KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

君の前に道はある

2014-03-09 Sun 01:44
仁さんの新しい道への発表があってから早一週間。
タイムリーに自分で気持ちが書けずにいました。
・・・それは、自分自身の問題であり、じっくりと考えている時間が無かった。

その日、あたしは二日酔いでした(笑)
楽しい同級生との時間を過ごし、仕事に追われて朝からの“それ”を知らずに夕方まで。
知ってからも目の前の仕事を片付けながら、意識の半分は仁さんで。

仕事から帰ったのが深夜になり、すっごく寒い中歩きながら浮かんだ言葉、

  「僕の前に道は無い 僕の後に道は出来る」という有名な詩。

でも、仁さんの場合は『仁の前に道がある 仁の後に道が出来る』
そんな風に感じたんです。
これは前から何度も思ったし、ここに書いたこともあるかもしれないけど、
仁さんはしっかり自分の先を、進みたい道をいつも見ているんだと。

だからこそ、今回のことも仁さんのファンは周囲よりもずっとすんなりと、
ものすごく当たり前のように受け止められたんだとも。

あたしは・・・数日間はそこまですっきりでは無かったかもしれない。
翌日、いつも話を聞いてくれる同僚が、いつもなら結構ビックリした様子なのに、
今回に関しては、「これで思うようにやれるね!」と言われたことが、
すごく意外でもあり、周りにもそう見えていたのかなぁと思わされた。

発表からすぐに自分で色んな発信をしてくれている仁さんに、
確かに最近があまりにも無さ過ぎたから当たり前なんだけど、
やっぱりファンとしては、仁からのものは何でも嬉しいんだよね。
そこの切り替えの早さが、あたしにはまだどこかとまどいというか・・・

そうね、でも仁さんが活動してくれることが何よりで、
早くあなたの歌声が聴きたいし、姿を見たいってことを、今まで以上に
求める気持ちが湧き出てきたことと、今までの想いとの交錯なんだな。

みんなあちこちで言っていたけど、今になって腑に落ちたあの言葉、
「何があっても どんな手を使っても ここに戻ってくる」
あの時言える精一杯だったのか、嘘が嫌いな彼はそこに自分の状況を
微かに匂わせながら、それでも今までで一番力強い言葉だったのが、
今のあたしたちの支えになってるんだよね。
・・・ホント、あれでみんなどこか気持ちの片隅で覚悟したっていうか。

あ~久々に文章を書いた!
最近、接客をしていて言葉に詰まることが多くなって、
それは寄る年波・・・と言えばそれまでだけど、自分の言葉で気持ちを文字に
することの重要さを改めて感じているこの頃なのです。

ブログ、ものすごく長い間放置しておりました。
仕事の状況が変わり、自分自身余裕が無く、時間的にも余裕が無くていました。

仁さんの活動に書きたいことばかりだった昨年でしたが、前のように書けない自分に
どこか気持ちの置き場が無くて・・・
今や色んな場所で言葉を交わすものがあって、あたしはほとんど見ているだけに
なってしまっているんだけど。

この場所もどうしようかと思いつつ、でもやっぱりここに自分の想いを少しでも
残していきたいなぁと。

もっと時間を有効に使って、少しでもPCを立ち上げる時間を作ろう!
と、あたしの場合は有言不実行なので、期待はできませんが(笑)

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<2014年を振り返って・・・ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 消えたーーー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。