KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

仁が伝えてくれたこと・・・

2008-08-14 Thu 04:04
オリンピックに連日見入っています・・・
今、バレーボール見てるんですけど、え!え!タイムの時に後ろに聴こえてたのは、
なんと!Real Face♪ですよ!聴き間違えるわけないですよ、あの歌は!
北京でKAT-TUN・・・日本のチームの試合だからだとは思いますが、
この曲を選んでくれたってことは、すごいことですよね!
いや~思いがけず聴こえてきた歌声にすごくビックリですけど、嬉しいですね(^^)

ちょっと今回のツアーについて、語ろうと思っていたところだったので、
これがスイッチになったようです(笑)


ツアーの始まりから、そしてオーラスを終えるまでずっと抱いてきた想いです。
これだけはどうしても残しておきたいなぁと思っていたので、続きに書きます。
こういう話題が好きでない方は、スルーしてくださいね。

今回のツアーにあたしがあちこちへ足を運ぼうと思ったのは、仁の想いを身体で感じたかった
から、ということがあると思います。
企画の段階から、すごく今回のツアーに対する仁の並々ならぬ想いがあったように
思えたから。

あたしが仁を知って出逢った海賊コンのDVD、あんな仁をどこかに探していたからでしょうか。
そして、そのコンセプトもまた“海賊”
期待・・・それもあるけれど、仁の魅せてくれる、魅せようとしてくれる世界が楽しみだった。
だから、自分のチケットが8月のドームだけだった時は、本当に凹んだんですよね(^^;)
それが、あたしのそんな想いが通じたのか、そこからは色んなご縁で仙台から参戦
することが出来たんです。

仁の魅せたいもの・・・それを自分で感じたかったから、だからネタバレも仁断ちもして
その日を待ちました。
・・・でも、チラッとはやっぱり目にしてしまってはいたんですけどね(^^ゞ

その目にしてしまったのは「僕街」と「アカペラ」って文字でした。
だからそこからは本当にシャットアウトしました。

仙台のあの日、アリーナで聴いた「僕らの街で」♪
仁がマイクで歌い始め、そしてマイクを外した時・・・水を打ったように静かなホールに
仁の歌声だけが響いていました。
あたしが入った公演の中ではこの回だけだったはずですが、仁は最後にマイクへ戻さず
アカペラのまま5人へと繋いでいました。

アリーナというあたしにしたら本当に夢のような席で、自分のこの眼で仁を見てました。
いつしかその仁の姿が滲んで見えていました。
人の肉声がこんなにも素晴らしいものなのかと、そうして伝えてくれる仁の想い。
色んな想いが胸に溢れて、ただただ感動したんです。


この仁のアカペラについては、仁ファン以外の方にはどう届いたんだろう?
そんなことも思ったりしましたけど、その時、あの去年のオーラスの亀ちゃんのアクシデントを
フォローした仁の笑顔・・・編集されてはいますけど、その笑顔はDVDにも映ってますよね。
あの事が、今年へと繋がっていたように、あたしは勝手に思ったんです。

仁のパートの無い曲、2ndアルバムの曲をどうするんだろう?とも思っていたら、
初っ端からJumpin’upを入れてきたじゃないですか!
あの曲は仁もすごくノリノリだったし、上の席の煽りもしてくれたし、
何よりあたしもすごく好きだったから、すごく嬉しかったり安心したんです。
そして、最後のパート・・・聖は仁に一つくれたんですね。
ちょっとしたことのようで、そんなところの想いも嬉しかった。

僕街もね、そんな風に誰かのパートをもらったりすることも出来たのかもしれないけれど、
CDに仁は参加しなかった・・・でも、あの曲をすごく好きなんだって感じたんです。
仁ファンには色んな想いのある一曲かもしれないけれど、
あたしは当時、仁の声をどこかに探しながら、でもいつかこの歌を一緒に歌う時が来る、
そうなったらどんなだろう!って、想いながら何度も聴いていました。
そしてそれは思いもしなかったこんな状態で叶った。

ソロの後、息の上がった状態での、しかもマイク無しでのアカペラ・・・
身体に耳に、そして胸にじわじわとしみわたる仁の声。。。
ひと言ひと言を大切にしながら、どれだけの声量を持ってるんだろうこの人は、
驚きと、そして、仁だなぁ、仁らしいなぁとも思いながら、
「僕の生きて行く世界になった」 ここの歌詞にもグッと来たり。

そんな中、どうしても飛んでしまう声援については、色んな意見がありましたね。
どうか静かに仁の声に耳を傾けて欲しいと、悲痛とも言える声も。

あたし、仁が帰ってきて、仁の貫いてきた想いを感じるたびに、すごく寛容になったような
ところがあります。

あのね、確かに静かに聴いて欲しいって思いはありましたけど、
この情報化時代だからと言ってみんながネタバレを読んで参加してるわけじゃない。
何回も見てきた人もいれば、その回が初めてって人もいるし、
もちろんその一回限りしか入れないって人もいる、それぞれ状況は違う。
そして、あの半年間をみんなが同じ想いで過ごしてきたわけでもない。

