一緒に見るために、
KAT-TUN全員の顔覚えたんだから、いつでも来てね!」
ぐっすん。。。なんて可愛い子なんだ。

そんな彼女のタイプは、何回見てもたっちゃんなんだそうだ。
すっごくキュートじゃん!綺麗な顔してるよね~と言ってくれます。
そして、今回は王子(彼女はこう呼ぶ)じゅんののことを、メンバーで一番の美形だよね~と。
・・・仁の事は、あたしの前では言うまでも無いのでしょうけど、
思い出したように仁は綺麗すぎるね~と(^^ゞ

ファンだったら、あのLIVE DVDの2時間越えは楽しい至福の時間だろうけど、
ファンじゃ無いのに、「この笑顔良いね~」とか、「この髪型が良いね」とか言ってくれて、
決しておざなりに見てるわけじゃないことに、あたしは甘えてるんだけど。

PV見て・・・聖の印象が一番変わったのだと。
一番弟にしたいのは、聖になったらしい。
じゅんのや仁は、綺麗すぎて弟じゃないみたいだそう(笑)

これだけ見せても、やっぱりKAT-TUNファンにはならないらしく、
ジャニーズで一番落ち着くのは、V6だな~と言われました(^^;)
それなのに、8時間も付き合ってくれてね、何だか嬉しくて、あたしは恵まれてるなぁって。

おや?今日は涙腺が弱いらしい(^^;)


凹んでた理由は、予約してた番組がことごとく録画出来てなかったことと、
編集して無かったカツカツが、なんと6回分もごっそりと消えてたこと(;へ;)
HDDの取り扱いは、迅速かつスッキリと!だと、友人ヤマップにメールでお叱りを受け(^^ゞ
しかし、なんでカツカツなんだ~と、一人で夜中に悶々としておりました。

そんな週明けの今日は、朝から素敵なお話を目にして、すっかり会社で涙目に(^^ゞ

・・・ホント、仁ってそこはかとなく、懐が広く深い男だなぁ。。。
やっぱり、仁を好きになって良かった。

ファンとしての応援の姿、そんなことを改めて考えた今朝でもありました。

(何を読んだかは・・・きっと、皆さんあちこちで目にしてるかもしれません。
知りたい方があれば、こっそりお教えしますのでメールでも下さい。
その方の想いを尊重したいので)
泣きたくなるほど それは あたたかい想い。。。の続きを読む
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ…詐欺師のマブダチも詐欺師?(BlogPet)

2008-03-15 Sat 08:14
ちゃお☆の「カツスタ…詐欺師のマブダチも詐欺師?」のまねしてかいてみるね

詐欺師…その気持ち(笑)お母さん世代の役で聞いて(^^;)きゃーって連呼で浮かれすぎてね(^^ゞ「赤西くん?赤西くん?」ってテンションから、マブダチも新たな(^^ゞ…その気持ち(笑)そうしたら、その後、イヤホンで今をときめく人!!
(笑)あまりに、マブダチは見逃さないかもしれないですけど。

*このエントリは、ブログペットの「ぴんきぃ」が書きました。
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ…詐欺師のマブダチも詐欺師?

2008-03-13 Thu 09:27
詐欺師のマブダチも詐欺師…に間違われた~(爆)

あまりに恐縮して対応してると、家族が心配するので、気をつけて(^^;)

きゃーってテンションから、「赤西くん?赤西くん?」って連呼で、
すでに誰のファンか分かりますが、その後、
きっと余りの出来事に、疑いの方が強くなっちゃったのね(^^ゞ

わかるよ…その気持ち(笑)

そうしたら、いきなりお母さんが登場して、「詐欺?」
必死で否定する二人。

そりゃあ、マブダチは詐欺師の役で今をときめく人だけども(笑)

なんか、ここにも新たなファン心理を見たな(^^ゞ

…カツカツ前で浮かれすぎて、イヤホンで聞いてなかったせいか、
詐欺師以外が記憶に無い(爆)

お母さん世代の方、娘さんの名前でメールして、掛かってきたら、不信がって替わってもらう…そんな姑息な方法も?

