KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

海賊と東野ワールド

2008-09-23 Tue 23:54
日付を詐称して・・・本当は23日に書くつもりの内容だったので(^^;)

うとうとしながら休みの日の朝に早起きしてWSを録画してたのか?
ananの話題で仁・・・だったはずが、さすがに例年トップ2の話題でしたね(^^ゞ
しかし、あたしにはちょっとミラクルで、いつもはズームインなのにめざまし録ってた。
そう、ましゃの舞台挨拶の話題が出ましたよね。
・・・チェックが甘いと言われれば、それまでなんですけど(笑)

いよいよ映画の公開まで10日あまりとなったので、これからはちょいちょい
ましゃの話題が増えるかもです(^^;)

そう、意外にも初主演映画なんですよね、舞台挨拶も初めて。
・・・緊張を感じさせないのは、積み重ねてきた経験もあるでしょうけど、
それにしても映画のキャストがまたコメント上手で面白かった。
コウちゃんの、「堤さんと松雪さんの話という感じ・・・」ってところが、
「もちろん湯川先生もですけど」 「いや、いいんですよ、その通りですから」
この二人の雰囲気が、ドラマから続いてるいい関係だなぁって。


月曜日の仕事帰り、下旬のドル誌を買おうとT書店に行ったら、
映画の宣伝もあってか、そのガリレオの映画版「容疑者Xの献身」がどどーんと、
もちろん瞬時に手に取ってました。
それから、そう実は日曜日にクロサギのドラマの録画を見てたら、
後半の3話が当時HDDの調子が悪くて、残ってなくて・・・
そうしたらどうしても見たくてレンタルしよう~って決めてたんです。
でもその他にもぶらぶらっとすると見たいものはいっぱいあって、
仁が良く言う好きな映画っていうタイトルが、とっさに思い出せずにうろうろしてたら・・・

公開当時見に行かずに見てなかった映画を発見!
そう、海賊ですよ、パイレーツ オブ カリビアン ワールドエンド。
海賊KAT-TUNから中々離れられないので、とうとう映画まで海賊って(笑)

もう一本手に取ったのは、これがまた運命的にも東野作品でした。
「変身」ってやつです。

あたしは本やDVDなどは、直感で決めるので、どこかその時に呼んでるものっていう
そんな感覚があったりします。
今回はまさにそれだったかな。

長くなるので、別に何にも無いけれど続きへいれます(^^ゞ


休みの前の夜更かしの夜、まずはクロサギを一気に3話見て、
それから「変身」を明け方まで見てました。
で、珍しくあんな早くからWS見てたら・・・ましゃですからね、自分で笑った。

昼間からは、どっぷりと海賊船に乗りました(笑)
3作目ともなると、メンバーも同じだし、これはラストということだったので、
どんなことが起きるのか、どうなるのか?っての一番でしたね。

・・・ただ、どうしても海賊の彼らを見てると、歌い踊る海賊くんたちが脳裏をよぎる(笑)

まぁ、作品的にどうかよりは、3部作一応見終わったってくらいでした(^^ゞ


そこから、急に東野ワールドへ誘われまして、「容疑者Xの献身」を一気に読破。
・・・夕飯忘れてました(笑)
でも、それくらいに面白いというか、次が気になって仕方ないんですもん。

あたしは小説は2種類のジャンルが中心で、作者もだいたい決まった人ばかり。
サスペンスと、女性がすごく元気がある作品かな。
その中に「東野圭吾」と言う人が今までいなかったことに、残念だったりもしますけど、
こうしてましゃを通じて出会えたことは、今はほんのわずかになった
あたしの読書タイムに新風を吹き込んでくれました。

そう、あたし見る映画はサイコサスペンス系もね、好きです。
心理戦のワクワクしながら一緒に謎を解いていくのが大好き。
・・・コナンくんが好きだったりするのもわかります?(笑)
ドラマもミステリー系は好きだし、だから映画や本の最後を知るのが嫌いだったりも
するのかもしれないですね(^^ゞ

で、今回の映画化・・・もともとは賞も取ったほどの大人気セラーなんですよね。
あたしは本屋に行かなくなると、半年とか全く行かなくなるので知らなかったですけど(^^ゞ

舞台挨拶でキャストを見て、それから原作を読むとイメージが膨らみますね。
しかし、今回の堤さんはもうピッタリかもしれないなぁ、
読みながらそこにいるのは堤さんでした。
松雪さんは、映画を見てのお楽しみですかね、あたしのイメージとはちょっと違うけど、
でも他に誰?とも思いつかないのです。

今回は、コウちゃんが言ってたように、堤さんと松雪さん(・・・役名が思い出せないので)が
本当に重要で、確かにメインなんですよね。
そこにましゃ演じる湯川先生が運命のいたずらのようなスタンスにいて、
その湯川と北村さん演じる草薙刑事(本ではもともとガリレオは草薙との話)との、
色んなお互いの状況での立場の戦いもあったり。
原作とは違うけど、コウちゃんの存在がどう絡んでくるのか。

タイトルの「献身」って言葉が、見たときからずーっと気になってたんですよね。
そうしたら、最後の最後に・・・うわぁ~そこかー!って。
いや、今回、湯川先生の苦悩は計り知れないですね。
それをどのように見せてくれるのか、すっごく楽しみになってきました。

これだけ緻密な心理戦、さすが東野ワールドですよ(^^)v


そうめざましで、来週はこのガリレオWeekになるらしく、企画があるそうで・・・
こんな時くらいは、ましゃにシフトしなきゃですね。
思えば、初主演!ファンにとっても待ち焦がれたスクリーンのましゃですから。

・・・そんな言葉の裏に、どうしても仁が見え隠れするのは、想いがリンクするからだと
許してくださいね。

ヤバイ、今こんなちょっと谷間の時だから、読書熱に火が・・・ちょっと点きそうかも(笑)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ガリレオ(ドラマ) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

<<カツカツ・・・愛を探して 総集編 | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | OXY 新CM♪・・・勝負肌!>>
この記事のコメント
東野作品!
実は東野作品ファンの私。
でも、なぜか、ガリレオ関連作品は未読なんです~~(笑)
読まねば読まねば!!(≧ω≦)

そんな私は、昨日、TSUTAYAさんで「HEROES」と「SEX AND THE CITY」をレンタルしてきて、観始めたところです~
(私たちのリンク度合って一体なんなんでしょう??)。

追伸/東野作品は、「秘密」と「白夜行」が好き…
2008-09-24 Wed 17:10 | URL | carino #oyUv4a/.[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。