KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

LIVEの力と愛の形・・・♪

2010-05-09 Sun 23:12
静岡で感じたことの一番は、KAT-TUNが好きだ!!!でした。

今回は本当に初めてづくしだったので、色んな緊張感と新鮮さを
味わいました(^^ゞ

入場前にお会いしたのが・・・全員亀ちゃんファンという初めても、
そこに広げられた色んな亀うちわの圧巻なこと。
ある意味、そういう環境があたしの気持ちをフラットにする
手助けをしてくれたかなぁと思ったり。

2部では一緒に入ったのが、初めてのゆっちファンで、
これまた新鮮な想いと、ゆっち中心に見てしまう結果にもなり(笑)

ステージでしか伝わらないことがある。
同じ空間だからこそ伝わることがある。
そこへ持っていく自分の想いが引き起こす反応も、
改めて感じる彼らへの、そして仁への愛♪

今伝えたいのは・・・
仁、あたしたちは大丈夫だよ!』
そう言ってあげたい!

だから、是非仁ファンにも行けるならば行って欲しい!
そんな想いも強くした静岡でした。
・・・まぁ、そこに居るのには、しなければならない自分の想いとの
葛藤もありますけどね。
でも、それがある瞬間、パチッと変わる瞬間がある。
それを過ぎれば、あとはただただ楽しい!

それも貴重な大切な時間♪

えっと・・・今週のMステの衣装は、静岡でのファンの意見ですので、
それも楽しみに(^^ゞ

レポをとも思いますが、何しろここは仁ブログなので、
知りたい人、知りたくない人もいるだろうし、
そんな気持ちになれない方もいらっしゃると思うのですが、
あたしとしては、この想いを残したいので別エントリーにします。
・・・必死で帰りの道中に復習してきたので、長くなりそうだし、
いつもとは視点も違いますので。


あたしの感じたことを少し続きに。。。



ツアーが始まった頃、ある方の言葉を読んでそうだなぁと思った。
「今回は仁さんを家に置いて参加しないと」と。
それを愛方ちゃんと話していたら、
「それは無理だよ~、身体中にしみ込んでるもん」と、確かに。

でも実際にそこに自分が行ってどうなるのか?は未知の世界。
セットを見てワクワクしても、まだどこか不安もあったり。

OPの曲がノリノリだったので、何とか出だしは大丈夫。

自分が一番驚いたのは、無意識に身体が反応した曲でした。
リアフェはね・・・思わず涙でいっぱいになっちゃいました。
その時、後で聞いたら隣の亀ちゃんファンも泣いてたらしい。
それはあたしが隣に居たから、余計にそんな想いが強くさせて
しまったのかなぁとも思うんだけど。

どこがどうってことではなくて、もうこれは身体に沁みついたもの。
(やっぱりね>超私信)
でも、それじゃあダメだって思ったの。

心にひっそりと連れて行った仁さんが、ポケットからはみ出して、
あたしにちょっとした悪戯をした・・・みたいな(^^ゞ
あ、良い意味でね。

それで思い出したフレーズがあります。
あの頃もその歌詞を何度も思ったり書いたりもしたけれど、
それを実感したのは、今回が初めてで納得した。

“そこにあなたが居ないのが悲しいのじゃなくて
そこにあなたが居ないと思う事が悲しい”

まさにドンピシャで、これを実感出来た事があたしにとっては
とても良い経験でした。

居ないのはわかってるし、その想いもちゃんとわかってるし、
その上でやっぱり行きたいって思ったのだから、
だから、そこに仁さんを探しに行ってはダメだって、
それは胸に決めて行ったんです。

だけど、ふとしたフレーズの時やフェイクとかね、
後はメンバーのダンスを見たりした時に、
思い浮かべるじゃないですか、耳にも目にも身体中にどっぷりと
仁さんがしみ込んでるんだから、
目を瞑ったってその時の仁さんを思い浮かべられるから。

