KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

好きの答え合わせ・・・『赤西仁』の場合

2008-03-02 Sun 22:39
人を好きになると、「どこが好きなの?」と聞かれる。
あたしはいつも即答できないことが多いから、「ぜんぶ」と答えてしまう。
言葉で表現できるような何かを、すぐに挙げられることが不思議だったりもする。
優しいとか男らしいとか、そんなひと言では言えない部分が多いんじゃないかなって。

仁がよく言う「フィーリング」ってことなんだろうな。

もちろん、見た目から入るのはもちろんだけど、その見た目っていうのも十人十色。
カッコイイというその大きな括りでさえ、あたしにはしっくり来ないことがある。

仁を好きになって、やっぱり聞かれても未だに明確に答えられないかもしれない。

いや、まだまだ好きになり続けてるから、なのかもしれない。

初めて聞く新しい歌、待ち遠しかったその一冊のインタビュー・・・
それに触れるたびに、あたしは毎回 「あぁ仁のここが好きなんだな」 「やっぱり仁だな」って、
そんな風に好きの答えあわせをしてるような気がする。

それが、自分の予想も遥かに超えて、期待を逆に裏切られて、その度に「参ったな」と思う。


Style

仁がスーツを着てるときの着崩し方の一つ、袖をまくっているのが好き。
ステージでもたまに、その袖を気にしすぎちゃったりもしてる、その仕草も含めて。

水を飲む・・・こんな写真を一ページ使われるって人がいただろうか?
水の中にうっすらと映る氷の輪郭が、傾けるコップとともに「カラン」と音がしそうな、
他に何も音の無い空間。
けれど、そこに漂う空気は、あたたかく柔らかい。

腕をまくっていたから、ジャケットを脱ぐと袖のボタンは外れたまま。
いつもはただただドキドキさせるだけのその大きく開いた胸元も、仁の一部分なんだなぁ。
外した目線、何気なく組んだ手も、無防備とは違う、ゆったりとした大人な仁を感じる。

こんな仁と居たら、言葉なんて無くても、ふんわりと包まれるような気持ちでいられる・・・気がした。


昔より・・・そう比べるのは、帰ってきた仁がこれからは言葉で伝えていくよ、と言ってくれたから。
自分の感覚がどこか芸能界と合わないと、そんな風に表現していた仁。
感じてることは同じだけれど、「仕組みを理解した上で、その仕組みが好きになれない」と。

その少しの表現の変化だけでも、受け取るこっちは嬉しかったりする。

仕事が第一だという日本のことも、「その生き方を否定する訳じゃないけど」と、ひと言添える。
その上で「いい仁生を送るための仕事だと思う」と。

あたしは、それを仁に出会ってから知った。
・・・うん、たまたま仕事上そういう時期だったのも、これまた仁に出会った運命。
仕事で目一杯で、オフの計画も全く立てられず、それほど心を駆り立てられる事も無かった日々。
そんな自分と比べると、仁は素敵に生きてるなと思うのです。
誤解する人がいるのならば、それはきっと・・・自分がそう出来なかったと言う事への嫉妬。

「自分の好きなことを仕事として出来ている・・・それを、受け止めてくれる人がいる」
仁とあたし達ファンを、こうして繋げてくれること。
ようやく、少しここまで来たかなって。。。声が届いたかなって。。。


仁は、人と自分の基準がハッキリとしている。
常に真ん中にあるのは“自分”、そこから見る周りや人は、自分の目線とは切り離してる。
決して、それを自分の秤にかけることをしない。
だから、自分の事も人の尺度で測って欲しくない。
それは一見、冷たいように思えて、実はそれぞれの考えや立場に対して、ものすごく寛容である。
人の考えや思いを聞いた時の「へぇ~~」っていう表情は、きっと、自分のフィルターではなく、
その人のフィルターを通したものに触れたから。
自分に置き換えてではなく、あくまでもその人の基準をそこに感じるからなのだろう。

好意的な目線でインタビューを書いてくれてるのだから、そこに並ぶ言葉は嬉しい表現が多いけど、
カメラに収められたその一瞬は、仁が作り出したその大きく抱かれるような空気を、
ちゃんと切り取ってくれている。
あたしは、そっちが嬉しい。


あぁ、やっぱり・・・また一つ、好きの確認をしてしまったな。

そして、またすぐに“好き”は、やって来る。

参ったなと、また答え合わせをするんだな。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<好きの答え合わせ・・・『KAT-TUN』の場合 | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | カツスタ・・・ももいろの かたおもい?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。