KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

あともう少し・・・そのあいだに君の笑顔を

2011-09-30 Fri 23:35
あっという間に・・・あたしとしてはまたまた更新もわずかで、
9月も終わってしまいました(^^;)
理由は、またそのうち書くかもしれませんが。

暑かった夏は彼岸を過ぎて急に秋の気配。
今年の秋は何だかとても待ち遠しいものになってる仁ファン。
そんな9月の終わりに嬉しい報告が来ましたね。

思えば1月の凱旋ツアーの頃から、少しずつベールをめくるように
その断片を見せてくれていたレコーディング風景。
映画の出演があって、その映画も待ち遠しい事ながら、
本当に待っていた全米デビュー♪

MarchingJの動画の中で、仁さんはこっそりと(いやかなり大胆に)
そのタイトルを教えてくれていたんですね(^^ゞ
こうやってパズルのピースをひとつひとつ繋げていく、
今までならもどかしいくらいの速度でも、
大きな事に向かって行ってるんだと、その一歩一歩が
待つという作業にスパイスとなっているかのようです。

近々どーんと来るはずの、仁さんが言っていたいくつ目かの
お知らせを待つ間、仁さんの笑って喋る姿を堪能できる!
本当にこのタイミング、計ったかのようで(笑)

滝CHANnelを2回分使っていただいてありがとうございます♪
しかし、大好きなタッキーといる仁さんの子供みたいな笑顔やら、
かまってチャンのいたずらっ子も、
タッキーとだから見せてくれたのかもしれないですが、
いつか来るだろう色んなトーク番組を、少し想像したりして。

・・・ほんと、久しぶりに日本語でよく喋る仁さんでした(笑)
「日本語に飢えてるから」だって言ってますね。

タッキーも色んな仁の気持ちを引き出そうとしてくれてるのが、
ファンへの想いもあるんだろうと伝わってきますし、
言葉としては今まで仁が言ってきたことは変わらないですが、
なんかね、同じフレーズでもその時の表情とかから、
感じる伝わるものがありました。

前編を見てから、あたしはドリボへ行きました。
それはとても大きな意味があったのだと、後になって
自分自身で気づいたことです。
それはまた書きます(こればっかり言ってる気が・・・^^;)

さて10月はたくさん更新する出来事があるといいなぁ。
(9月もたくさんあったはずだけどね 笑)
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

DREAM BOYS 観て来ました!(9/19 2部)

2011-09-20 Tue 23:46
思えば、去年も友人ヤマップに誘われてドリボは観ている。
なのに思い出そうとしても舞台の細かい部分を思い出せない。
ヤマップとだったから、テゴを見ていないとって思いもあったけれど、
きっとその時の自分の気持ちの置き所だったのかなぁと、気付いた。

だけど、今年はものすごく彼らに逢いたくてたまらなくて。
年に一回はキラキラ亀ちゃんに逢わないと!と、勝手に決めて、
わくわくドキドキで。
・・・それは席が良かったのもあったのだけれど。
あたしの名義でね、ドリボで、とってもありがたいものでした。

感想は、またゆっくり書きますが(え?)
急遽お誘いして一緒に入ってくれたJちゃんとあの時間を
共有できたことは、本当に幸せでした♪(>ありがとー!)

終わった後に軽く食事をしながら話したんだけど、
今のこの時期に舞台でKAT-TUNの3人を観られた事は、
ものすごく大きかった。
あぁやっぱりあたしは、KAT-TUNも大好きでこれは変わらない。
そう改めて確認できました。

仁をね、想わなかったといえば・・・それはやっぱり想いましたよ。
だって、あたしが彼らに初めて逢えたのは、ドリボだったから。
毎回設定やキャストは変わっても、セットや衣装や歌はそのままの
部分もたくさんあるから、あの日の仁も脳裏に浮かんでくる。

だけど、今までとは違う感情でした。
舞台に思いっきり引き込まれたし(ネタバレなしだったのもあり?)
彼らのこの5年の成長を色んなことを思い出しながら感じたし、
なんか、初めて観に行った時と同じ反応してる自分もいたし(笑)

だって、あの水槽のシーンあるでしょ?
もうあそこだけはわかってるはずなのに、すっかり水槽見てて、
いきなり会場に亀ちゃん現れて・・・「あ、そうだった^^;」
って(笑)
そんな自分が可笑しかったりも。
亀ちゃんが現れた場所の横の通り・・・だったんですよ、実は!

MCもすっごく笑った(笑)
久しぶりに彼らのMC聞いたもんね、ゆっちいじりも(^^ゞ
あ、そうそう途中のシーンで亀ちゃんはアドリブで、
「俺はベムだから?人間になりたいって?」って言ってたな。
Jrくん達、まだまだそういう亀ちゃんを受けきれないよね。
若手も育つのを待たないとなぁと実感もしたり。

最近あまり色々見ないので、亀ちゃんの新しいフライングとか、
全く頭に入れずに行ったので、毎回だけど本当にスゴイ!
毎年新しい挑戦をしているんだよね。

そんな状態だったので、手に汗握り、祈りながら、
無事に終わったときは亀ちゃんの頑張りに涙しました。
・・・これ実は初めてのことなんだけど、あたし。
あの席だったから、亀ちゃんの表情が見えてね。
もう目いっぱい拍手を送ってきました。

