KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

表現者・・・♪

2011-02-27 Sun 23:02
「有名になりたいわけじゃない、ただ表現したい」
an・anで一番印象に残った仁の言葉。

思えば、仁はずっとこう言ってきたような気がする。
だからこそ、自分のやりたいことをやってるという言葉にも
繋がってくるんだなぁって。

アメリカでも最終的には自分がジャッジする、
納得できるものしかやりたくないからと。

周りがこんなことをやらせたい、見てみたい、
そう思わせる人でもあると思うけれど、
もし、そういう状況であっても、
仁ならば、全部をそのまま任せるのではなくて、
自分らしさを意見しながら、最終的には
あぁ仁だなぁって自分のものにしちゃうんだろう。

ananそしてセブンとスーツの仁でしたね♪
普段はそんなに着ないだろうけど、この着こなし!
セブンはただ上着を羽織る姿の連写が、
こんなにも魅せてくれる人っていないですよね。
・・・ファンは盲目ですから(笑)

表現者っていうのは、もちろん曲を作ったり、
詩を書いたり、歌ったり踊ったりすることでの
表現がもちろん多いのだろうけど、
仁に関しては、ホントにこの写真の一枚に世界がある。

撮影って実際には見たことないし、PVのメイキングで
見るのが一番近いのかな。
大まかなディテールの説明はあっても、そこからは
個人の表現力だなぁって思うんです。
同じ場面だったとしても、やる人によって全く違う
雰囲気になる。

仁は自分をどう魅せたいかが良く分かってる人。
そこにはファンのツボを押さえてるのもスゴイ。
ただ添えられた手だったり、顔の角度とか、
こういう被写体としてもものすごい表現者
なんだって感じますよね。
・・・だからこそ、雑誌祭りに踊っちゃうファン(笑)

チラッとめくったページに、あんなにアップで、
こっちをジッと見つめてる仁を見た瞬間、
身体中の血管が沸騰しそうなくらいで、
きっと一度は本を閉じた人も多いでしょ?(笑)
だけど、その視線を受け止めたくなっちゃうから、
照れながらも今度はこっちもジッと見つめちゃう。
でも、最後には・・・降参しますね、確実に(^^ゞ
ま、あっちは動かないですから当たり前ですが。

伏せ目の仁って好きなんですよね。
仁の目は閉じてても開いてても、半開きでも(笑)
それぞれに表情があって、色っぽくて(きゅん)

そして・・・やっぱり鎖骨~~~~~
これ、あんなにも触られるのがイヤな仁さん、
でもそこがポイントだってことも実は知ってるでしょ?
まっすぐに立っていても綺麗な鎖骨は見えるでしょうけど、
この一枚は完全に鎖骨美仁ですもん♪
そこにこの口元を持ってくるなんて。

と、ananを見ながらペンが進んでしまいました(^^ゞ
次は、PVの仁ですよね。
動画がアップされて、いち早くファンに披露してくれて、
そこに映る様々な表現。
これはまたじっくり見てから語るんだろうなぁ(笑)

ホントにどれをとっても拡大してポスターにしてほしい
くらいのクオリティで、
でもそうさせるのも、被写体として引き出されたもの
だからだろうな。

当分はこの雑誌たちの仁とこっそり見つめあって
幸せな時間を過ごします。






色んなライターさんの言葉が嬉しくて、
仁は根本的な部分は変わってないのかもしれない
けれど、それを貫いてきたことで、
ようやくこうして理解してもらえるように
なったのかなぁって。

どの言葉も温かく見守ってくださって、
そして大きな舞台へ向かう仁を応援してくれてる。

何よりそれが嬉しくて、胸がいっぱいになる。


そして・・・MORE。

そういえば武道館の打ち上げで一緒だったお友達が、
ONE PEACE好きなメンバーが多くて、
それも今回への布石になったかも、あたしにとって。

背中合わせにいた亀ちゃんの想い、
それを聞けるのはもっとずっと先のことかと思ってた。
もしかしたら言わないかもしれないと。

仁のことをきっと分かってくれているのだと、
そう思う反面、目の前のKAT-TUNへの強い想いもあって、
だからこそ、あえて口にするのはグループとしての
これからであることが必要だって。

昨日のオリスタの記事での感動が、
心の縁いっぱいに表面張力で耐えていたのに、
MOREの亀ちゃんの言葉で崩壊しちゃった。

まっすぐに語ってくれた想い。

そういえば、KAT-TUNは海賊と縁が深いですよね。
コンサートでも船はいっぱい使ったし。
そんな色んなセットで歌う彼らがフラッシュバックして、
それと亀ちゃんの言うONE PEACEのシーンが、
(マンガ自体はほとんど詳しくないけど、ここは知ってる)
入り混じって、
“変わらない絆”その言葉だけで十分。

この広い海に漕ぎ出したそれぞれの船が、
またどこかで出逢うこともある。
その日まで自分たちの夢に向かってひたすらに。

その言葉以上に勝手に深く考えることはしません。
それぞれの胸の内にしまっておけばいいんじゃないかな。
亀ちゃん、ありがとね。(こっそりと)

それにしてもこの企画、3人が仁さんの周りのメンバーで、
仁さん本人もやりたかったんじゃないかなぁ?
なんてことを想ってみたり。

ちょっと涙腺弱くなってますね~
降り出した雨のせいにでもしておこう(笑)




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<偶然にも… | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 雑誌祭り・・・オリスタに感動♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。