KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

告白。

2009-04-07 Tue 23:51
つい先日、告白された。

お酒の席だから、そこに出てきた言葉は本当だったのか?
お酒の力があったから出てきた言葉だったのか?

いや、今更そんな。


「ずっと 待ってたのに 来てくれないから・・・」


そんな彼は、去年、結婚してしまいました。

もう27歳になったんだ。



こんな書き方では、なんのこっちゃ?ですよね(笑)

でも、そんな自分も本当にビックリドッキリだったわけで、もう3日も経つんですけど、
今日も会社で彼とすれ違うと、どことなく・・・ねぇ?(笑)

まさかの告白。

それはもう9年くらい前のこと、社員旅行での出来事。
当時、新入社員だった別の部署の新人くん、初めての海外旅行と、
なんかね、やたらと言動が可愛かったのですよ。
でも、見た目はわりとガテン系、服装はB系。
やっぱりギャップはその笑顔だったかな(^^ゞ

弟もいないあたしは、なんだかとっても彼が可愛くて、
「○○(もちろん名前を呼び捨て)カワイイ、カワイイ」って連呼、
・・・してたらしい(笑)
いや、自分でも確かに記憶はある。

そうそう、その時の当時のあたしの部署の新人の子、
その子も彼をその旅行中に気に入ったらしく、自然と周りからもお似合いだ、
とかそんな雰囲気になってたような。

あたしもね、まぁそんなに本気だったわけじゃなか・・・ったと思うんです。
いやだってね、当時彼は19歳、あたしは・・・そうひと回りも上だったし、
あ~そうだ。
何より、あたしは当時、そう仁に救われたあの失恋の彼に出会った頃だったし、
年齢的に、まぁ無いだろう~って。

それからも、確かに、その部署に行って挨拶すると一言話してくれたり。
あ・・・そうだったのか。

会社の飲み会で、あの旅行の時の「カワイイ」って言われた、って話は
たまにしてた。
あたしはそれを言われると、あんな若い子を・・・って思われてるようで、
いや、実際同僚にいましたからね、そういう魔性の人が(笑)
どうも彼女と一緒だと思われたくなかったってのもあったり、
その話題は、笑い飛ばしていたんですよね。

で、去年、彼は結婚しました。
その時も、確かにあたし、「そっかぁ、結婚したんだぁ」と寂しい気持ちもあった。
すごく幸せそうだし、同僚と家庭の話題してる姿を見ると、
あぁもうそんな年代なんだなぁ~って、感慨深かったり。

先週の土曜日の歓迎会でのこと。
あの台詞ですよ(@@;)

『俺、見た目あんなでしたけど、全然無かったんですよ、女っ気
待ってたのに、○○さん来てくれないから』

またそんなキュートな笑顔で笑いながら言うんだもん。

・・・いや、ちょっと脚色はされてたな。

あたし的には「来てくれない」の意味は、自分の方にアタックしてくれなかった、
って意味だと思ってたの。
どうやらよく聞いてたら、「あの夜、待ってたのに」・・・って意味だった(爆)

いやいやいや、やっぱり魔性の女と同じように思われてた?
「カワイイ」は誘ってると思われてたのか?(^^;)
それも月日のいたずら、記憶は曖昧ですからね、いや、あたしは決して!


・・・ひと回り下ですよ?

もしかしたら、仁の年齢でも行ける?(爆笑)

人と人の出会い、タイミング・・・これが「縁」ってことですよね(^^;)

なんだか、久々にキュンって乙女な気分を味わった。


うちの会社・・・まぁ本当はあんまり良いことでは無いとは思うんだけど、
20代の後輩くんたち、まぁ全員ではないけれど、
下の名前を呼び捨てだったり、一文字だけで呼んだりしてるんです。

そう、それは当時は周りも20代だったし、あたしはちょっと年上だったし、
こんなキャラなので・・・やっぱりその彼のことも呼び捨てだったな(^^;)


そっかぁ。。。

うーん。

惜しいこと

したのかな。


でもね、それを言われて、今の自分と重ねるわけですよ。
こんな生活してる自分では、彼とはその後も無かっただろうし、
いや、仁に出会う方が後だから・・・
それでも仁に堕ちるのは決まってた・・・はずだから、
やっぱり結末は、

『おめでとう!しあわせになってね』
って言っただろうな、あたし(笑)


なんか、ちょっと恋したくなったかな。
仁にはずっと片想いだけど、

これがリアルな、もしかしたら「普通」の気持ちなのかもしれないな。

そっかぁ。。。

15歳下でも

ありなのかなぁ。。。

・・・
・・・
・・・

結局は、仁のことか(笑)

まぁ、ホンの妄想だと思って笑ってくだパイ。




なんとなく過ごしてはいたけれど、この日だけはやっぱりどこか想いは巡る。
27年。
彼女が知らなかった40代を、自分はどう生きていくのか?
目の前に追いかける背中がいないこれからの仁生を、彼女にどう見てもらえばいいのか?

残業で、花の一本も買っては来れなかったけど、
こうして自分と向かい合う時間をくれること。
それが一年に一度あると思えば。

毎年思うけれど、38で逝った彼女は、とてつもなく大人だったなぁと(^^;)
歳は追い越しても、追い越せない存在。

母の命日に想う。。。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | つれづれ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

<<カツカツ・・・オキテSP未公開♪ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 時代は記憶とともに・・・>>
この記事のコメント
切ない、そしてあったかい想い
今日のエントリはドキドキしながら読んで、そして、最後にはホロッとしてしまいましたよぅ(;_;)

うちも、先日父の命日を過ぎ、この桜の季節(桜の季節はワタシにとってそういう季節なんです~)を過ごすと、本当にちゃお☆さんと同じような、本当にしみじみ思うことがたくさんあります。
2009-04-08 Wed 07:24 | URL | carino #oyUv4a/.[ 内容変更] | top↑
最近ねえ・・・出会う「あ、いいな」って感覚、あっても、大抵は年下で・・・ってこと考えちゃうなあ~。
仁は妄想・・・で済みます・・・いや済まないから会いにいくのかな・・・笑

2009-04-10 Fri 21:44 | URL | のりすけ #X5Adw/KU[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。