KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

それぞれの想い・・・

2010-08-04 Wed 02:35
「答えなんか出ないかもしれないし、答えなんか無いのかもしれない」
聖の言葉は、いつもまっすぐであったかくて、切ない。

そう、答えなんて無いのかもしれないですね。

でも、想いは大切。
色んなことを思うからこそ、気付くこともある。

結局は、それは誰のためなのかということ。

自分のための答え?
彼らのための答え?

あたしは・・・彼らの想いを受け止めたいと思う日々です。

言葉や文字でも100%は伝わらない。
全てを説明するのも難しいし、どこかでやっぱりその言葉以上の
何かを探してしまうのだろうし。

だからこそ、誰を想って読むのか。

難しいことかもしれないけれど、
案外もっとシンプルなのかもしれません。

自分が笑えるためではなくて、想う人たちが笑顔でいてくれること。


色んな想い、色んな考え、毎日たくさんの言葉に触れます。
全てが完全に同じっていう人ばかりではない。
それぞれに、何が大切なのかが少しずつ違って当たり前で、
違うからといってそれを責めても仕方ないし。

何を守りたいのか?
そこに自分の、自分が求める答えがあるのかもしれない。


あたしね、何度も言うけどKAT-TUNが自慢。
新曲が出るたびに、ほんとにもうあちこちに言いたいくらいで。
もっともっと世間の人に知ってもらいたいって。
そこには、KAT-TUNの描く世界があるから。
それを挑む彼らへ、打って出る期待を持って創ってくれてる
ことも含めて。

それを入り口として、もっと色んな彼らを見て欲しいって。。。
もちろんそこには仁がいて、仁がそう導いてくれた想いなのは間違いないのだけど。


ドームコンで、KAT-TUNの色んなロゴが
スクリーンに映されたんですよね。

あたし、KAT-TUNって文字が好きなのか?
なんて思いながら苦笑いするくらいで(笑)

だからこそ、Aを想って切なくなってしまう自分も居て。

だからこそ、それを背負っていく彼らのことも、
やっぱり守りたいなぁと想うのだとも。


そう、ドームコンで嬉しかったことがある。

退出するときに、あたしの後ろから聞こえてきた会話。
10代か、20代か、若い女の子の会話。

「すごく楽しかった~!」
「でしょ?また今度も誘うからね!」

あぁそうなんだなぁ。
こうやって、まだまだ彼らを知らない人たちに、
これからも広がって行くんだなぁ。
そうなって行って欲しいなぁ。

もしかしたら、色んな想いを抱えて参加したあたしなんかよりも、
初めてのその彼女の方が、彼らから伝わるものが
たくさんあったんじゃないかって、そうも感じた。
たまらなく、嬉しかった。
そういう人たちにも向けて、彼らは進んで行くんだよね。
止まらずに、いっぱい発信し続けるんだよね。

彼らはそこに立ち続けるんだから。

もちろん、それは仁も同じ。

色んな想いを力にして、明日に向かってる。

それをまっすぐに受け止めて、少しずつでもいいから、
前を向いていたい。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<My life is GOLD | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 東京ドームから1週間経って・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。