ドリボは、もうそうなんだろうけど改めて亀ちゃん以外には
考えられない、亀ちゃんのライフワークだなって。

とりあえず、ものすごくキラキラな3人に勇気と元気を
たくさんもらってきました。
楽しみがひとつまた終わってしまったかと思うと、
また次のお知らせが待ち遠しいです。
もちろん、KAT-TUNとしても、仁からも。

夕べの公演が終わって残りは10公演でカウントダウンだと
言ってました。
千秋楽まで、このまま無事に終わりますように。

亀ちゃん、聖、ゆっち、頑張ってね。

そして・・・ありがとう。
別窓 | コンサート・舞台 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

「ま、いっか でも いつか」@FRaU

2011-09-13 Tue 23:49
仁さんが短い日本滞在の中でしてくれた仕事、
本人が「かっこよく」って言うんだから、これは相当なんだろうなぁって
思っていたりして。

で、ですよ。
本屋で(実は2軒目だったという)手に取って表紙の小さい仁さんを
見て・・・やられた~と。

どういう打ち合わせであの髪型になったんだろう?なんて、
そんなことも思いを馳せながら、
仁さんのプロデュース能力には毎回、嬉しい裏切りみたいな
そんなものを感じる。

広げたそこいた仁は本当にページを思う存分使い切って、
自分を表現していた。

この人の素晴らしさは、洋服でさえも自分色に染めてしまうところ。
髪型だけでなく、表情や細かい部分までも、全く違うんだけど
どれも仁なんだよね。

最初の一枚、あたしはこの表情の仁にいつも心を奪われる。
冷ややかなんだけど、堂々としていて挑んでくる感じ。
一見するとやはり美仁で女性っぽくも感じたり。
中に着たベストがビスチェっぽく見えません?(笑)

そしてね、次のページのハット仁!
いつもハットは邪魔だと言いながらも、目が見えなくても、
この顔のラインですよ。
惑星コンのLOVEを思わず思い出しますよね。
もう髪を結って現れる顔のラインの美しさに卒倒しそうに
なったことを昨日のことのように。
タートルからまだ首が見えるっていう首の長さはどうですか?(^^ゞ

モノクロもいい感じに使われてますよね。
隣のナツを思わせるサングラス仁。
思わせるんだけど、ナツでもない、あれからの日々を
着実に重ねてる仁。

全身っていうのも嬉しいよね。
これ、洋服の内容見て「ん?」ってなりませんでした?
『ベストの中に着たベスト』って(笑)
もうちょっと寄って見てみたくなるわw
でも、なんて素晴らしいバランスの人なんでしょうね仁って。

そしてテキストを伝えるかのようにこちらを見てる仁。
このニットの色にちょっとビックリもしたんだけど、
どうやら全部仁のチョイスだったらしいですね。
ここにこんな色を持ってくるなんて、ホントにもぉ~(*^^*)

映画の撮影、スケジュール管理を自分でやってたのね。
あれだけの期間と、あの昼夜逆転みたいな生活を、
自分で管理してたなんて!
twitterもそんな中で始めてくれたんだよね。

FRaUさん、ホントに素敵な企画をありがとうございました。
これで仁ファンまた頑張れます(笑)

「日本での活動も力を入れて行きますよ」って、
仁さんが最近伝えてくれる言葉には澱みが無い。
アメリカデビューを控えて、それにまっしぐらなんだろうけど、
見てる方向は決してそこだけじゃない。
そんな今の仁がさらにさらに逞しく、しなやかに見えます。

最後に、このタイトルね。
「ま、いっか でも いつか」
端的に仁の今までとこれからを切り取ったようなタイトル。

フットワークやその場所に挑む様子はあくまでもラフで軽快、
でもその奥には秘めた情熱。

仁が活動することで、こういう仁のスタイルが世間に
ちゃんと伝わってくれるといいなぁと思います。
理解されなかったとしても、仁が選んで進んで行くことで、
その道は開かれるのだということを。
それをあくまでもナチュラルに思うままこうなったんだと、
そんな風に言える仁の柔軟さが、
その未来を引き寄せたんだと、いつか、
ホント、いつか・・・ね、みんなが認めてくれると。


発売日はちょうど中秋の名月でしたよね。
本屋で買って外に出たら、ちょうど雲から出た月が見えた。
月を見ると仁を想う。
凛としていて、時によって色んな表情を見せるところ。

幸せな一日でした。

・・・って当日に書けなかったのは、会社の後輩とご飯を
食べていたせいです(^^;)
あたしには珍しく恋愛の相談をしてくる美仁の彼女。
なんでこんなに後輩の女の子に慕われるのか?
(意外と同年代にはそうでもないという^^;)
不思議なんですけどね。

半年以上日程が決まらず、でも決まるときは一瞬だった
この日。
こちらも楽しい有意義な時間が過ごせたなぁ。



それにしてもTwitterの怖さ、楽しみに待ってるのに情報がどんどん
流れてくるからね。
当日を迎えるまでドキドキハラハラしっぱなし(^^;)
まぁそれだけみんな楽しみにしてたってことなんだけど。

・・・なのに、発売日が休みなんてありがたい日だったにも
かかわらず、出かけるのが夕方だったという(笑)
楽しみだったけど、別にどこにも行かないからね。なんて。

そういえばFRaUさんといえば・・・
毎年あたしが占いの話をするのは、FRaUさんの占いの回のものです。
今年の後半のも買って書くつもりだったのに~
また書きますね。
別窓 | 雑誌 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。