KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

KAT-TUN Ⅲ -OUEEN OF PIRATES-

2008-06-06 Fri 03:27
毎日どっぷりとアルバムを注ぎ込んでいます♪
もう、ホントに好きすぎて・・・なんだろう、KAT-TUNファンで良かったって、
そんな言葉しか出てきません(^^ゞ

メンバーも言っていましたけど、曲のジャンルが豊富だから好き好きもあるかもしれないけど、
聴き込んで行くと、ものすごく創り込まれた珠玉の曲たちだと感じます。

今日はそんな彼らから届けられたものへの、あたしなりの感想を・・・
ようやく手をつけることが出来ます。




チケットの当落で、ホントに今回は厳しさを感じました。
そんな中、ドームで彼らに逢えることが出来ます。
色々ご心配いただいたり、ありがたいお話もありがとうございました。

まだ、ホールへの想いも残ってますが、そちらはボチボチと探すつもりです。

こっそりコメントいただいたyさんへ
自分の当落が確認出来なかったのと、連絡先がわからずお返事が出来ずにすみません。
まだ猶予がありましたら、是非ご連絡下さいませ。

そして、ドームの2日のチケットをお探しの方がいましたら、
出来れば交換でご相談させていただければと思いますので、
メールでもコメントでも下さいね。
譲るだけは、今の段階では検討中ですが。

メンバーの言葉からも、そしてラジオで流れた時から、本当にジャンルに富んでいるなぁと
感じてはいたけれど、フルで聴いて行くと、それだけでは無い発見もたくさんあります♪

もともとKAT-TUNを好きになったのは、もちろん仁が放つオーラにあったのだけれど、
次に想ったのは、なんてアイドル離れした歌を歌うんだろうってことでした。
一番は、やっぱり自在に操る仁のフェイクにやられたものです。
さらに、聖のラップ、ゆっちのHBBまで加わるのだから、だからこそ自慢の彼ら♪

今回のアルバムについては、今日ようやく手にした、ぴあのクロストークや
Gyaoマガジンの解説なんかを参考にすると、自分の感じたものの裏づけにもなったかな。


最初は頭から通して聴いて、その後は好きなものをリピしていたんだけれど、
3日目になると、もうどれも好きで、それぞれに色んなことを発見して楽しい♪
もちろん、最初は仁の声があちこちにあって、その声が嬉しくて嬉しくて・・・
仁の声ばかりを追って、心も身体も震えるほどだったな(^^)

そうすると次に今回は、それぞれの曲にキーになるメンバーがいるんだなぁと、気付く。
それは、その曲に合った声質だったり、曲のイメージだったり。
・・・それにしても、全員の歌のスキルがかなりアップしてることに、驚いて嬉しさ倍増(^^)v
ハードな曲はKAT-TUNの真骨頂だから、好きな曲がそこに集中したりもするけれど、
なぜか今日のような日は、頭の中に流れてるのはPOPな曲だったりするから不思議。

カツスタで来週は企画をやるんですよね。
「心奪われる」
その辺にもこのアルバムの底辺に流れるテーマを感じたりします。
海賊ってのもあるけれど、『愛』に対して、心を奪われたり奪ったり、求めたり弄んだり。
だからこそ、メロウなものからハードなものまでと広がったのかもしれない。

あたしが特に感じたのは、一曲のストーリー性かな。
コンサートのステージをイメージするからなのかもしれないけれど、
歌詞にまず引き込まれて、それを奏でる6人の声という表現者。
時に寄り添うように、時に絡み合うように、時には挑むように。

そして、あたしが車と言う密室で身体中で身震いするほど感じたものは、
そのストーリーのように展開されていく世界。

単なるリフレインではなくて、テンポを変えたり、転調したりしながら、
後半へ向かって広がって行くハーモニーの技。
これが今回の一番の感動です!
重なり合うように、幾重にも厚みを持ったハーモニー♪