思わず名前を叫んでしまうって気持ちも・・・わからなくないし、
「頑張って!」と言う声援には、頑張ってる姿にどうして?と言う意見もあったけれど、
悪い言葉では無いと思ったんです。
・・・まぁ、そんなあたしでもドームの初日に、真後ろのとても通る大きな声のお嬢さんの
「仁!」って声には思わず振り向いて威嚇してしまいましたけれどね(^^;)
そんなあたしが言うのも何なんですけど。

あたしは、仁は全部解ってたと思うんです。
もしかしたら、声援にかき消されてしまうっていう状況も考えなかったわけじゃない。
だけど、それでもどうしても届けたかったんだと。
静かに聴いて欲しいのなら、歌う前にお願いすることも出来る。
でもそれをしたら伝えたいことの趣旨が変わってしまうようだし。
それでも全く声援を止めることは難しいはずです。
去年のたっちゃんのソロで、ペンライトを消してくださいっていうあれだけのことでさえ、
全員にそれを強いる事は出来なかったですからね、寂しいことではありますが。

仁は、それも全部分かっていて、それでも伝え続けること、やり遂げることに
その想いがあったのではないかなぁと、あたしは感じたんです。

確かに、その声援の周りにいて声がかき消される状態だとそうそう寛容にはなれない
かもしれませんが、それだからと言って責めることばかりは出来ないかなぁって。
マイナスに考えるのではなく、前向きに、仁の想いを受け止めたいって。

だけど、それでもすごいことだと思うんですよ。
ホールでは数千人単位、ドームは5万5千人です。
天井席まで届くほど、1%くらいの人を除いてはそれ以外の人が聞き入ったってスゴイ事!
仁が挑戦した事は、ほぼ・・・ううん、ちゃんと伝わったと思うから。

仁のアカペラに続いて歌う5人、それぞれが映るたびに本当に彼らがメンバーで良かったと、
この6人が好きなんだって、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
この時、後ろに一人一人の映像が映ってましたよね。
そこにはちゃんと仁もいて、ちょうどサビの時に仁がちょっと長めに映ってたように
あたしは感じたんです。

これでね、僕街は6人の曲になったんじゃないかって、これからも歌ってくれるって
それが一番届けたかったことかもしれないと、これはあたしの考えですけど。

今回、シングル曲を全曲入れてました。
あたしは正直、アルバム中心ならばSIGNALあたりはやらないかなぁとかも思ってたら、
全曲だった、そう僕街もそこに当然のように。
自分たちのデビューからの歴史、まだ短いけれど、それを改めてこうして歌うこと、
その中の“僕らの街で”のあり方。
それを仁の気持ちを、多分メンバーは尊重してくれたんじゃないかなぁ。
そんな風にして、1年かかって仁はこのツアーでの自分の姿を
色んな企画を通して、それもとっても楽しそうにのびのびと、
自分のやりたいことをたくさん魅せてくれた。
これを作り上げたのは、最後に海賊船に乗ってるあの6人の海賊たち。

デビューコン、去年と最後にメンバー一人一人からのメッセージがあったけれど、
今年は亀ちゃんでしたよね。
あの海賊帆でもそうでした。
伝える事は亀ちゃんに託して、その言葉以上のものはステージを通して全員が
ファンへと伝えてくれているから、亀ちゃんの言葉だけで十分だった。

その言葉も、最初の方はホールであの空飛ぶ骨船だったからか
「まだまだ小さい船・・・」って言ってたのが、
最後は変わってましたよね。

始まる前に期待してた以上、色んな意味で裏切ってくれた少し大人になった海賊たち。
何より君たちがやんちゃなところも残しながら、確実に大きく大きくなっているのを
この眼で、この身体で、この心でしっかりと感じられました。
さらなる航海へと、寂しい気持ちではなくて、
その次の海も一緒にこれからも渡って行くからと、胸に誓いました。


本当のところは仁のみぞ知ることですし、KAT-TUNが全員で企画してくれたことです。
それぞれの受け止め方もあって当然です。
また行かれなかった方には、次への目標になってくれたらいいなぁと思います。

ほんとにあたしに文才が無くて、心に思ってた時間が長かったせいもあったりして(笑)
でも、一度ちゃんとこうして残しておきたかった気持ちです。
もろもろは、どうかご理解くださいね。

ただ長いだけですけど、最後までありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | OUEEN OF PIRATES2008(コンサート) | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

