KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

歌は想い出とともに・・・

2008-04-22 Tue 10:43
朝から何だか昨夜聴いた懐かしいメロディーが流れまくってます(笑)
特番が多かったりする中、2時間ものを2本じっくり見てしまうと、その後の行動が・・・
パソコン立ち上げては閉じる・・・そんな日々が続いていたりします(^^;)

それにしても、昨夜のスマスマ歌謡祭は豪華でした♪
あたしもSMAPと同世代なんだから当たり前だけど、もうど真ん中の歌ばかり♪
カラオケでホントに良く歌った歌ばっかりでした。

まぁ年代的には小学生後半から社会仁になるまで・・・まんま青春そのもの。
それにしても、名曲が多かったからだし、ビッグヒットも多かったから、
SMAPの選んだ曲が、自分の好きな曲とあまりにも一緒でびっくり(笑)
というか、それがその当時の国民的に認知されてた曲ってことなんでしょうけど。

中でも・・・一番はね~BARBEE BOYSですよ♪
深夜番組(当時から今も変わらす深夜族のあたし)で、PVを見た瞬間にはまった彼ら。
まだ駆け出しの頃で、そこからじわじわと売れ出したんでしたっけ。
ツインボーカルも珍しくて、その上、そのボーカルの二人がまた性別を超えたような
ハスキーボイス♪
杏子が地元出身だったのも手伝って、すごく好きだったなぁ。
短大の時、杏子が地元凱旋したライブにも、偶然誘ってもらって行ったんだった。
あ~KONTAのあの声が健在で、あのちょっとシャイな感じも変わってなくて、
あそこが一番テンションがMAXだった♪

後は・・・金妻にすっごくはまってたあたし、そう吾郎ちゃんも言われてたけど
ませてたのかな(笑)
あのシリーズは1~3全部好きだったけど、特に3は一番好きだったかな。
そして、あたしはやっぱりどこか英語の上手い人の歌が好きだったのは当時からで、
小林明子さんの英語の発音を真似しながら、あの名曲はカラオケの定番の一曲です(^^ゞ
そうだ、あの時もロマンスカーに乗りたくて、卒業旅行で箱根へ友達と行ったっけ。
・・・やっぱり、どこかオタクなあたしは昔からだ。

木村くんの言葉に頷いたのが、globeの小室さんよりTM Networkの小室さんってこと。
あたしもあのシンセに囲まれた中にいる小室さんがすごく好きだったし、
ウツのあの声はね~sexyで好きだったな。
ハイ、これもすっごく嵌ったグループでありました(笑)

そして、ラストはやばかった~
久保田利伸さんのMissing、先日のハモネプでも改めて名曲だなぁと思ったのに、
まさかここで本人の声が聴けるなんて!!!
さらに、瀬名くんですよ(笑) 木村くんが自分のドラマの主題歌を一緒に歌っちゃって♪
あのドラマは、あたしのドラマ史の中では、一番なんですよね・・・実は(^^ゞ
当時、あんな可愛い女性になりたいなぁって思ったもんです
・・・それは今も変わらないつもり。

こうやって、ホントに一瞬にしてその時代に戻れる、歌ってすごい力があるなぁと。
KAT-TUNの曲はね、あたしたちはそれぞれにきゅーっと詰まった想いがあるけど、
ファンじゃなくてもあの頃カラオケで歌ったなぁって、何年も何十年も経って
懐かしく思ってくれる人が、いるのかなぁ・・・いて欲しいなぁって思ったりしました。

まぁ、そんな風に感じるのはホントに10年20年って年月が必要かもしれないけれど、
そして、そんな誰かの想い出と共に残っていくであろう歌を、KAT-TUNにはこれから
もっともっと歌って行って欲しいと思うのです。

・・・そんな想いに浸っていたら、今日のカツスタで新曲解禁~~~♪
ゆっちとたっちゃんの先週のゆるゆる情報は、やっぱりホントだったんだ(笑)

いつでも初めてはドキドキする、そこに仁の声が聴こえて、6人のハーモ二ーが聴こえて・・・
それが身体中を駆け巡り、その瞬間にKAT-TUNに染まるのよ♪
そんな彼らの音楽が大好き、そこにある仁の声がやっぱり今も一番心を揺さぶるの!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | テレビ・CM・ラジオ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<新曲解禁・・・のはずが(^^ゞ | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | あれから一年・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。