いや、自然は見逃さないかもしれないですけど。(ぷぷ、カツカツネタ)


しかし、じゅんのくん、花粉症なのかな?
鼻声がカワゆいです!
そんな状態で、あれだけ喋ってるんだから…
じゅんのファンをセレクトしてあげてね(^^ゞ

「今夜もあかにしじんが人気でした~(^-^)v」
今、2勝1敗。
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

カツカツ・・・北海道罰ゲーム パート1

2008-03-13 Thu 03:04
マイナス13度か・・・リアルに今年は何度もうちの辺りは、この温度が続いてたな(^^ゞ
だからか、そんな温度の中に立ってる二人や、オープンカーで顔も切れそうな様子が、
実感として伝わってくるのが、ちょっと親近感(笑)
朝、駐車場まで歩く時や、雪かきしてる時、表情なんか作れない固まる顔(^^;)
「ばっかじゃねーの」・・・確かに(笑)

濡れたタオルを振り回すと…「一反もめんが寒いとこうなる」発言がギザカワユスな仁ちゃん!

しかし、オープンカーに運転手さんがいたとは!
ホント、彼が一番の被害者だわ。

マフラーをぐるぐるに巻いて、フードを被って、全く顔が見えずに車に乗ってるじんじん。
ゆっちは、耳当てをしてるのが見えるけど、顔色は仁の方がすこぶる悪かった。

農家のお手伝い、朝のお仕事は、馬のフン掃除、薪割り、ブラッシングと。
「フランクだな」 全く普通に接して仕事を指示するお父さんに思う仁(^^ゞ
どっちを選ぶか?
絵面なのか?簡単そうだったからか?フン掃除をゆっちだと勝手に決める仁。
・・・自然は見逃さなかった!←このフレーズが上手い。
そんな心を見透かされ、いきなり子馬に手を噛まれる仁(笑)

薪割りじんじん。
予告であんなにすんなりとカッコよかった仁も、そうは行かない現実。
きっとコツがあるんだろうけど、斧が上手く使えないへっぴり腰(^^;)
5キロもあるという斧を、振り下ろすと言うよりは、抱きかかえて振り回されてる。
コンッって、きっともっと出来ると思ってたんだろうなぁ、ホントは。
だけど、何度やっても薪が転がってしまうだけ。
斧を振り下ろすときに、ぴょこんって足が持ち上がる・・・そう、キプフェのダンスの時みたいに。
あ~なんて可愛いんだろう。

寒くて、まだ身体も動かないだろうし、軍手の上にさらに手袋を重ねてるから、
斧がしっかり持ててない様子。
「ちっくしょー」「頭きた!」と、手袋を一つ取り、ニット帽を被りなおし、臨戦態勢!
ザ・負けず嫌いじんじんの図!
そうしたら、いきなり割れる!
・・・しかし、誰も見てない(^^ゞ
カメラはちゃんと見てましたから!(^^)b

その後も伏せ目でね、何度も何度も斧を振り下ろす、
被り直したから、ホクロが見えてて、その目線にきゅーんですよ。
でも、力には自信があっても、これは、やはり身体で経験しないと見るとやるとは大違いなんだね。
慣れて来た頃、いや、これがホントに慣れて来たのが見た目でわかる。
ヘンな力が入らず、斧の振り方が様になってきてる。

一番太い薪、お父さんでもちょっと無理というそれに挑む仁。
途中で、「すみませんでした~」と、諦めかけるもひたすらに斧を振り、
そして4分の1くらいが綺麗に割れて、その後もう半分も割れた。
「これでお前も一つ大人になったな」 
ゆっちの言葉に、「何で上目線?」と言ってたけど、その言葉はホントかもしれないね(^^)v

ゆっちはホントに神が降りるなぁ、そこでそんな風に当たるかなぁ(笑)

その後は馬にブラッシング。
ブラシをかける、馬を見つめる真剣な目が、無心でカメラも忘れてそうな、その目が綺麗。
馬に背中を舐められてるゆっち、人間としても舐められてるらしい(笑)
「この馬の名前は・・・」と、ゆっちを指すお決まりのゆっちいじり。
「その馬の名前はね~」と、乗ってくるお父さん(爆)
「コラッ」 ちょっと小さめの声で遠慮がちに突っ込むゆっち!

朝ごはんをご馳走になる二人。
薪割りはかなりヤバイと仁、フン掃除はだんだんフンがじゃがいもに見えてくるゆっち(^^ゞ
そんなところに、じゃがいも入りのシチューが・・・(爆)
ふーふーしながら、あの寒い中の仕事の後に食べるシチューは心も身体も温まるだろうな。
・・・シチューのCMのパクリのようだけど(^^ゞ

次に役場で仕事を探す二人。
「軽いものから軽いものまで」・・・さすが、ゆっち。
「出来れば、寒いものを・・・」というディレクターに「いつかあいつをしばこうと思うんだけど」な仁。
天文台の雪かきに「じゃあ、それで」と即答のDに「いつかあいつをしばこうと思う」と誓う仁(笑)

