KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

愛すべき存在。。。

2008-04-13 Sun 23:40
すっかり週末はまったりすることが多くなりました(^^ゞ
今日は、ゆっちがスシ王子の特番で香港ツアーの番組を・・・途中から見ました。
忘れててごめんね(笑)

しかし、美味しいものたくさん食べてましたね。
風水の先生に見てもらってたシーンは、昔の仁亀を思い出したりした人も多いでしょうか。
ゆっちのあの立派なお鼻は、お金に恵まれてるのだそうで(^^ゞ
そして、芸能界では44歳まですごく良い運らしいです。

映画の堤監督からのメッセージ、この言葉がさすが監督良く見てるんだなぁと感じたりして。
「自分の立場を良くわかっていて、それが悲しくもあり切なくもあり可笑しくもあり・・・」

この言葉を聴いて、前にプレミアムで光ちゃんも似たようなことを言ってたなぁと思い出した。

KAT-TUNでいるときのゆっちと、一人で色んな人の中にいるゆっちとの違い。
きっと彼はすごく真面目なんだろうなぁと、いつも感じるわけで、
決して前に出すぎず・・・前に出ないと言った方がいいのかな。
周りとの調和をすごく重んじてるようなそんな感じ。

でもそれはKAT-TUNのメンバー全員にも当てはまるのかなぁって。
KAT-TUNでいる時も、急に自分に注目が集まったりすると、フッと何故か自信の無さそうな、
照れてしまうような、そんな素顔が垣間見れて。
それをメンバーの中では、お互いがわかっているからこそ、その部分を面白そうに
突っ込んだりするし、やたらといじってみたり、逆にボケてそらしたりして。

お互いがね、それぞれの良い所をすごくわかってるからこそ、そこをもっと表に出して
あげたいって想いも感じられて、それがメンバーでいる時のあのお互いに安心して
自分を預けられる雰囲気なんだろうなぁ。

デビュー前は、どこか不安定な自分たちを、逆にハングリー精神をバネにしていて、
それが世間にはきっとイメージとして伝わってる部分も多いのかもしれないし、
でもそれぞれは、どこかまだ確固たる自信のようなものが無くて、
いや、ファンはもう十分に感じてるのだけれど、世間的にというかね。

だからこそ、ソロでの活動をすると、そこで彼ら個人と関わった人には、
もしかしたらそれまで抱いていたイメージとは違った、すごくピュアで真面目な部分が
印象に残るのかもしれないなぁ。

仁のドコモのソロCMの記事を読んでもそう思ったりする。
・・・オリスタもCM NOWも嬉しい言葉がいっぱいだったし。
(そっちは語らないんかいって声も^^;)

そんなソロのお仕事から、彼らの色んな顔をたくさん世間に見せて行って欲しいなぁと。
でも、KAT-TUNとしては、いつもいたずらっ子のようにわちゃわちゃとしていたり、
KAT-TUN色がどんどんと広がる歌の世界では、ビシッときめて魅了して、
ファンは、それがいっぱい詰まったライブで堪能したいなぁと思ったりするわけです。
・・・つまりは、ライブに行きたいって話のような(笑)

ハモリの話をこの前書いたけど、あたしはゆっちがやってる下ハモもすごく好きだったりする。
決して目立たないけれど、低音で厚みを出していて、それが聴こえるとゆっちだなぁって
すごく思ったりして嬉しかったりします。

だからこそ、そんなKAT-TUNの6人がやっぱり好きなんだなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ドラマあれこれ・・・ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | カツカツ・・・第一回「実は僕・・・」大賞の巻♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。