KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

じゅんのでHappy!

2006-12-27 Wed 01:10
『Dear,仁
今日は一日じゅんのが頑張ってたよ。
前にドラマに出た時は、仁がアドバイスしたんだよね
そんなじゅんのもすごくはまり役で、
かっこ良かった。
仁ならなんて感想言うんだろう?
仁は次何やりたいのかな・・・』

朝からずっとじゅんのデーでしたね。
仁以外でこんなに必死に録画したのは、初めてかも(^^;)
「はなまるマーケット」朝から奥様方にアピールいっぱい、笑顔いっぱい!
ヤッくん・・・あの笑顔は無敵でしょ?(笑)
ジャニーさんのことを“社長さん”って言うヤッくんが何だか年月を感じたり・・・
朝の7時からつみれまで作って、あれってMステの楽屋で食べたというやつですね!
しかし、じゅんのは朝から爽やかで、何でもこなせるって言われても
決して嫌味にはならず、KAT-TUNのことを語る彼も
メンバーと同じことを言っても、何だか好印象だわw
確かに、最近いじられキャラ(^^;)でも、そんないじられてる時の
じゅんのは楽しそうですけどね~
仁は特に、じゅんのをかまってたっけ・・・

それにしても、主役のさきちゃんじゃなくて、じゅんのがずっと番宣出っ放しってのは、
何だか嬉しいことですね。

さて、本編Happy2ですけど・・・
仁友さんと電話してて、1時間以上遅れで見てたのでこんな時間になりました。
番宣でも言ってたけど、何だかすごくほんわかしてくるドラマなのです。
内容は足の引っ張り合いだったり、借金だったり、結構ドロドロしてるのに、
さきちゃんの笑顔と前向きな姿、そして我らがじゅんの王子のお坊ちゃま圭一郎の
少しヘタレで、お母様の言いなりで、どこか抜けてる感じが素晴らしく
じゅんのにマッチしてると思う。
こういうはまり役が一つ出来るのは、すごく良いことだよ!
最後のシーンの蝶子さんの後ろから歩いてくる、こちらを射抜くような眼差しの
圭一郎が・・・なんで???・・・ってことは、続くのね!
それにしてもかっこ良過ぎます、坊ちゃま~
テニスシーンもすごく決まってて、テニスがとても似合う・・・
春の時は仁とテニス練習したんだよね・・・仁~~~(^^ゞ
ドラマはまたまた楽しみであります、ハイ。

仁ファンのあたしですけど、実はじゅんのには色々思い入れがあります。
確か、前にも誕生日の時に書いたと思うんだけど、コンサートで一番印象に
残るのは、じゅんのなんですよね。
いつも客席に大きく身体を使って、アピールしてくれて、そこには王子スマイル(^^)
北海道に同行した友人は、いつしか自然と“王子”と呼んでたっけ。

あとね、じゅんのって落ち込んだりしないって良く言ってたけど、彼は
照れることもあんまり無い気がするんだよね・・・
KAT-TUNの中では一番そんな気がする。
この間のうたばんの女芸人さんとのゲームでも、あのナンシーちゃんを
しっかりと抱きしめてたよね。
ああいうのをサラッと照れずに出来るところが、これから色んな役を
やる上でも絶対必要だと思うんだよね。
たっちゃんとかも照れないし、亀ちゃんも、仁もかな?
ゆっちや意外に聖は照れ屋だよね~

話がそれたけど、だから今日のドラマのじゅんのとさきちゃんの抱擁シーンは
ちょっと萌えポイントでした。
彼の抱きしめ方は・・・慣れてるのか?(笑)っていうか、形が様になってて
すごくカッコいいのです。
あ~もちろん、仁が一番ですよ!
仁にぎゅぅ~~~っとされたい・・・(え?)
昔のアイドルって、ああいうシーンって腰が引けてた記憶があるけど
(どれだけ昔なんだ?)最近は、みんなちゃんと役になりきって
ちゃんと男として、抱きしめてますよね。。。
・・・どこを語ってるんでしょうか、あたし(^^ゞ

来年へのじゅんのの豊富・・・
「今年の勢いをそのまま来年へ持って行きたい」
そうだよね、みんながそれぞれ一回り大きくなったら、KAT-TUNは最強なんだから!
それまで、そこの場所を守ってね・・・じゅんの。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<6人で獲った賞だから! | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | あたしの今年の決算報告?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。