KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

今と昔・・・

2011-04-18 Mon 04:08
ドラマの仁ーjin-が始まりましたね。
このタイトルには仁ファンは反応しちゃいますよね(笑)
前回のドラマの時、実はあたしはリアルでは見なかったんです。
ちょうど仁さんの去就について色々あった頃で、
タイトルだけで何だかちょっと見られなかったと言うか・・・
ものすごく話題にもなって、それとその時の仁を思う自分が
どうも遠ざけてしまっていたと言うか。
あ、龍馬伝が始まる前で、こっちの龍馬の方が龍馬の
イメージだとかって言われてたことも、影響してたかも(^^;)

いつだったか年末だっけ?再放送をしているのを見て、
もともと幕末好きであり、歴史をこういう角度で
創ってるという面白さに、ようやく見たと言う(^^ゞ

今回は楽しみにしてます。
・・・なのにリアルタイムは爆睡してたという(笑)

仁さんが時代劇に出るってことになって、
時代劇を見る目線も変わってきそうですよね(^^ゞ

仁さんの呟きにも色んなヒントもあったような気もするし。

家紋ってねぇ(笑)
太陽と月にも・・・きっとあれかなぁとか。

日本の時代物を海外の方の目線で創られることは、
また違ったエッセンスが入るのだと思います。

衣装とか、舞台とかそういう背景も気になりますよね♪
そういえば、殺陣とか乗馬とかに取り組んでるって、
記事にもありましたけど、
うぉ~仁さんの乗馬姿なんて、去年のKAT-TUNコンでの
あのお馬さんを見て、仁さんを想像していたのが、
こんな形でまさか見られるなんてね!

舞台の作り方とか、そういうところは海外の方らしい
色彩とか、漢字とかもデザインというイメージで
使われるのかなぁなんて想像したり。

そう、「仁」って文字はそういう意味ではとても
時代劇向きですよね。

アメリカデビューの時には、是非とも「仁」の名前で
って思ったりもしたんですよね。
シンプルでかっこいい文字に感じるのは、
日本人だからなんでしょうかね(^^ゞ

これだけの大作だとお金のかけ方もハンパ無いと
思われ、小道具とか衣装とか細かい部分も
どんな風になるのかが楽しみだったりします。

仁さん、撮影は順調でしょうか。
今を伝えてくれるツイからは、充実感をどこか
感じたりしますけどね。




時代劇で好きなのは、幕末もだけれど戦国時代も好きで、
そこからアニメも見てました。
戦国バサラにはまって見てました(^^ゞ
もとはゲームだったとは、後から知ったくらいで(笑)

あれね、本来の時代を考えるとあり得ない事ばかりで、
父に見せたら・・・意味がわからんって言われたし。

でも出てくる人物像が、その人のイメージを具現化してる
感じで、ものすごくわかりやすい。

あれは戦国なので、甲冑姿ばかりなんですけど、
それぞれのお家のカラーというか、そういう所が
ハッキリと打ち出されていて、人物像も掴みやすい。
・・・イケメン過ぎるのもありますけど(笑)
色と色のぶつかり合いを見てるだけでも面白いです。

邦画の「天と地と」でしたっけ?
あれの黒と赤を印象的に使ったのを思い出した♪
普通はああいうイメージですけどね、
アニメですから、まぁそれは綺麗な色とりどりで(^^ゞ

そう、テレビの放送の続きは映画化だったような?

邦画でも時代物は毎年作られてますもんね。
あ、忠臣蔵で言えば、この間の役所さんのやつ、
あれ見たかったんだよなぁ。
また違った描かれ方で、すごく興味があったんだけど。

思えば、映画館で時代劇を見た記憶が・・・
無いかもしれないなぁ。
じゃあ、仁さんを見るまで取っておこうかな(^^ゞ

ちなみに、バサラであたしの大好きな方は、
やたらと英語で家臣を鼓舞してくれる、
正宗さまです♪

・・・こういう話題で、お友達に影響を与えないと
いいのですが(笑)

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<今夜は海賊帆に乗って・・・ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 平蔵さまーーー、消えちゃった!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。