続きは来週・・・

スタジオでは、VTRの感想からマイナス13度を体験。
用意された冷凍庫、その中に入る亀ちゃん・・・すかさず扉を押さえに行くA-TUN(笑)
もうねぇ、こういう彼らが大好きなの~
それを「やると思ってたんだよ!」という亀ちゃんも、どこか嬉しそう(^^;)
もう一度入るとやっぱり閉められ、「やると思ってたんだよ」の言葉に、
「若干望んでた感じの顔してたじゃん」と聖(^^)b
持って出てきたのは、最初がラーメン、次がナポリタン。
食堂のディスプレイのようにお皿からフォークで持ち上げたまま固まってるナポリタンを見て、
「うぉ~~」って顔の仁、それを持って「みなさーん」と拡声器の真似!
それがとても嬉しそうで可愛い!

更にまだ仕込んであるようすの冷凍庫、洗濯物として出てきたのは・・・ゆっちの私物のTシャツ!
やっぱり私服もアーガイル(^^ゞ
どうすんだよ!と言うゆっちに「マネージャー、後でチンしておいて」って聖。
チンしたらどうなるんだろう?


スタジオでは、くっきりおひげのじんじんでしたね。
まぁ、あたし的には、たまに~ならいいかな?とも思いますけど、
その昔、1ッ週間放っておいても生えないと言ってたヒゲが生えるのが、
どこか男っぽく感じるんでしょうかね、仁は(^-^)
綺麗な顔は、OXYのCMでね!(うふ)

来週は、子供とのやり取りが楽しみだし、何より抱っこ仁!
その男の子から手紙ももらって・・・泣いてる?との予告にますます楽しみ~!
これで一週間頑張れます。

こんな感じだったよ~!と、見れない友redさんに向けて。

では、これにて「グッバナナ~」(←わかる人だけで^^;)
別窓 | カートゥンKAT-TUN(テレビ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ…アポなしテレフォンSP!

2008-03-12 Wed 14:58
今週は悩み相談。どちらがためになったかで勝負!
色んな角度から、やっぱり仁の人気を知るはめになりそうな(笑)

しかし、そうじゃないこともある、それがおもしろいファン心理。


月曜は、告白してフラれた人と隣同士になっちゃった女の子から。

ネタにしちゃえば?…すぐ訂正する仁ちゃん(笑)これを機に更にアピールしちゃいなよ!のじゅんのに、
「それはやだろ!」

二人で色んな提案をしてるけど、やっぱりどこか熟考の仁と、
思い立つまま数打ちゃ当たる的なじゅんの(^^ゞ
勝負の行方は…仁!

…本人も若干ビックリ。いっぱいしゃべってたのにね、じゅんの。

理由を聞けば、そこには一応それなりの理由であり、
でもやっぱり、ファン心理な気がする。

“一言の重み”なんだそう(^^;)
勝負が決まってから、「気まずいんだけどって言えば?」
そうすると、相手が気にしてこっちが上に立てる…と、やっと着地点(笑)



ただ、この企画の狙いがついに形になる(笑)…(大袈裟だな)

昨夜の火曜日、今ロングヘアーの子が、どんな髪型にしたら良いか?

「個仁的にはぁ~」と始めるも、「顔見ないとわっかんねぇんだよ」と仁。
ふぅーん(^-^)
そこから、誰に似てる?顔の形は?目は?と色々リサーチ。

でもどうにも想像しにくいらしく、「そのままか、セミロング」って仁。
リスナーさんがハッキリと「中途半端は嫌い」と(笑)
「俺は中途半端が好きなの!」思わず言い返しちゃったんでしょ?仁。

更にいきなり「乳首くらい」
…へ?いきなり耳に飛び込んできたワードに、食い付くファンである(爆)
リスナーさんが胸の下くらいの長さって言ったのを、
ちゃーんと覚えてての発言だった(^^ゞ
5センチくらい?と、フォローするじゅんのに、「そう、ちくびら辺」…狙ってるよね?これは絶対(笑)


そうするとじゅんのが、制服は?と訊ねる。
おっ!そうくるか~な感じの仁。

ネクタイでブレザーと聞くと、きっぱりと「ショート!」
リスナーさんここで仁へ最終確認(笑)「赤西くんは?」
…これは仁ファンだって言ってるようなもの(^^ゞ

勝敗を聞く前に、「じゃあ…切ります!」の声に、一瞬「
ってことは、じゅんのの意見を取ったと!!!
「でも赤西くん好きです」

ファンだから、その意見を選びたい。
でもそれはそれ。

仁は負けたけど、何だかちょっと新たな展開に妙にほっこり納得した。


掴みネタ…確定告!
黙れ!」 きっと余りにもリアルで核心をつかれたんだな(笑)