<<夏の思い出 | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | ドーム感想・・・一人マルチアングル♪>>
この記事のコメント
こんばんは!
おひさしぶりです。
ちゃおさんの想いすっごく素敵です。
仁の想い、そしてKAT-TUNの想いも
ちゃんと伝わったと私も思いました。
本当にこんな素敵なファンがいてKAT-TUNも幸せですよね
そして、私もその中の一人だと思うととってもうれしいです
そして、誇りにも思います。
ちょっとマナーの悪い人はいますが、その人も一生懸命
応援をしているだけなんですよね。
これからも、ずっとずっと応援していきたいです。
よろしくお願いします

2008-08-15 Fri 01:14 | URL | JUN #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは
ちゃお☆さん、こちらからははじめましてです^^
拍手では何度かお邪魔してますが・・改めましてnokonokoです。
ちゃお☆さんの熱い想い、しっかり伝わりましたよ^^
今回のツアーではメンバーもそして仁君も、今持っている、思っている全てをファンに向けて発信してくれていたような気がします。
受け取るがわによって反応が異なるのは仕方がない事かもしれませんが、でもカツンを応援している人の心にはきっとメンバーの気持ちも伝わったのではないでしょうか。

個人的には、ちゃお☆さんもおっしゃっていましたが、Jumpin' upを今回も歌ってくれたこと、すご~く嬉しかった^^
前回のアルバムも好きな曲が多かったのですが、特にコンの中ではとっても盛り上がる曲で大好きなので、また6人で聞かせてくれて煽ってくれたのが感動でした。
僕街は・・本当にあの歌詞を聞くともうそれだけで・・カツンを好きでよかったと思います。
ひとつひとつ語り始めると、とてつもなく長くなりそうなので><

またこれからも楽しみにお邪魔します。
同じ県仁として、一緒にカツン応援させてくださいね^^
2008-08-15 Fri 01:34 | URL | nokonoko #BaX43DcI[ 内容変更] | top↑
ちゃおさん、こんにちは!
やっぱり、バレーボールのreal face は幻聴じゃなかったんですね!!!
国は違うし、オリンピックの大舞台で流れるなんて・・・感動です♪

僕街について、私には他のメンバーのファンの方がどう感じたかは分かりませんが、凄く温かく見守っている人が多かったのは間違いないですもんね!
いろいろな応援の仕方がありますが、応援したい気持ちには変わりないですし、ちゃお☆さんのおっしゃるとおりだと思います。

大きく成長したメンバーがもっともっと好きになりました☆
本当に素敵なコンサートでした。早くDVDでみたいです♪

ちゃお☆さんの文章も今日も凄く深いです!勉強になりますm(_ _)m
2008-08-15 Fri 14:38 | URL | yuki #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは。
そうですね、友達も中国で試合を見た時、思わずにこの曲が耳に入ったって言ってくれました。中国のみんなも今ワクワクしています(笑)
2008-08-16 Sat 15:51 | URL | 唯 #-[ 内容変更] | top↑
コメントレスです
あたしの想いを受け取ってくださってありがとう。。。

JUNさん♪
すみません、なかなかそちらに伺えなくて(^^ゞ
確かにマナーはこれからの課題だとも思ってます。
でも、全てを否定するのではなくて、
プラスに受け取ること・・・そんな風に大きな気持ちで
彼らを応援して行きたいなぁと思ったんです。
そうですね、誇りを持ってファンだと言えるように(^^)v
またお越しくださって、すごく嬉しいです。
ありがとう!

nokonokoさん♪
Jumpin’up嬉しかったですよね!
この時は仁はいっぱい客席を煽ってくれるし(^^)
楽しませてくれる彼らから、何かを感じて何か一つでも
想いを受け取ろうって思って参戦するんです、あたし。
今回はそれがすごく強かったし、何よりKAT-TUNが
めいっぱいの自分たちをぶつけてくれましたもんね。
色んな状況や立場の人がいる、いて当たり前だって
そう思うだけでちょっとは違うかなぁってね(^^ゞ
コメント嬉しかったです。
ありがとう!

yukiちゃん♪
初コンだったyukiちゃんには特にすごくインパクトのある
ツアーだったかなぁって。
こんな彼らを生で見ることが出来て良かったよね!
あたしの想いは・・・こんな考え方もあるよ~ってくらいで、
それぞれの受け止め方があって当たり前だと思います。
彼らも正解を求めてるわけじゃないしね。
ほんとに大きく逞しくなったKAT-TUN!
ますます惚れてしまいましたよね(^^ゞ
いつもありがとう!

唯さん♪
バレーボールの間、ずっと使ってますよね!
聴こえると嬉しくなりますね♪
どうしてリアフェが選ばれたんでしょうか?
そこの辺りを知りたいなぁって思いますけどね。
・・・全世界に流れてるってホントにビックリです。
また来てくださってありがとう!
2008-08-19 Tue 03:02 | URL | ちゃお☆ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。