KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

ぎゅっと掴んだ君の手・・・

2010-08-19 Thu 03:27
こうして好きなことのために、じんじん毎日言うためには、
健康第一って実感しますね。
あ、別にどこか悪いってことでは無いんですけど、
・・・健康って気持ちの上でもそうですよね。
まぁ、今の状況のもやもやもあったりはしますが、
あたし的には・・・仕事ですかね(^^;)
あれ?あたし占いで今年は12年に一度のいい年じゃなかったっけ?
なんかね、どうやら正念場のようで。
それも9月から10月に迎えそうな・・・
仁さんの予定どころか、自分がどうなのよ?ってねぇ。

そんなことを抱えていると、PCにも向かえなかったり、
お友達にメールも出来なかったり。

そんな時のタキコンの仁さんには、久々のキラキラっとした
心の底から嬉しさが後からこみ上げてきました。

昨日から通常の生活に戻り、会社ではどこか心が落ち着かず、
あーもうどうにでもなってしまえーと投げ出したくもなり。
でも、今のオタ生活を続けるには・・・投げ出せないし、
これリアルに(笑)

そうしたら、なんかそんな不安な時に、
仁さんは現れてくれたりします・・・もちろん、夢にですが(^^ゞ


前後の状況はすっ飛ばせるのが夢の素晴らしさ(笑)
誰かに連れられて、なんとうちに仁さんがいらしたんですよ♪
そう、さっきPC立ち上げて思い出したんだけど、
仁さんにしてある壁紙も確か見られたんだった(笑)
そこでどんなこと言ってたかは覚えてないし、
特に何ってことではなくて、ただうちの居間に来た、
そこに居た。

で、夢は展開も速い(笑)ので、すでにもう帰る場面!
うちの玄関であたしは見送るのね。
(なんで外まで行かないのかがすっごく不思議)
その時に、あたし今回は頑張りました!・・・夢ですけど。

「それじゃあ」って行ってしまいそうな仁に声を掛けて、
そこで、ものすごくぎゅっと、すっごくしっかりと、
握手をしたんです。

夢でのあの感覚って何なんですかね?
すごくリアルな感触で、しっかりとした男の人の手で、
ぎゅっとね・・・出来れば離したくないくらいの、
それくらいの時間がそこにあったような。

多分っていうか、まぁ夢ですからあたしの想いのまんま
なんだとは思うんですけど、
今の色んな気持ちや、あたし個仁のもろもろとかね、
それがその仁と手を繋いだことで、
仁に伝えたい想いとか、不安なあたしがすがりたい想いとか。

夢ですよ、何度も言うけど、夢の中です(笑)

だけど、すっごく安心出来たし、力をもらえたなぁ。

そういえば、数日前のカレンダーに仁の手があったでしょ?
あれって原寸より小さいのかなぁ?とか思って、
自分の手を重ねて比べてたりしたんですよ(^^ゞ

そして、寝る前に、ZEROのスピンオフでのライブを
見て寝た・・・ってのが、夢に出たのかも?(えへ)

あぁそうそう、確か最後の方で声出して笑った気がするんだけど、
なぜかうちの父まで登場しまして(^^;)
その父が、これもなんであたしが玄関で見送ったのか?
に繋がるんだけど、どうやら駐車場まで送ったらしく、
家に戻ってきた父がなんと、手にしていたのは・・・
名詞みたいなんだけど写真みたいなものに、
サインもらってる~~~(笑)
さらに、車のボデーにもサインしてもらった!とか言ってて(爆)
ここでね、夢の中でも爆笑したらしい。



やっぱりね、悪いことばかり考えて、明日が見えなくなったり、
そういう弱い自分でいたら、本当に悪いことを引き寄せ
ちゃうような気がして。

頑張る、頑張れるパワーの元、それは仁なんですよね。
そして、それには心身ともに健康であること。

そして、下を向かずに、上を見上げて、
笑って楽しく、悪いものを跳ね飛ばして、
良い方向へ行くように、

うん、頑張ろう!

ぎゅっと掴んだ(夢でだけど)仁の手の温もりを、
力強さからいっぱいパワーをもらって。


・・・出来るなら、今夜もまた夢で逢えたら、なんてね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<暑気払い? | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | お盆休みに…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。