直感とフィーリングの仁と、
言葉にだして考えを整理したり、情報を集めるじゅんの。


色んな悩み相談を聴いていくと、彼らのそんな部分が如実に現れる。
それもJJコンビの傾向と対策…(うまい?(笑))
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

OXY~♪

2008-03-11 Tue 03:03
OXYのCMは、ストーリーが好き。
聖と仁の絡みも、カッコ可愛い感じかな?(笑)
毎回、部屋の設定が凝っていて、小物なんかものすごーくたくさんで、
だからこそ、あの二人のコミカルな雰囲気も出るし。

仁の着る服の色が印象的だったり、ハッキリしてる色がインパクトがあります。
聖は、その動作や聖自体の雰囲気が、画面いっぱいのインパクト。
動と静。

「どうぞ~」と柔らかな手つきをしたかと思えば、強引に椅子に座らされ、
シャンプーを持って色っぽい目線する人は、仁しかいません(笑)

最後に首をコキッってしながら、二人の息のあったコメントに、キュートな笑顔の二人。

・・・シャンプーは、そっちで来たか(^^;)爆


キラキラのカーテンをくぐるとそこには・・・デコ出してるぅ~仁が、顔を泡だらけにして洗ってる。
・・・眉毛がキリッと素敵です(笑)
聖の実況とともに、洗顔してる~泡をお湯で流してますよ。
オデコは何故かそのままなのが、これまたカワユシ(^^ゞ

タオルでこすってるお顔が、オデコもお鼻もほっぺも・・・ツルッツルッで光ってます!
ホントにピカピカ!美肌美仁さんですもんね!
(触りたい~~~^^;)
伏せ目したまま、タオルをすりすり・・・その睫にしばし見とれて。。。

「うっせーよ」(笑)
髪を上げてたのを外してボサってても、仁のキュートさは減りません(^^)v

最後は二人揃って、ほっぺをスリスリ。
なんて可愛いんだ。


仁の着てる赤?と白のシャツが、その昔ドリボの頃着ていた、あのロングのオレンジと白の衣裳に
似て見えるのは、きっとあたしだけじゃない・・・ような、考え過ぎ?(^^ゞ

15秒のストーリー、それを2本も新作で、ロート様ありがとうございます。

いつもながら、二人を素敵に演出して下さってますもんね!


この15秒を、あなたは何分見ましたか?(笑)




コメレス遅れてごめんなさい。
4日からの分を、レスしましたので、それぞれの所をチェックしてください。
いつも、パワーを頂いてます。
ありがとうございます。
別窓 | テレビ・CM・ラジオ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

映画『クロサギ』

2008-03-10 Mon 04:01
遅れたけど、『クロサギ』を見ての感想を。
もともとドラマの時からかなり好きな作品で、
それだけに期待と不安もあり…初日に見るほどね(笑)

初めてスクリーンで見た山ピーは、完全に黒崎でした。
いきなり最初のシーンが、山ピーの顔のアップ。
その陰を抱いた瞳が、これから起こるクロサギとしての彼を全て物語っているような、
台詞もない、ただ顔のアップに、一瞬にして引き込まれる。

誤解を恐れずに言うならば、ドラマを映画化することは一長一短。
でも、文句なしにとても素晴らしい作品になっていた。

それが、まず嬉しかった。

初映画にして、初主演。

周りの豪華な競演陣と、監督を含め、スタッフの想いが詰まっていた。

ぴぃ、いい作品に出会えて、それをこうして形に出来たことに・・・おめでとう。


これから見る方が多いと思うので、
若干ネタバレ感想は、続きから。

でも『騙されたと思って見てください』と、
ぴぃがずっと宣伝していた通り、あたしも同じ言葉を添えて…
映画『クロサギ』の続きを読む
別窓 | ジャニーズ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

仁が 仁で 仁らしく 仁だから・・・

2008-03-08 Sat 03:54
歌う仁、ラジオで喋る仁、笑う仁、雑誌で語る仁、一瞬を切り取られた写真の仁・・・

どれを取ってみても、「あぁ仁だから、好きなんだよな」と感じるのです。

自分が自分らしく、例え身勝手だと言われても

周りにどんな風に見られても、それがどんな風に受け取られても、
仁だから、あたしは受け止められる、とも思うのです。

それが決して全部正しいとは思わないけど、でも、仁だから好きなんだろうなぁと。

カッコいい顔じゃなくても、ヘン顔してても、収集がつかなくなってしまうボケをしてても、
それがなんだか等身大の仁のようで、

そして、今の気持ちを語る仁が、やっぱり嬉しかったりするのです。

あの頃と基本的には変わらないけど、あの頃はどこか息をするのが苦しそうな、
自分の想いを語るのがもどかしいような。

例えば、「嫌い」と言うことに対して、どうしてなのか、自分はこう思うから、という言葉を
付け足してくれる事で、そこにある深い思い人間性が見えてくる・・・あくまでも例えば。