その時に、「居ないんだ」って思う事、
実際目の前には居ないっていう事実はあるんだけど、
その事実に“思う事”が加わると、一気に身体が反応する。

何度かそれは訪れました。
その度に、ポケットの奥へ仁さんを引っ込めて引っ込めて(笑)
仁さんの可愛い悪戯だとね。

それを吹き飛ばす術も身に付けました!
なんてったって、カラオケでも仁さんパートしか歌えないような
あたしですから、無いフェイクやハモリは自分で入れる。
そこでも“思う事”はしない。

そうしてるうちに、やっぱり彼らのライブが好きだなぁと、
テンションが上がってきます。
最後は汗だくで、ペンライトを持つ手が筋肉通なほど。


そういうことがイヤだとか、辛いとかって思うのは、
あたしはメンバーだけでなく、仁さんにも悪い気がして、
仁さんのファンであることを胸を張って参戦したいって、
そう強く思いました。

マイナスの気持ちで、「もし・・・」って想いを持つようならば、
これはお勧め出来ないことかもしれませんが、
それでも、やっぱり行ってみないとわからないこと。
気付くこともたくさんある。

その一つは・・・メンバーそれぞれスゴイなぁって思う部分と共に、
やっぱり比べられないくらい、あたしは仁さんが好きだなぁということ。

でもそこから勝手に色んなことを想像して悲しむのは、
あたしは違うと思ってます。
彼らのパワーと頑張る姿からは、それ以上の何かを得られる。

そんな風に彼らを応援して行けたら・・・難しいことですかね?

それぞれに違った考えがあるとは思います、これはあたし個仁の
・・・まぁ勝手な思いです・・・ね(^^ゞ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN LIVE TOUR 2010(コンサート) | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

<<静岡 5/8 1部  | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 帰宅!>>
この記事のコメント
素敵です☆
いきなりすみません。
読んでいて、心がほっこりする仁愛に溢れてるエントリだなって思ってコメントしました。
今、ツアーも始まって新曲の露出ラッシュで、5人のKAT-TUNを目にして仁ちゃんファンの方は特に複雑な気持ちだと思います。
でも、このブログを読んで何だか前向きになれました。私はゆっちのファンですが、やはりこの所の世間のざわつきを見ていると辛いものがあったので…
私たちはただただ6人の活躍を応援する、信じるこれにつきますね。
長文、乱文失礼いたしました。
2010-05-10 Mon 01:16 | URL | モコ #-[ 内容変更] | top↑
コメントレスです
モコさん、はじめまして!
ゆっちファンでいらっしゃるんですね。
お越しいただいて、コメントも嬉しかったです。

今回、仁ファンはもちろん、メンバーのファンの方も色々な思いでいらっしゃいますよね。
周りに仁ファンがいらっしゃる方もいるでしょうし。
メンバーのファンの方に気を使わせるのも、悪いなぁと思ったりします。
でも今回は、本当に楽しかったです。
そんな想いを届けられて良かったです。
2部ではご一緒したのがゆっちファンの方だったので、
またその話も書こうと思います。

6人を信じて、彼らの活動を全力で応援したい!
そう改めて感じましたね。

ありがとうございました!
2010-05-10 Mon 03:17 | URL | ちゃお☆より→モコさん #-[ 内容変更] | top↑
行ってきたんだね。私は京セラしか申込みしてないからまだまだ先だけどネタばれは読んでないよ~(^^)
行く不安、もあるけど、ひょっとしたらすごく楽しめるかもしれない、って今は複雑だけどね。

仕方ない…決まったこと、前進しかないし。
自分の気持ちがわからないし、周りの各担当さん仁担さんにもどこまで話せるかってのもあってなんか不安だけどとにかく今は行ってみようと。仁も頑張ってるだろうし。
2010-05-11 Tue 16:39 | URL | のりすけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。