KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

アイドルでもなく、特別でもない姿

2006-08-28 Mon 15:07
今日吹いてる風が夏の終わりを感じます。
24時間テレビとともに、KAT-TUNとあたし達の長かった?夏も
終わりに近づいてるのかなぁと、少々寂しい感じです。



改めて・・・そこにいた彼らは、アイドルでも特別な6人でもない姿だった。
いつも見ている彼らとは全く違ったと感じた。
あたし達の大好きなカメラ目線も、やんちゃなボケやツッコミをするトークも
ほとんど見られず、
あれだけ「俺が、俺が」と言う6人が佇み、色んな話に耳を傾けるその姿は
全く飾らない、特別ではない普通の男の人。
そう感じた。

もちろん、飾らなくてもカッコいいのも、オーラもあるんだけど、
たまに変顔する仁も、わちゃわちゃとメンバーで戯れるところもあったけど、
それ以外は本当に見たことの無い、或いはこれが彼らの素顔なんじゃないかと
思ったりした。

カメラを気にせず、辛い顔や、ものすごーくあったかい笑顔、ぬぐうこともせずに流す涙、
映らない所でも大声で声援を送る声。

こうやって書いてるだけでも、何だかすごく逞しい彼らを思い出して
泣けてきちゃいます(^^;)
・・・って、仕事中なんですけどね(笑)

亀ちゃんがどこかで言ってた、自分は真っ白で、色んな色になれるように。かな(うろ覚えだけど)
それがまさに昨日の彼らだと思う。
何の気負いも無く、プレッシャーはみんなの絆で乗り越えて、
後はまっさらで、その舞台に身を委ねられる。
そして、メインではあるけど決して前に出過ぎず、目立たず・・・
そういう姿勢で望むことを、彼ら自身が身を持って感じてやったことかな?
だからこそ見せてくれた、本当の笑顔だったような気がする。

こういう仕事が出来たのも、今年だったのも全てはデビュー出来たから。
デビューとはこういう大役もしなくてはならない、
逆にいえば、経験できるという立場に立ったということなんだね。

昨日の彼らを初めて見て、新たにファンになってくれる人がいたら
こんなに嬉しいことは無いですよね?

なんて、まだまだ24時間テレビは・・・終わらないですね、やっぱり(^^ゞ
どんな言葉でも、うまく言えない自分が歯がゆいです。
でも、見た人にはきっと伝わってるね!
これからの彼らもどうぞ、見てやってください!・・・なんてね(^^ゞ

きっとまた、今夜も語って泣いてるぞ~あたし(笑)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 24時間テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<小窓のプリンス! | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | お疲れ様でした!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。