そう、だからあたしがすごく感じるのが、後半のドラマティックな雰囲気かな。
「そう来る?」 「今度はそっち?」みたいな、予想不可能に仕組まれていて、
どんどんと引き込まれるのは、だからなんだ。
ロックな曲であっても、一転してハモって聴かせる。
ドラマティックな曲は、さらにさらに高揚していくように。
これこそKAT-TUNの持つカラー♪
そこに一役買っているのは、曲に合わせて演じ分ける仁のフェイクやハモリ。
でも、本当はメンバーそれぞれもそうだってことにもね。
例えメインでなくても、ワンフレーズのパートでも自分の個性を出していて、
ちゃんと自分の世界を描ける力。


では、長くなりますがシングル以外を一曲づつ(^^ゞ

『T∀BOO』
オープニングとラストのエンディングはまさに、海賊船が霧の中から現れるのを想像しますね。
初見で仁の「Ah」にメロメロになったものですが、2番の聖もたっちゃんもsexy。
こういう時の聖の切ない声って大好き。
歌詞からも海賊のイメージはバッチリ。
これでオープニングで、シルエットのロクーンが出てきたらいいなぁ。

『AFFECTION~もう戻れない~』
これは「奪う」方の曲ですね、もう友達には戻れない、それでも貫く自分の想い。
仁と亀ちゃんの高音にピッタリで、女性の声との絡み合いも新しいし、
女性と絡むからこそより二人の声も際立ってきて、
仁亀の折り重なるような掛け合いは、やっぱりこの二人にしかない世界。

『HELL,NO』
一番は聖のラップのカッコ良さでしょう!
とかく仁の英語が言われるけれど、聖の英語もかなり高度だと思うんだな。
ロックな歌い方のメンバー、
そう、この曲の後半の盛り上がりなんて、仁と亀ちゃんのハーモニーが
ロックに入れられるってのはKAT-TUNならではでしょうね。

『DISTANCE』
・・・実は、あたしの最初のヘビロテはこの曲です。
じゅんのの声にこの曲の世界がぴったりで、じゅんの以外では無理だと思うもん。
「俺たちが出逢ったことが間違いだって言うな」の歌詞が好き。
Under the street lights~の仁の歌い方が大好き。
そしてそして、仁の高音のコーラスがさらに世界を広げて、
あたしはじゅんのの声に寄り添い絡み合ってる、この二人が好きです(^^ゞ
・・・なぜか周りの反応がイマイチなのが不思議なんですけどね。。。

『MOTHER/FATHER』
たっちゃんのやわらかい歌い方が語りかけるような曲。
仁の歌う歌詞が、きゅんとくるんだな。
聖が自分で入れたいと言ったという、優しいラップに仁のロングトーン。

『-un』
ホントにじゅんのの声にピッタリかも、本人も言ってるようにね。
こんなPOPな曲はKAT-TUNにはどう?なんて思いはあたしには無いかな。
歌詞がキャッチーだったり、デジタルのような音がすごく耳に残る。
サビは確かに、タオルをぐるぐると廻しながら歌いたくなるかも(笑)
そう、単なるPOPに聴こえないのは、KAT-TUNらしい幾重にも重なるハーモニーでしょ。
仁のフェイクの優しく透き通る声が際立つけど、あたしはこれはすごく好きかも。

『OUR STORY~プロローグ~』
プロローグって言うから、ツアーの最後に持ってくるようなバラードかと思ったら、
ミディアムテンポ。
だけど、エピローグではなくプロローグってしたところが、
これから未来へ向かって行く気持ちになってくる。
それが後半の転調した後の、仁の素晴らしい高音のファルセットに始まり、
よく聞いてると、下ハモの低いロングトーンも曲の幅を持たせてる。

『何年たっても』
これもタイトルからしたら、バラードっぽいのかと思っていたら、
なんておしゃれな曲に仕上がったんでしょうね。
“じんじん熱いよ”(笑)
高音がすごく効いてるから仁かと思えば、これのメインはゆっち。
ホントに歌声のバリエーションが多くなったなぁって、ゆっちは努力の人だもんね。
ゆっちと聖の掛け合いは、仁亀みたいな思いになるかな。


