KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

東京ドームから1週間経って・・・

2010-07-31 Sat 22:14
24,25日の東京ドームコンから1週間、
感想を書くのにこんなにかかってしまった。
暑さ・・・と言うには、涼しい信州で申し訳ないのだけれど、
昼間の暑さに連日睡魔に襲われ、その中BANDAGEを見たり、
そして深夜の全英女子オープン(笑)と。
・・・いや、全英は面白くて好きなんですよね(^^ゞ
日本の選手も頑張っているし・・・もちろん今も見てますが。

毎日、色んな想いを巡らせていました。
答えは出ないけど、そんな簡単では無いです。

簡単に片付けられない、そんな想いを、
多少日付は詐称しますが、7月中に書き始めたいと思います。

仁さんの誕生月の7月。
大きな決断の7月。
忘れられない7月。
暑かった7月を。。。
東京ドームから1週間経って・・・の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN LIVE TOUR 2010(コンサート) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ドーム2公演♪

2010-07-25 Sun 18:00
とにかく、

スケールがでかくて、カッコいい自慢の彼らと、

色んな想いは置いておいて、
楽しんでやる~o(^o^)o


終わって外でたら、
土砂降りだけはやめてほしいけど(笑)
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

「そして、楽しかった。」

2010-07-23 Fri 03:18
連日の猛暑で、そして答えの出ない愛すべきゆえの感情に、
心身ともにバテてませんか?

日中はホントにじりじりと暑いですが、長野に暮らしている感謝すべきところは、
夜には涼しくなるところ(^^ゞ
うちにはエアコンはありません。
今は窓を全開にしてますが、とても涼しい風が入ってきます。
こんな時は避暑に来ちゃいなよ!なんて。
でもホントに思います、ありがたいことです。

仁マニュの改行が変わっていると・・・見ました。

実は、更新されたとき、あたくしぐっすり寝てまして(苦笑)
だから追記されたものが初見だったわけです。
伝え方とかもろもろで今のものに変えたのかもしれないけど、
あたしには初見のものの方が、なんか、
その時の溢れる感情とともにあるのです。

会社への通勤中、KAT-TUNを聴くことは変わっていません。
さすがに翌日は何の音も無く運転しましたけど。

一緒に熱唱することは・・・まだ出来ませんけど、
だから、より彼ら一人一人の声がしみ込んできます。
ホントに好きだなぁ、何千回、何万回聴いても、
この気持ちは変わらない。

皆さんきっと、色んな方の感想とか読んだりしながら、
または同じような想いの方と話したりしながら、
自分なりの答えというか、何かを探っていることでしょう。

あたしも、まだまだ全部OKではないです。
それはきっとずっと無理かもしれません。

でも、今日、感じた想いを綴ります。

・・・仁寄りです、完全に。
切り替わりが早いとか、そんな風に感じたらごめんなさい。
こんな日もある。と、大きな気持ちで読んでください。



「そして、楽しかった。」の続きを読む
別窓 | 赤西仁 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

眩しくて目が開かないのではなく・・・

2010-07-21 Wed 11:43
どんな夜だってこうして朝は来る。
そして容赦なく社会仁としての生活がやってくるわけで。

朝一番にお友達からもらったメールに笑ってしまった。

「営業なのにでめきん」

そうきっとそんな でめきんで出社された方多いでしょうね。
もちろんあたしも、

「接客業なのにでめきん」

さらに、最近はもうコンタクトだったので、久しぶりのメガネが
やけに目につくらしい。


今朝のWSで、仁マニュのこと取り上げられたらしいですね。
新聞に載ってたりするのかな。
もうそっちはチェックしませんけどね。


そういえば、まだぐるぐるとしていた昨日、
会社の有線でPeaceful Daysが流れたの。

これはね、ちょっときた。
頭文字を大声で言う、かなりアイドルチックなこの曲が好きだった。

いや過去形で言うのはやめようね。
今も大好きな曲だから。
ファンの願いをリクエストしてる人がいるのかな?なんて
そんなことを感じました。


ゆっくりとでも受け止めていこうね。

頑張りすぎず、寂しいときは寂しいと、
悲しくて切なくて、そんな時は吐き出すと思いますが、
仁に出会えたことで始めたこの場所を、
やっぱり続けていきたいから。

別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

DESTINY・・・

2010-07-21 Wed 02:16
DESTINYを歌う仁を、生で見たことは無かったけど、
あの頃だったからこそ歌えた歌なんだろうなぁ。
今はまだあの頃を見る勇気は無いんだけど、選んだタイトルで思い出しちゃったな。