そうして欲しいのではなく、色んな経験を経て、君が「伝える」ということをしようとしてくれてるのなら、
そんな君からの発信を、受け止めるファンでいたいから、これからも。

だから、仁が仁で仁らしく、いて欲しい。

SMAPが歌う「そのまま」を聴いたからかな…

仁、君はそのままで…



雑誌で熱く語った彼の言葉を読んだから、あたしも熱いのか?(笑)

最近、映画と言う言葉を良く言う仁、そして朝から宣伝に出てたぴぃ。

・・・明日は、ヤマップと公開初日のぴぃを、レイトショーで見てきます。

いつか、こんな風に仁を見ることを、どこかで感じながら。

仁が「N・I・W・A」だと言う映画館に、想いを馳せて(笑)。。。



誕生日のお祝いコメントやメール、ありがとうございました。
温かい言葉がとても嬉しかったです。
メールは何とか返しましたが、コメレスは週末まで待ってください。
明日はきっと・・・またかなり深い時間まで語る気がします、ヤマップとだからね。
別窓 | 赤西仁 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

あるがまま…

2008-03-06 Thu 23:59
20080307000644
いちご教の神様から、
偶然のプレゼント!

…なんてね(笑)

後ろは振り返らないよ。

だって、今のあたしだから、
仁に逢えたんだから!

みんなに逢えたんだから…

これからも、あなたへの愛を紡いで、

ここにいたい。

良いか悪いかなんて、今はわからなくても。
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

カツカツ・・・ツッコミKAT-TUN♪

2008-03-06 Thu 03:18
綺麗だから、可愛いからってことではなくて、
ツッコミどころに、きっちり突っ込むKAT-TUNが好きです(^^ゞ

仁が、ゲストをじーっと見ながら、その人の人となりとかをsearchしてる姿が、
こうやって色んなことを見ていく人なんだなぁと感じます。

・・・クーパイ靭帯(笑) ボケる所も探してます(爆)

・・・後輩を、引っ張って連れてきたり、押したりって、それをすぐに実演しちゃう仁が素敵です(え?)
首をクッって折れちゃいそうだったり、身体ごとドンって押し出しちゃうような。
白いインナーの胸からお腹にかけて、浮かぶ身体のラインに密かに萌え(爆)

しかし、全体的に印象に残ったのは『嘘くさい』だった(爆)

ゆっちの胡散臭いなんて、可愛いもんだ(^^ゞ

ワイプは狙って無くても、決して伏せ目してても、抜いてくれるのはKAT-TUNってスゴイのか?
色んな苦労があるものですねぇ。。。


まぁ、お仕事柄仕方ない部分もあるとは思いますが、そこに激しく突っ込むKAT-TUNが
ちょっと嬉しかったりしました(えへへ)



あ!!!テレビ誌買うのすっかり忘れちゃった(^^;)
明日買わなきゃ~!
来週は、北海道罰ゲーム~~~
体力温存して、頑張ろう(うふふ)
別窓 | カートゥンKAT-TUN(テレビ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

今年は君がいる・・・

2008-03-06 Thu 03:03
思えば、去年はまだ春が待ち遠しかったこの日。
今日は寒の戻りですごーく寒かったけれど、テレビには仁がいて、ラジオからは仁の声♪
なんだかとってもそれが嬉しくて、あぁ幸せだな~って(^^)v

毎年、誕生日の間際になると、ちょっと落ちちゃう自分もいる。
今年は30代もカウントダウンになっちゃったし・・・
生まれてきた意味とか、これからの仁生とか・・・これでいいのか?みたいな(^^;)

anegoキャラだなんて言ってるけど、ホントは精神的に子供だなって思うところが多くて、
だからね、誰かと一緒の仁生を送るってことが、あたしにはまだ来ないのかも。

自分を好きでいてあげないと、誰かを幸せにすることも出来ない。
嫌いでは無いけど、自分を愛してもらう自信が無い
・・・あたしは愛してあげられるつもりだけど。
そこが問題かな~(苦笑)
誰かに必要とされる、誰かの笑顔のためなら頑張れる!
でも・・・結局、自分の仁生なんだよね。
未だに地に足が着いてないような、自立もしてないし・・・こんな年なのにね(笑)