・・・ボーナストラックまで辿り着けません(^^ゞ

今日はここまで。

こうして聴いてると、やっぱりこの6人だからこそ描ける世界なんだと、
それがものすごくあたしの心を揺さぶって、身体の芯まで痺れるほどで、
しみわたるほど泣きたくなるくらい、大好きなKAT-TUN♪




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | KAT-TUN | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

<<きみが 「あかにし」 と よぶたび。。。 | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | じんじん熱いよ・・・>>
この記事のコメント
こんばんわ
私も6人のハーモニーを聞くとほんとにKAT-TUN好きになって良かったなっていうか、もう誇らしいです!!


私も演歌調のDISTANCE大好きです☆
『何年たっても』もいい意味で期待を裏切られたし、『-un』
も爽やかでアイドルアイドルした曲を待ちこがれていたので、私も全然抵抗ないです(笑)
あと、「愛のコマンド」も私的に満塁ホームランです(笑)

いつも思うのですがちゃお☆さんの解説、なんて深いんでしょう・・・
私はボキャブラリィーが少ないので、いつもちゃお☆さんの文章には感動です・・・

今日も元気もらいました♪
ありがとうございます!

ところで、質問なんですが、MOTHER/FATHERの一番最後の「生まれ変わっても~」は上田君でしょうか、赤西君でしょうか?
ずーっとどっちか悩んでます(笑)
ぜひ教えて欲しいです!!
2008-06-07 Sat 00:57 | URL | yuki #-[ 内容変更] | top↑
コメントレスです
yukiさん♪
あ~yukiさん!先日のお話、ありがとうございました。
・・・お返事をしたかったのですが、連絡先がわからず、
どうしていいかと、それでちょっとメッセージを
書いてみたのですが。
もう、そのお話は決まってしまわれたですよね?
よろしかったら、メールいただけたら嬉しいんですが。
ホントに、嬉しいお申し出でしたので・・・。

いつも、すごく嬉しい言葉をいただいて、
もちろん有閑のドラマの時のことも覚えてますよ(^^)v
MOTHER/FATHERの最後のところですね?
あたしの聴いたところでは・・・たっちゃんですね(^^)
ボイトレの成果がすごく出てる気がします。
2008-06-07 Sat 01:33 | URL | ちゃお☆ #-[ 内容変更] | top↑
ちゃおさん。

今回は本当に厳しかったね;
私も自分自身の申し込みでは
大阪・東京のドームしか当たってない;
それでも私の周りではそのドームも外れたという方もいて
どんだけカツン人気あるのよ・・って思ったりしてます。
これからチケが発送になったらもう少し交換や譲りますが多く出てくるんじゃないかなって
思ってはいるんですけど。。。
ちょっと注意して見ておきますねv

アルバムのレビュー見させていただきました。
もう感動ですわ~~;
さすがちゃおさん!深い!
それに比べて私のボキャブラリーのなさ;
浅いわぁ~~;;
ちゃおさんのレビュー読みながらアルバム
聞くのもいい感じです。
ちなみに私も『DISTANCE』好きですよ。
仁のハモリがたまらなくて(笑)

また伺いますねv
2008-06-07 Sat 02:37 | URL | みなみ #tNnsk5Tg[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-07 Sat 03:31 | | #[ 内容変更] | top↑
レスが遅れてごめんなさい。

みなみさん♪
雑誌にしても、曲にしても、映像にしても・・・
感想とかレビューって難しいですよね。
いえいえ、あたしのなんか全然(--;)
ボキャブラリーの少なさに毎回壁にぶつかります。

みなみさんが言ってらした、最近本を読まないから・・・
あれには共感しました。
最近、活字といえば・・・KAT-TUN絡みばかりで、
小説とか読むと表現力も付くんですよね。
ツアーが始まったら、余計にそんな時間は無いけど(^^ゞ

いつもありがとうございます♪
2008-06-19 Thu 02:21 | URL | ちゃお☆ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。