実は、書けなかったことがある。
数日前のエントリーfortune tellingここには、載せられなかった言葉。

あたしの中で、それを文字にしてしまうことが、願っていない未来を
引き寄せるようで、でも確実に迫っている怖さもあって。

単なる占いの一つ。
だけど、これはどこかで決まっていた運命なのかもしれない。

今だから、この現実を受け止める理由の一つになればと。


個人的な能力を生かせそうなオファーがあったら・・・の前。

“7月は大きな変わり目のとき。
よくも悪くも、今まであなたをシェルターのように守ってくれていたものから
抜け出し
、自分の実力を試す機会が訪れそうだ”

これがどうしても書けなかった。
女性向けの占いだとしても、余りにもそれは的を得ているようで、
守ってくれていたもの=KAT-TUN。

こうなることを星はもう示していた。

でも、それを否定し続けたかった。
いつか、もっと違う状況で、「そうそう当たらないよね」と、
笑って話したかった。

でも、仁のパワーはそれさえもやっぱり引き寄せてしまった。
というべきなのかな。

未だに、マニュアルの仁の言葉を眺めています。

淡々としている、そんな印象も受けるかもしれませんけど、
旅立つ本人が、こうやって毅然としていなければ、
迷う人も増えてしまうよね。

脱退という言葉を使わなかったことに、
仁の想いがあるような、KAT-TUNへの愛があるような、
そんな気がしてなりません。

あなたが確かに過ごしたKAT-TUNでの時間。
楽しかった。と言ってくれたこと。

あたしたちは、まだ少しの間・・・いやずっと5人の中に君を探すけど、
それくらいはどうか許してください。
それほどに、KAT-TUNのAのあなたが、
KAT-TUNが愛おしいから。

仁が、あの場所も大切にして目一杯がんばっていたこと、
それだけはあたしたちは知っています。
それだけに、自分の夢にメンバーを引きずり込むことも
出来なかったのだとも。

こんなに愛おしくて、グループが大好きになったのは、
あなたがメンバーと魅せてくれたステージがあったからです。

今は、この想いをまずはメンバーに向けて伝えたいです。
ありったけの“ありがとう”を添えて。


別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

仁マニュ更新

2010-07-20 Tue 23:44
また遅れてる!なんて、文句をもう一度笑って言いたかった。

そう、本当はちゃんとこのマニュアルの存在が、仁の中にあったこと。

前回のLA公演の時も、そして一番大事な報告の今日も。

そんな時に廻ってくるのも運命なのかな。


ここ数日、頭の中で繰り返しあたしが想っていたことは、
はかなくも崩れたけど・・・

その色んな想いの全てに配慮された、愛情いっぱいの仁の言葉。


はっきりと聞くまではと、泣いて負けたくなくて・・・

今は色んな感情が、思えば3月からきっと抑えてきた感情が溢れかえっています。

寂しいと言うまいと、その言葉を必死でこらえて、
それを自分の支えにしてました。

もうね、いつどうなったとかそんなことはどうでもいい。

仁からメンバーに対してのこんなシンプルな「好き」を聞いたのは、どれくらいぶりだろうか。

あたしが色々想っていたことはちっぽけで、

仁がKAT-TUNとしてやってきた、この10年余りが無くなるわけじゃなく、

これから先、新たな道がそこに続いていくということ。


今はただ、この事実を仁の言葉で聞けたことを感謝して、
少しずつ受け止めて、
ちゃんとあたしも前に進みたいと。

梅雨明けもして、先週までの土砂降りは無いけど、
今夜はきっと、色んな想いの涙雨が降っていることでしょう。

止まない雨は無い。
そして、雨は一人にだけ降るわけじゃない。
6人がそれぞれの想いと決意をしたんだということ。

やっぱりKATーTUNが大好きで、
メンバーそれぞれも大好きだから、
少し立場は変わっても、ちゃんと応援していきます。

週末、彼らに「ありがとう」を伝えてきます。


そして、

仁のことは、もう仁以上に好きになる人はいないだろうと思っています。

また先を行く君の背中が一回り大きくなったみたいです。

その背中を追いかけて、仁が魅せてくれるものを応援します。




別窓 | 仁マニュ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ただ明日だけを信じてる・・・♪

2010-07-17 Sat 23:00
タイトルが思いつかなくて、時間だけが過ぎます。

そう、今年のKAT-TUNのカレンダーを中々使い始められずにいて、
先日ようやく4月からの日々を想いながらめくっていたのです。
どうせ深夜族だから、日付が変わって寝る時にめくろうと。
それなのに、昨夜に限って何だか忘れてしまって、
早朝のメールに飛び起き、PCの前のカレンダーを今日にしようと
したら・・・17日は、久々仁さんのお腹チラ見せショット(^^ゞ
穏やかな笑顔の仁がそこにいます。