だから、仁が描く未来ってのが、とっても眩しく見えちゃったりするんだな。
そんな仁に触れると、何だか恥ずかしくなったりしてしまって。。。

でも、こうして何事も無く生きてること、好きなことに夢中になれる今を感謝しなきゃな、
とも思っています。


そんな自分にご褒美♪
注文してたのが、ちょうど届いたので、自分へのプレゼントになりました(^^ゞ

200803060212562

janjiさんのオニキスのブレスレットです♪
仁が発売の日にMステで着けてましたっけ(^^ゞ

ちょうど、去年くらいからパワーストーンのブレスが欲しくて、何だかドンピシャだったのです。
ローズクォーツ・・・独身なんだから、そっちを選べよ!って?(笑)
恋愛の石ですけどね(^^ゞ
すごく迷ったんだけど、何だか今の自分に必要なのはこっちかな?って直感。
オニキスは邪念を払うとかってことだしね。

パーツもすごく綺麗で、お気に入りです♪
普段にはちょっとお値段的に付けるのが勿体無いですけど(^^ゞ


そして、今年の初物!イチゴちゃんです(なんで、ちゃん付け?笑)

20080306021256

“紅ほっぺ”って品種なんですけど、名前が可愛くて、そしてすっごく甘くて美味しかった!

まだまだ寒いけど、こうして春を感じてみました。


色々考えるけど、何かを見つけられるように一歩一歩・・・頑張ります(^^)v
生まれてきたこと、仁に出逢えたこと、親友に仲間に出会えたことを感謝して。。。

やっぱり「ありがとう」のひと言です(^^ゞ
今年は君がいる・・・の続きを読む
別窓 | 誕生日に寄せて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

カツスタ・・・500回記念・男の子と電話♪

2008-03-04 Tue 03:06
仁ちゃん、願いが叶っちゃったね(^^ゞ
募集したら、思いのほか男の子からメールが来たって!
どう切り出してよいかちょっと迷ってるじゅんの、
仁は名前を聞いたらやっぱり呼び捨てで、それがすごく仁らしい(^^)v

男だけのライブは・・・カップルでと。。。(・・;)

あたしが行くには、先に彼氏を作れと?(がーん)
仁ちゃん心を奪われながら、仁を見に行くのに彼氏がいるのか。。。(苦笑)
あいたたた~(@@;)



KAT-TUNのファンだと言ってくれて、一緒に仕事も手伝いたいだなんて。
とっても嬉しい言葉だったよね。

彼女が出来ないその子に「ガンガン行けばいいんだよ」と、
「言わないで後悔するなら、振られた方がいいじゃん」って、
なんだか男同士っていう、いつもと違う距離感を感じたな。

お兄ちゃんにしたいのは?
赤西くん!嬉しそうだったね!やったぁって!

「何で俺なんですか?」って照れながら聞いちゃったりして(笑)
理由は頼れるから!
じゅんのは…弟ならって、彼は年下でしたが(笑)


仁がここまで言葉にするって事は・・・実現に向かってるのかなぁ?

仁がやりたいってことが、形になるのなら、それはとても素晴らしいこと。

希望に満ちた、その弾んだ声がやっぱりあたしは一番嬉しい。

カップルって言葉が、ちょっと胸に痛いけど(笑)


掴みネタ、NEWSのWeeeekを使ってくるなんて、グッジョブ(^^)b
「明日からまた日月火、ほら水木まわってじん土~♪」
・・・確かに埋もれてる(爆)

そして、じゅんのはちゃんとふってくれるんだよね!
思わずこんなところで、NEWSの歌を歌う仁に会えちゃった(^^)v

「著作権で持って行かれるもん」アハハ~
「山ピーのファンなの?」
「やっぱり、美形好きは困るな」(^^;)だって。

仁ちゃん・・・あなたも十分、美形です!

