KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

ドームオーラス・・・仁の後姿♪

2009-06-19 Fri 23:02
今夜の仕事人での聖のキメ台詞聞きましたか?
『どけよ、コラ!』
ほんとに監督さんの遊び心と言うか、彼の色んな部分を取り入れようとしてくれたこと、
ファンにとっては嬉しかったですよね♪
ソロ曲を知らないドラマを見てる方には、レンらしい台詞だったでしょうか(^^ゞ

そう、それをあの日、亀ちゃんはまさかそれ?とは思わずに、狙って言ったつもりが
・・・ビンゴだったわけですよ(笑)
放送当日までは何となくハッキリ書くのはよそうと思っていたので伏せましたけど。
でも、コンサート会場での『どけよ、コラ!』の方がしびれましたね(^^ゞ


オーラスの感想をあれこれ考えながら・・・でも、DVDになるんだよなぁ(^^;)
とも思ったりして。
それでも、やっぱりあの日の仁に感じたことを残しておこうかと思います。

未だに、目を閉じなくても、常に瞼に焼き付いて離れないあの空間。
何度行っても、本当にもっともっと・・・と思わせる彼らの彼らしか出来ないもの。

そして思うことは、

KAT-TUNが大好きだなぁ♪
今回の惑星魂のテーマのように、無限で、果てしない。
このあたしの想いも、どこまでも深く広く果てしなくなっていきます。
そんな彼らが愛おしくて、想うほどに身震いするような抱えきれないほどの
愛が胸に満ちています(^^)v




それはWアンコでの仁。
あたしはちょうどそのセンターステージの横に作られた広い通りを
真横から見る位置だった。
あの仁の後姿が目に焼きついて離れない。

悠然と、そうそんな言葉が浮かぶほど、仁の周りにはそんな空気があった。
昔はそこに柔らかい真っ白な羽が見えるようだったあの背中。
いつしかガッツリと厚い衣を纏ってしまったようなその背中。
今は、大きな翼へとなり、暖かいオーラを放って見えた。

左側(メインステ側)へ寄り、仁へと伸びる手にするするっと触れながら歩く。
その歩みは淀みなく、あくまでも悠然と。
センターステージの脇を通り、そのあたりのアリーナ席へ身体を預けるように、
それは昔のDVDで見た仁を思い出させて、胸が熱くなる。
ただそこにいる仁は、その時よりもっと大きく見えた。

そして、客席に向かって手を振り上げ「もっともっと!」と煽る。
その腕が、煽る横顔が逞しくて嬉しくて。

更に歩みを進めた仁は、その場所で止まり、ほぼそこにいる人の目の前で、
じっと見つめながらソロパートを歌っていた。
あたしの目には、双眼鏡を通して突然のことに信じられないような顔をした
女の子が見えました。

遠い席から、羨ましさと驚きの色んな気持ちでいました。
自分と置き換えて、あんな間近で・・・うはぁ~なんて。
でも羨ましさもいっぱいあったりして。

最近はこういう姿って、亀ちゃんがするイメージがあって、
仁はどこかファンに対して構えてるような気がしていたここ数年。
それは、心無いファンの行動もあったりしたのかもしれないけれど、
それだけではなく、仁がお辞儀をしてファンに感謝を伝える姿を
たくさん見ていたからかもしれない。
どこか控えめな感じがして。。。

でもこの日は機嫌とかではなく、何かそんな風にファンとの距離を
思い出してくれたのかなぁと、そんな気がした。
歓声ばかりではなく、ファンが楽しむ姿、ファンの笑顔、
そう、今回のコンサートで感じたのは、曲の終わりに拍手で終わることが
多くなったこと。
そんな風に続いたコンサートの最後に、仁があの空間を肌で感じてくれたんだと、
少し落ち着いてから、仁のあの姿がとってもじーんとしました。
・・・まぁ、ちょっと上の方への声掛けが少なかったようにも思えたけど(^^;)
それでも、どこか最後のあの空間を、抱きしめるようにいてくれたようにも
感じます。

最後に、6人で手を繋いだ姿。
手を繋ぐまでの、メンバーの間に流れる空気が好きなんです。
あぁKAT-TUNだ。
「ありがとう」と、その姿にありったけの拍手と、
千切れるくらい手を振って。。。


LIVEは生もの。
これからもまたそんな仁を・・・と、そんなことではなく、
仁らしく、心の思うままに楽しんで、一緒に楽しんでくれることを願って・・・

あの背中を見られたことに感謝です♪






関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Break the Records2009(コンサート) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

<<東京ロケ地巡り・・・2♪ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 東京ドーム6/15 MC>>
この記事のコメント
初めまして
いつも楽しく拝見させていただいてます。

オーラスでの仁。私は3塁側の1階スタンドにいました。

アリーナへのまさかのファンサが信じられなくて、自分には手の届かない仁を見たいけど見れない…みたいな感情の繰り返しで今思い返しても、最後の挨拶だったりステージをはけるKAT-TUNの姿を全く覚えてないんです。


今回のドーム公演はあのラストの仁で終わってしまったのがいまだにモヤモヤしてて…。

ブログを拝見して自分の小ささ加減が嫌になりました。
私も切り替えよう~っと。
長々すみません。

これからも楽しみにしているのでがんばって下さいね。
2009-06-20 Sat 17:14 | URL | jun #-[ 内容変更] | top↑
ちゃお☆さん、こんばんは^^
本当に天使というにはあまりにも逞しく、男らしさをかんじるようになった仁君の背中ですが・・
とっても素敵な仁君をこうして想い出に残して下さって、
オーラス行けなかった私も、その背中に、大きな羽が見えたような気がしてます^^
ちゃお☆さんにお会いできた日、一日だけの、今回のドームでしたが、いまだにその余韻に浸りつつ・・
でもまた仁君に逢いたいな~~~~

2009-06-21 Sun 01:25 | URL | nokonoko #BaX43DcI[ 内容変更] | top↑
コメントレスです
nokonokoさん、本当に逞しさを感じる背中でした。
羽って言うと、仁亀対決で釣られた仁が、パタパタしてる姿も
思い出したりしますけど(笑)
一度だけでも、本当にものすごくKAT-TUNらしさの詰まったコンサート
でしたよね。
少しでもお伝えできて良かったです。
またお会いしましょう!
ありがとう!
2009-06-21 Sun 03:26 | URL | ちゃお☆→nokonokoさん #-[ 内容変更] | top↑
Re: 初めまして
junさん、はじめまして!
コメント嬉しいです、いつも読んでいただいてるのですか?
ありがとうございます。
三塁側、あたしはその上の段にいたと思いますよ(^^ゞ

junさんの想いもすごく良くわかりますよ、あたしも最初はちょっと
そう思ったりしましたし。
でも、その仁の姿はアリーナの人だけのものじゃなくて、
それをスタンドへも見せてくれたのだと思ったら、
なんだかすごく嬉しくなったんです。
何より仁が楽しんでいる姿を見るのが、ファンは嬉しいのだし、
ファンが楽しんでる姿を仁には見て欲しいですしね!

ちょっと視点を変えてみる。
これはあたしが常々していることでもあります(^^)
また是非お越しくださいね!
ありがとう!
2009-06-21 Sun 03:31 | URL | ちゃお☆→junさん #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。