今日は、休日出勤でした。
朝から時計を見ると時間が経つのがいつもより遅く感じて、
休日だからかなり仕事も暇で、だからやたら頭の中を
色んなことが巡る。

何をどう言葉にしていいかわからない。

変わらないことは、
赤西仁が大好きで、
KAT-TUNのAが大好きで、
色々あったけど、その色々すべてもひっくるめて、
そんなKAT-TUNが大好き、だってこと。

タレントとは才能と言う意味。
個々に様々な才能があり、それが集結した自慢の彼ら。

そこは、変わらない・・・でいたい。

この想いだけは伝えたいなぁと。

「どこにいても、俺は俺だから変わらず応援してほしい」
そう言ってた去年のDVDの仁が、やたらと思い出されます。

君の夢を聞いた時から、いつかは・・・とは思っていた。
それは仁のファンであれば、誰しも一度はあるかも。

仁も、KAT-TUNも応援していくよ。


今はこれが精一杯。

そして、精一杯の強がり。

それでも、だた明日を信じてる。。。
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

smile and laugh,be happy♪

2010-07-14 Wed 02:38
あーこんなにも間を空けてしまった(^^;)
別に何も無いんですけどね、毎日仁のあれこれを想いながら(うふ)
PC立ち上げて・・・ぼぉーっとしてたり。

色々な予定が迫ってきていますよね。
ワールドツアーの皮切りのドームはもう今週末から!
検索録画に頼っていたら・・・先週の少クラを撮り逃し(^^;)
N.M.Pがカッコよかったらしいですね。
あのPV見たら、期待は膨らみますしね。
あ、ドームでそれをどーんと一発カウンターを食らおうと思うので、
見れなかったことはそれはそれ(笑)

で、今回のあたしの参戦は24,25日の予定です。
これがまた曲者でね・・・今年はホントに。
会社のもろもろと重なって、普通では休めない状況になっていて。
でも同僚のみんなの言葉もあって、ようやく休みの申請を
したところです(^^ゞ

アリーナのあの近くで感じられる雰囲気は貴重だし、
メンバーもわちゃわちゃしてるしね(笑)
でもドームのあのスケールはやっぱりドームでしか
味わえないし、星屑のようなペンライトの波とかも。
どんな風に見せてくれるのかが楽しみ♪
参戦できないという愛方ちゃんとか色んな方の想いも
連れて、楽しんできたいと思います~
・・・ってまだ10日ありますね、あたしが行くのは。


そう、毎日仁を想いながらね、浮かんでくるのは
仁の様々な笑い顔ばかりなんです。
ガハハ~って大きな口を開けて笑う仁も、
口元をふっと上げて微笑む仁も、
お茶目な上目遣いではにかむ仁も、
もうバリエーションがたくさんあって、
そんな仁をあれこれ思い浮かべるだけで幸せな気分に
なれちゃったりしません?(^^ゞ

そんな仁に逢いたくて、でもやっぱり最近の仁が見たくて、
そうするとD-モとかLove yourselfのメイキングを
見ちゃうんですよね。
それと去年の惑星コンかな。
いや、ホントはもっと前のとかにもいっぱいいるんだけど、
今は最近の仁を繰り返し見てたりします。

少し前はホワクリのPVとかも見てたんですけどね(^^ゞ
あ、そうだ。
何でかワンドロのPVが見当たらなくて・・・
どこにしまっちゃったんでしょうね(笑)
あの「ばぁ~か!」な仁さんも久々に逢いたくて(*^.^)
・・・もう一週間以上さがしてるんですけど。
まぁ、PC周りテレビ周りを片付けろ!ってことかと(苦笑)

ホワクリのね、ソロのカットの仁さんが可愛くて!
無邪気な笑顔がいっぱいで。
自分のカットをチェックしてる時に、
何故だかちょっと上目遣いな感じで、横から見てるんですけど、
こういう表情もなかなか無いかなぁって。
あ、ここの工場長のロングバージョンは絶品ですしね♪
仁亀萌えも(笑)
先月末だったかな?会社にカイエンを見かけまして、
ちょうどPV見てた時だったから、テンション上がりました!
何かあたしが引き寄せたような感じ。なんてね。

そうかと思うと、ラブユアではサングラス越しだけど、
チェックしながら思わず笑う姿とか。
口元が綺麗に三角で、素晴らしい笑顔です。

ま、こんな日々を相変わらず過ごしております。
これも数日前から書こうと頭の中にメモっていたんですけど、
どうにも睡魔に襲われたり、やたらと海外ドラマを
いくつも見ちゃってたり(笑)

語れない日々では無いんです。
ほら、こうやって書き始めれば止まらないし(^^ゞ
ただ見始めると止まらなくて・・・ってことも多々あり(笑)

さて、今夜は何を見ようかなぁ~
・・・ってこんな時間に思ってると、またご注意いただいちゃいますよね(笑)

