KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

こんなに愛されてる・・・

2006-10-18 Wed 01:20
ねぇ、仁・・・大変なことになってるよ。
あのマッチさんからも応援してもらってるよ!
こんなにたくさん、愛されてるよ。
それを重荷と思わずにね。

マッチさんのコメントを読んで・・・あの頃留学を僕は留まった。
それで思い出した。
今まで、仁のことばかりで忘れてた(^^;)

寂しい気持ちは、少し横へ置いて・・・あたしのこと。


実は、あたしは短大は英語科でした。
(あ、別に仁が英語を習いに行くかどうかは別としてですよ。)
あたしの英語との出会いは意外に早くて、小5。
同級生の子に誘われて、英語塾に通いました。
今は珍しくないかもしれないけど、当時は教室にも5人とかだったかな?
とにかく面白くて、2年間通って。でも、中学でつまづいたんだよね(^^;)
それは・・・その小5の時に使ってたのが中学で使う教科書で、中学になった時に
あたしはすでにそれを終わってる訳。
そうして、努力を怠ってるうちに・・・あっという間に周りに追い越されて・・・(笑)
そして、次は高校生。担任が英語だった。
特に何がしたかったわけじゃない、ただ英語を勉強したいと思って短大へ行くことを決めた。
でも、何となく決めたことなので、努力もせず・・・試験も落ちまくり、地元の短大に引っかかった。
短大でもやっぱり将来まで決められず、遊ぶことが楽しくて英語は二の次。
やりたいのに、自分の能力の限界を勝手に決めて、つい楽な目標を作ってしまっていた。

同級生は夏休みにホームステイしに行ったりしている子もいたり、
そして卒業旅行は半月かけてのヨーロッパ。

あたしは、どっちも行かなかった。

卒業して、数年経ったある日、久しぶりに短大の友人に会った。
仕事の休みが合わなくて、それまでほとんど会えずにいたので3年近くたってたかな?
一人の子が、仕事を辞めてロンドンへ3ヶ月行ってきた。と聞いた。
一人で急に思い立って行ってきたと言う。

結局ね、やる気があれば、卒業旅行の高い旅費だってバイトして貯められたのよ。
ホームステイだって同じ。
気持ちがあれば、仕事を辞めてだって行く人もいる。

あたしは出来なかった。
理由は・・・そこまでの気持ちと勇気が無かったから。
誰も知らない、ましてや言葉の通じない国に住む勇気が無かったから。

でも、今になって思う。
ロンドンへ行った子の話を聞いたときも思った。
“行っておけば良かった”
ワーホリとかもあったし、でもそれについに踏み切ることは出来なかった。
英語は今でも好き・・・だけど勉強してるわけじゃない。
あたしは結局中途半端な思いだったってこと。

そんな中途半端でも、行ってみたいって思ったんだよ。
当時、あたしも22、23歳くらい。仁と同じ・・・

だからね、今行けるなら、周りの理解を得たなら行った方が良いよ。
それだけの強い思いがあったのなら、尚更。
こんなに10年以上経っても、未だに後悔してるもん、あたし。
行って何がしたいわけじゃない。
「知らないこと、知らなかったこと、見たこと無いもの、見たこと無い自分・・・」

仁が言ってるのと少し似てないかな?
きっと彼にはもっと鮮明な目標があるのだろうけど、こんなあたしでも思うことなんだもんね。

くだらない憶測で書く前に、自分のそういう時期を振り返ってくれたら
わからない気持ちじゃないと思うのに・・・
どうしてわからないのかな・・・いい大人が。
あなた達にも、きっと忘れ物があるはず、若い頃に。。。
それを、こんなに周りを巻き込んででも、やろうとしてる若者一人、
何故背中を押してやることが出来ないのか?

なんて、今日思い出しちゃったばかりのあたしも言えないか(^^ゞ

・・・はぁ。。。そんなこと言ったら、寂しいなんて言えなくなるじゃん(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

<<またさらに・・・ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 担当はじんじんです・・・><>>
この記事のコメント
自分が22歳だったころ、ひとつの好きなことをさせてもらったことは感謝してます。でも、いろんな道があったことも今となっては考えることがあるよ、やっぱり。まあ、それはぜいたくな話なんだけど、海外、ということに関しては私もあの4年間で考えることはあるね。行ったから何ができるっていうわけでもないし、そんなに甘くないし、後悔はしてないけどさ。あの年齢で、やってみたい、って思うことがあればいいよ、ほんとに。何かわからない、それも当たり前。まして中学生くらいからあの世界でわけわからずにやってきた人たちは、ひょっとしたら立ち止まりたくなるかもね。そんなこと考えてる暇もなかったってのが、だいたいの人。というか、考えてもほかの世界に行く勇気がなかったり。あのままジュニア、ってこともありうるいまのジャニーズのみんな。まあ、そんなこというてもただ甘いだけなのかもしれないし、ただ色んなことから離れてみたかったのかもしれないし、もうこの世界はいらんのかもしれないし、それは・・・仁のみぞ知る、です・・・。でも、仕事とはいえ、あの事務所には・・・やっぱり疑いの目を持たずにいられないのが事実です。長年・・・。それはあの事務所だけじゃなく、世間のどの企業もそうなんだろうけど・・・単に私がジャニメンバーに甘いだけか・・・。
2006-10-18 Wed 09:19 | URL | のりすけ #X5Adw/KU[ 内容変更] | top↑
ちゃおさん。こんにちは。
コメントありがとうございました。
とってもうれしかったです。
実は、毎日見させてもらってました。

22.23歳頃って、いろいろ考える時期なのかもね。
そういえば、私の妹もちょっと違うかもしれないけど・・・
大学卒業して、すぐにバックハッカーで1ヶ月間中国に滞在していたり、インドに3ヶ月くらい行ってきたりしてました。
ずっと、日本って国は、考え方が嫌いとか言ってたような?
その後、2年間、某団体から仕事で海外に移住して帰って来ました。
妹にとって、海外で生活する事の大変さ。日本のすばらしさを感じた海外生活だって言ってたように記憶してます。
私が言うのもへんなんだけど、彼女は行った事で変わった。
何か、今あることを受け入れて動じない心。のようなものを得てきたように思うんだよね。

やっぱり若い時にしか、感じられないことってあると思うから仁kunには、たくさん吸収して
BIGになって帰ってきてもらいたいですよね。
長々とすみません。
又遊びにきますね。



2006-10-18 Wed 10:27 | URL | さぁーよ #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとう!

のりちゃん♪>
昨日はありがとね。これからもヨロシク(^^)v
何をするのか?ってところばかり、みんな言い過ぎだよね。まぁどれもこれも仁の注目度の高さから来てるだろうけど・・・色々まだまだ考えるなぁ。。。

さぁーよさん♪>
ごめんなさい、HN昨日間違えてました?
こちらこそ、ありがとうございます。
こんなのを毎日見ていて下さったなんて、正直驚きです。
芸能仁、アイドルでなければ周りにもこういう考えを持ってる人多いと思うんですよね。
ただ、それがトップアイドル・・・普通のことをしたとしても、受け取られ方は違う。
そんな日本を海外から見るっていうのも、いい機会だとは思いますね。
これからも、また良かったら寄ってください。
2006-10-18 Wed 14:50 | URL | ちゃお☆ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。