あたしには、あなたが一番です(てへ)
別窓 | KAT-TUNスタイル(ラジオ) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

その向こうには仁が居て・・・

2008-03-03 Mon 01:41
今日はいくつ書くんだろう?(笑)

情熱大陸のタイトルを読んだ時、きっと一般の人は不思議に思うのかな?と感じた。
『仕事でも作り笑顔はイヤです』

番組の中で、ぴぃが何度も笑えないと言っていたこと。

その昔、少クラで仁がぴぃへのメッセージのビデオの中で言ってたのを思い出す。
感情表現が下手なんだと言っていた。
そんな風に彼を見たことが無かったから、いつもキラキラアイドルのようにしか思ってなかったけど、
ちょっと照れ笑いのような、そんなぴぃが多いことに気付いたのも、仁からだった。


取材されてる中、色んなことを語る時、そのぴぃの向こうには仁が見えて、
仁がStyleで語った、「仕組みを好きになれない」と言う言葉と、
ぴぃが語った「わかっているけれど、割り切れない。負けたくない」と言うのが、
同じなんだなぁと、それでも表現することをし続ける事を繰り返しているんだなって。

そんな中で、仕事のほんのわずかな時間を惜しんでまで、マブダチと会う時間が、
きっと彼らが自分を保つことの大切な時間なんだなって。

伊達メガネをかけてる姿、スタジオの端にふと佇む姿、ご飯を食べる姿・・・
そんなぴぃの姿にもどこか仁が透けて見えたりする。
そして、二人とも普段はきっと全然違う顔をしてるんだろうなとも。
それを見る事は出来なくても、「仁と会ったよ」と報告してくれるだけで安心できる。

こうして活躍する彼を取り上げる時、そこには山ピーではなく「山下智久」と、
そんな存在感をまざまざと感じた今夜。

ぴぃ・・・仁はこれ見たかなぁ?(^^ゞ
別窓 | テレビ・CM・ラジオ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

好きの答え合わせ・・・『KAT-TUN』の場合

2008-03-02 Sun 22:53
あたしが常々、周囲に対してKAT-TUNのファンだとハッキリ言えるのは、理由がある。

新曲を聴くたび、彼らのパフォーマンスを見るたび、「ほら!見てよ!聴いてよ!」と胸が躍るから。

デビューするまでは、その歌声やグループとしての存在も説明するのが大変で、
でも、きっとみんな見たらビックリするんだから!
・・・もしかしたら、またファンを増やしちゃうかしら?なんて、とても自分勝手な思いもあったり。

それでも、デビューをしてもきっとファン以外は、名前を多く耳にすることや、
新曲のプロモーションラッシュの頃に、何度か耳にするくらいなんだろう。
もっと多くの人に、声を大にして伝えて行きたい。
それが売り上げとして取り上げられるなら、やはりそれもファンが出来ることかも。

月刊Songs

表紙やソロページの写真にも、KAT-TUNらしいなぁって部分が出ていて、
・・・でも、彼らの言葉からは「らしさ」ってなんだろう?って言葉もあったりする。
それもそれぞれの捉え方は色々だけれど、そこにはそこはかとなく大きく広がるKAT-TUNの
可能性のような、枠にとらわれない部分が、やっぱり「らしさ」なんだとも感じる。

1曲に対してのこだわりについて、一番感じたのは確かSignalの時の記事だった。
数字は定かじゃないけど、ものすごい膨大な量の候補の曲を聴いて選んだってこと。
その数が余りにも桁外れで、そこに彼らのこだわりを見た。

このそれぞれのインタビューの中にもそれを感じることができる。

ゆっちのボイパの部分、確かにあれだけハードな曲調で、しかも間奏部分はギターが鳴り響く。
ボイパの合わない曲だということも、そしてみんなが入れた方が良いと言って入れたことも。
リズムが打ち消しあっちゃうから、それと被らないような工夫をした。
あぁすごいなぁって、ただただゆっちのスキルにを誇らしく思う。

KAT-TUNと言えば、ボイパとrap。
その部分を担ってるゆっちと聖の努力は、中々外へは出ないもの。
二人ともオリジナルで、曲に合わせて作るのだから、それはやはり究極のこだわり。
メッセージが込められていたり、曲の勢いでキャッチーだったり、時には意表をついて
すごくsexyだったりと、聖のrapが大好きなのはそんな彼の姿勢。

各々の曲に対しての取り組み方はあるけれど、そんな中のじゅんのが語るひと言は、
やはりKAT-TUNというグループだからこその「らしさ」。
『僕はオーソドックスに歌うんだけど、赤西くんは自分で譜割りを変えてアレンジして歌う』
それが個性であって、曲に幅を持たせてるとサラッと伝えてくれる。

カップリングを、あたしは長いだけで全然上手に言い表せなかったけれど、
『LOVE』を、仁はオシャレな曲、ゆっちとじゅんのはダンスミュージックと、
『Messege for you』を、仁は跳ねた感じって、いとも簡単に表現されてしまったことに、
(もちろん自分たちの歌だからだけど)ただ脱帽(^^;)