では。
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

仁 君に出逢えた奇跡に・・・

2010-07-04 Sun 22:35
午前0時になってしたことは、そこにある仁の写真に向かって、
シンプルな「お誕生日おめでとう!」と言ったこと。

それからずっと、仁へ贈る言葉を考えていた・・・こんな時間まで?(笑)
でも、いつも常にじんじん言ってるんだから、改めて何を言おうか?
毎年なんだか一番難しかったりします。

友&仁で仁がやりたかったことを思うと、全てが繋がっていきます。
人種や年齢や性別を超えて、みんなで同じ瞬間を感じあえること。
それを自分で創った音楽で共有しあえること、
自分と一緒にステージを創るメンバーと発信できること。

あぁこれなんだなぁと、そう思うと胸がじんわりと暖かくなります。
本当にそんなチャンスを掴んだことに、嬉しさでいっぱいに。

そう、だから、どこにいても仁は仁でしかない。
遠い空の下にいるからといって、それを待ってるあたしたちが
嘆くことは違う。

自分の好きな音楽をみんなに聴いて欲しい。
一緒に踊って歌って笑って過ごして欲しい。
そんなシンプルな想い。

あんなに踊ることが楽しそうな仁を見たかったし、
仁の好きな音楽にずっと触れたいと思っていたし、
それが形になったこと、そしていつかの夢だったアメリカで
実現したこと。

あたしたちが望むようなことばかりではないかもしれない、
テレビや雑誌とかで姿を見ることや、
今日何をしてるかを知ることも。

でも、“やりたい”と想うことを出来るチャンスがある、
それを伝えたい相手がいる、
その場所を一緒に過ごす相手のために、
つまり、“やりたい”ことの先には、
あたしたちファンがいるってこと。

世間がどうの、人気がどうの、成功がどうの、
そんなことは小さいことなんだと。
自分たちのスタイルを貫いて、
でもこだわらずに新しいことへと突き進む。
いつしか周りの方が付いてくるさ(笑)

それも今までのKAT-TUNとしての活動があって、
自由なスタイルが彼ららしくて、
それだからこそ与えられたことかもしれない。

そんなKAT-TUNに、仁に逢えたことが
やっぱり奇跡であり、嬉しくてたまらない。

今は、今までとはまた違う日々だけれど、
表現することを追求してくれるのならば、
それについて行くだけです。

個々の力を蓄えて、また全員が揃ったときには、
もっとすごいグループになる。
そう思ってる。

君に逢える日を楽しみにしながら、
君の全開の笑顔に逢えることを願って、
これからもずっと・・・

同じ時代に生きてることを感謝して。

仁、HAPPY BIRTHDAY♪
別窓 | 誕生日に寄せて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

follow you・・・

2010-07-02 Fri 03:21
7月になりました。
仁の誕生日ももうすぐですね。
こっちでファミリーとお誕生日を迎えるんでしょうね。

メンバーは韓国でのアルバム発売。
今年は本当にKAT-TUNが活躍の場を大きく広げた年。

いつも色んなことに挑戦をして行く姿を、
同じ空間で味わうことが出来たけど、
こうして飛び出していくのを遠くで応援する日々。

たくさんのサプライズをくれて、それを一緒に喜んで、
そこに向かってファンも準備して、動いて。

その進んでいく速度に、うまくついて行けてるかなぁ。

なんて。

きっとね、仁の声で言葉で伝えてくれること、
それに飢えてるんだと思う(^^;)
動く仁にもね。


サッカーは本当に残念でしたね。
でも、帰国した選手が悔しさもあるだろうけど、
自分たちのやってきたこと、やれたという自信を得て、
とても晴れやかな姿に、惜しみない拍手を送りたいですね。

仁は見たのかなぁ?(^^ゞ

連日のサッカー観戦と同じくして、今あたしは・・・
ウィンブルドンです。
もともとテニスを何年もやっていたので、
これは毎回見ているんですよ。
こっちは一人で自分との戦いですよね。
チーム力が素晴らしかったサッカーとは対照的(笑)

・・・なんだか今のKAT-TUNみたい(^^ゞ

帰国したサッカーの日本代表の選手が言ってたけれど、
やっぱり最後は個々の力も必要なんだと。
そして、自分で進んで行く力。

活躍の場を与えられることはとても恵まれていることで、
それに挑戦する姿を見られるということは、
ファンとして、やっぱり嬉しいこと。

あたしたちも一つ一つ大切に、
それを同じ時に一緒に歩める喜びを忘れずにいたい。

今年も後半を迎え、まだどんなことが待っているのか、
彼らの走る速度に追いついて、追いかけて。


「俺たちを信じてついて来てください」
ツアーで言ってくれた言葉に、I'll follow you.
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。