KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

仁 君に出逢えた奇跡に・・・

2010-07-04 Sun 22:35
午前0時になってしたことは、そこにある仁の写真に向かって、
シンプルな「お誕生日おめでとう!」と言ったこと。

それからずっと、仁へ贈る言葉を考えていた・・・こんな時間まで?(笑)
でも、いつも常にじんじん言ってるんだから、改めて何を言おうか?
毎年なんだか一番難しかったりします。

友&仁で仁がやりたかったことを思うと、全てが繋がっていきます。
人種や年齢や性別を超えて、みんなで同じ瞬間を感じあえること。
それを自分で創った音楽で共有しあえること、
自分と一緒にステージを創るメンバーと発信できること。

あぁこれなんだなぁと、そう思うと胸がじんわりと暖かくなります。
本当にそんなチャンスを掴んだことに、嬉しさでいっぱいに。

そう、だから、どこにいても仁は仁でしかない。
遠い空の下にいるからといって、それを待ってるあたしたちが
嘆くことは違う。

自分の好きな音楽をみんなに聴いて欲しい。
一緒に踊って歌って笑って過ごして欲しい。
そんなシンプルな想い。

あんなに踊ることが楽しそうな仁を見たかったし、
仁の好きな音楽にずっと触れたいと思っていたし、
それが形になったこと、そしていつかの夢だったアメリカで
実現したこと。

あたしたちが望むようなことばかりではないかもしれない、
テレビや雑誌とかで姿を見ることや、
今日何をしてるかを知ることも。

でも、“やりたい”と想うことを出来るチャンスがある、
それを伝えたい相手がいる、
その場所を一緒に過ごす相手のために、
つまり、“やりたい”ことの先には、
あたしたちファンがいるってこと。

世間がどうの、人気がどうの、成功がどうの、
そんなことは小さいことなんだと。
自分たちのスタイルを貫いて、
でもこだわらずに新しいことへと突き進む。
いつしか周りの方が付いてくるさ(笑)

それも今までのKAT-TUNとしての活動があって、
自由なスタイルが彼ららしくて、
それだからこそ与えられたことかもしれない。

そんなKAT-TUNに、仁に逢えたことが
やっぱり奇跡であり、嬉しくてたまらない。

今は、今までとはまた違う日々だけれど、
表現することを追求してくれるのならば、
それについて行くだけです。

個々の力を蓄えて、また全員が揃ったときには、
もっとすごいグループになる。
そう思ってる。

君に逢える日を楽しみにしながら、
君の全開の笑顔に逢えることを願って、
これからもずっと・・・

同じ時代に生きてることを感謝して。

仁、HAPPY BIRTHDAY♪
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 誕生日に寄せて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<smile and laugh,be happy♪ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | follow you・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。