これでまた周りの人に、「どう?スゴイでしょ?カッコイイでしょ?」と、自慢できるんだ。

次にどんなものを聴かせてくれるのか?と、毎回、その宝石箱の中からどんな珠玉の1曲が
生まれるのかを心待ちにしながら、こうして、また、KAT-TUNの好きを答え合わせしてる。

別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

好きの答え合わせ・・・『赤西仁』の場合

2008-03-02 Sun 22:39
人を好きになると、「どこが好きなの?」と聞かれる。
あたしはいつも即答できないことが多いから、「ぜんぶ」と答えてしまう。
言葉で表現できるような何かを、すぐに挙げられることが不思議だったりもする。
優しいとか男らしいとか、そんなひと言では言えない部分が多いんじゃないかなって。

仁がよく言う「フィーリング」ってことなんだろうな。

もちろん、見た目から入るのはもちろんだけど、その見た目っていうのも十人十色。
カッコイイというその大きな括りでさえ、あたしにはしっくり来ないことがある。

仁を好きになって、やっぱり聞かれても未だに明確に答えられないかもしれない。

いや、まだまだ好きになり続けてるから、なのかもしれない。

初めて聞く新しい歌、待ち遠しかったその一冊のインタビュー・・・
それに触れるたびに、あたしは毎回 「あぁ仁のここが好きなんだな」 「やっぱり仁だな」って、
そんな風に好きの答えあわせをしてるような気がする。

それが、自分の予想も遥かに超えて、期待を逆に裏切られて、その度に「参ったな」と思う。


Style

仁がスーツを着てるときの着崩し方の一つ、袖をまくっているのが好き。
ステージでもたまに、その袖を気にしすぎちゃったりもしてる、その仕草も含めて。

水を飲む・・・こんな写真を一ページ使われるって人がいただろうか?
水の中にうっすらと映る氷の輪郭が、傾けるコップとともに「カラン」と音がしそうな、
他に何も音の無い空間。
けれど、そこに漂う空気は、あたたかく柔らかい。

腕をまくっていたから、ジャケットを脱ぐと袖のボタンは外れたまま。
いつもはただただドキドキさせるだけのその大きく開いた胸元も、仁の一部分なんだなぁ。
外した目線、何気なく組んだ手も、無防備とは違う、ゆったりとした大人な仁を感じる。

こんな仁と居たら、言葉なんて無くても、ふんわりと包まれるような気持ちでいられる・・・気がした。


昔より・・・そう比べるのは、帰ってきた仁がこれからは言葉で伝えていくよ、と言ってくれたから。
自分の感覚がどこか芸能界と合わないと、そんな風に表現していた仁。
感じてることは同じだけれど、「仕組みを理解した上で、その仕組みが好きになれない」と。

その少しの表現の変化だけでも、受け取るこっちは嬉しかったりする。

仕事が第一だという日本のことも、「その生き方を否定する訳じゃないけど」と、ひと言添える。
その上で「いい仁生を送るための仕事だと思う」と。

あたしは、それを仁に出会ってから知った。
・・・うん、たまたま仕事上そういう時期だったのも、これまた仁に出会った運命。
仕事で目一杯で、オフの計画も全く立てられず、それほど心を駆り立てられる事も無かった日々。
そんな自分と比べると、仁は素敵に生きてるなと思うのです。
誤解する人がいるのならば、それはきっと・・・自分がそう出来なかったと言う事への嫉妬。

「自分の好きなことを仕事として出来ている・・・それを、受け止めてくれる人がいる」
仁とあたし達ファンを、こうして繋げてくれること。
ようやく、少しここまで来たかなって。。。声が届いたかなって。。。


仁は、人と自分の基準がハッキリとしている。
常に真ん中にあるのは“自分”、そこから見る周りや人は、自分の目線とは切り離してる。
決して、それを自分の秤にかけることをしない。
だから、自分の事も人の尺度で測って欲しくない。
それは一見、冷たいように思えて、実はそれぞれの考えや立場に対して、ものすごく寛容である。
人の考えや思いを聞いた時の「へぇ~~」っていう表情は、きっと、自分のフィルターではなく、
その人のフィルターを通したものに触れたから。
自分に置き換えてではなく、あくまでもその人の基準をそこに感じるからなのだろう。

好意的な目線でインタビューを書いてくれてるのだから、そこに並ぶ言葉は嬉しい表現が多いけど、
カメラに収められたその一瞬は、仁が作り出したその大きく抱かれるような空気を、
ちゃんと切り取ってくれている。
あたしは、そっちが嬉しい。


あぁ、やっぱり・・・また一つ、好きの確認をしてしまったな。

そして、またすぐに“好き”は、やって来る。

参ったなと、また答え合わせをするんだな。

別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。