KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

「BANDAGE」初日♪

2010-01-16 Sat 23:59
スクリーンの中の仁を観たくて、それが嬉しくて席に着いたはずだった。
そんな気持ちはすぐにどこかへ行っていた。

仁が再三言っていた『世界観』が何なのか?
雑誌でインタビュアーが聞きたかったこと、
小林監督始め、仁やキャストが語っていたことが、
終わった瞬間、スンっと全てが納得できた。
(さっきちょうど昨夜のシネマガ見たばかりなので使ってみた)

あぁそういうことだったのか、と。

そして、『ナツ』の人物像に対して、何度も質問されてた意味も、

あぁ、なるほど、と。

そこにいたのは、本当に「高杉ナツ」という不器用で純粋な青年。

すっかり映画の「世界観」に、心ごと引き込まれてどっぷりと、
もどかしい、切ない・・・言葉にならない想いが、
ぐんぐんと押し寄せる。

いつしか、ぽろぽろと止まらない涙、
それを拭う手を動かすのも忘れるほどに、
ストーリーの最高潮へと連れて行かれ、
場内が明るくなっても、少しの間立ち上がることが出来ませんでした。


感想は、もっと時間が経ってからにします。


今はこの胸にいっぱい詰まった感動を抱いて、
「夢の中で 君に逢いたい」
そんな気持ちです。

うっかり思い出すと、また涙が出てくるので。


仁が初主演ってことももちろん嬉しい。
だけど、こうしてこの映画に引き寄せられるように選ばれたこと、
それがこんな風にしてあたしたちに届けられた幸せ。

それが一番嬉しい。


やっぱり、赤西仁なんだな、あたしをどこまでも掴んで離さない人は。
なんか改めて、じんわりと、
そう、BANDAGEでぐるっと身体を巻かれたように。


地元の映画館をいっぱいにしたい。
もっともっとたくさんの人に観てもらいたい。
人から人へ伝わって行って欲しいと、心から願っています。


一緒に行ってくれた後輩と、帰りの道中40分話は止まりませんでした。
そんな風に、しっかりと観て感じてくれた彼女には、
本当に今回も感謝です。
「あの台詞が」「あの曲が」と、ちゃんと彼女の胸に届いたこと。
それを言葉にして語り合えたこと。

仁にも伝えたいなぁ。

色んな意味でたくさん裏切られます(^^ゞ
雑誌などはネタバレいっぱいでしたけど、それを読んでも、
そしてあんなに何度も見た予告でさえ、
いい裏切り方をしてくれてます。

これから観る方も、どうぞあの「世界観」に引きずり込まれてください(笑)
っていうか、多分、そうなると思います。

一昨日あたりからこっち、あまりに次々嬉しすぎて、
眠れなくなります(笑)

今夜、「夢の中で 君に逢いたい」
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | BANDAGE(赤西仁 映画) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

<<BANDAGE 2回目 | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | これから!>>
この記事のコメント
私も毎晩夢に出てきてほしいと願いながら…(^^)

たくさんの人にみてほしい、私もいっぱい宣伝してるんだけど。

次はいつ行こうかな~
2010-01-17 Sun 10:12 | URL | のりすけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。