KAT-TUN大好き!赤西仁中毒ちゃお☆の徒然日記
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

身も心も震える仁の歌声に・・・♪

2008-11-02 Sun 02:16
ちょっと若い頃の、でももうすっかり色気も携えて、
それでいて伸びやかで表情のある歌声を持った仁に酔いしれてました(^^ゞ
えぇ、それはSUMMARYの仁ですね♪
リンク先さまのNAOKOさんのところの鑑賞会チャットだったのですけど、
先週に引き続いて、今週はDigest版を。

楽屋ではやんちゃで、テンション高くって、でもステージに上がるとキラキラだったり、
sexyだったり。
二十歳の仁に今夜はとろんとろんにとろけております(笑)

でも、歌う仁を見てると、映画ではどんな風に歌って見せてくれるのか?と、
どこまでも想像はつきませんね。

上手く説明は出来ないんだけど、同じ仁ファン同士ならわかるだろうけど、
一般の人に、どうやって仁の歌声の素晴らしさを伝えたらいいのか?
そんな歯痒いときがあります。
だけど、言葉で説明するものじゃないですよね(^^;)

すっごく売れてるみんなが知ってる歌い手さんの歌声だって、好き嫌いはある。
それは、心の琴線を振るわせる何かが、人それぞれ違うんだろうってこと。

仁の歌が大好きで、もう泣きたいくらい大好きで。
それを誰かにわかってもらう必要は無いのかもしれない。

だって、いつだって、どんな歌を歌ったって、仁の歌声が好きだってことを、
それはもうどうしようもないことだし。


映画で、また違った仁の歌声を引き出してもらって、それが今度は
違うフィールドの人たちの耳にも届く。
そうしたら、そこから仁の声にはまる人も出てくるんだろうしね(^^ゞ

・・・何語ってんだ?あたし(^^ゞ

そう、岩井俊二さんと小林武史さんの対談が見れるそうで?
・・・あたし、うろ覚えなんだけど、実はリアルで見てたんですよね(^^ゞ
こんなことなら、しっかりと見ておくんだったなぁ。

そこで語られてたことが、仁を起用するに至ったお二人が「感じた」ものなら、
あたしも運命的にその番組に出会ってたんだよなぁ。
なんて。

そう、何故その番組を見てたのかは、あたしが岩井俊二さんを好きだったってこと。

その出会い、思えばあれが90年代なのですよね。
個仁的な記憶ですので、続きに入れます(^^ゞ



あたしが岩井俊二さんに出会うきっかけを考えると、そこには豊川悦司さん抜きでは
語れないですね(^^ゞ

昔から、ドラマの中で自分的にものすごく印象に残る俳優さんを、
そこから掘り下げて追いかけてることが多かったです。
それが、例え顔が映ってなくても、主役じゃなくても。
一瞬の横顔だけのその人を、クレジットの名前を頭に刻み込んで、
色々探して、すごく好きになって・・・そのうちに、人気が出てる!ってことも多し。

豊川悦司さんもそのうちの一人だったなぁって思います。
最初は、月9のドラマで出演は多くは無かったですけど、強烈なオーラを放ってた彼を
もっともっと見たくて探してた日々。

今みたいにネットなんて無いから・・・雑誌とかで出演作を探したりして。

あたしは中学生くらいから深夜族なのですけど(笑)
深夜のドラマで偶然出逢ったんですね、豊川さんに。
そういえば、そのドラマでは最近亡くなった深浦加奈子さんにも出会いましたね。。。
で、そこからはもう豊川さんばっかり探して。
そのうちに月9から、色んなメジャーなドラマにいっぱい出るようになって。
あたしのビデオライブラリーには、豊川さんのドラマがいっぱい残ってます。

そんな折、新しい映画に出るという話で、しかも主演がこれまた大好きな
中山美穂さんだったってのが、もうあたしのツボで。
楽しみにその映画を待ってたのです・・・一斉ロードショーじゃなかったので、
田舎仁は何ヶ月も待ったんですよね、あの当時(笑)
地元に来た時は、もうパンフレットも無くなっててラミネートされたチラシがその代わり。
・・・それが最近、職場を異動したときに机の中から出てきた(笑)

その映画の監督さんが、岩井俊二さんだったんですね。
『Love Letter』という映画です。
これは原作もちゃんと買って読んで、その小説のイメージがとても繊細に
スクリーンに描かれてたことで、もうすごく大好きになったんです。
この映画では、豊川さんがその当時のドラマでは全然出さなかった
関西弁での演技ってことで、それもとーっても良かったんですよね。

そう、豊川さんもどこか繊細さを持っていて、見事なスタイルと
鋭くもなり、哀愁もたたえ、笑うとお茶目な瞳。
一つじゃない、色んなものを持ち合わせたお方だと。

仁のことも・・・そういう視点だった感じですよね。

そこから今度は岩井俊二さんと豊川さんにはまって、またビデオを探す日々。
undoでは、これまた大好きな山口智子さんとの共演だったし。
Charaさんとご主人の浅野忠信さんの出会いにもなった「picnic」
どんどんと岩井さんの描く世界に引き込まれていって、ますます探す日々。
「打ち上げ花火、上から見るか下から見るか」とか。

そして「スワロウテイル」へと繋がっていくわけですね。
あの多国籍な実在しない街のつくりとか、Charaさんの歌にどっぷりとはまり、
CDも買って、あの頃はいっつも車の中で聴いていたっけ。

その後は、あたしはちょっと嗜好が変わって見なくなってしまうんですけどね。
こうして書いてみると、当時のあたしのライフワークが蘇ります。
基本的に、やってることは今と大して変わらない自分(笑)

一度好きになった人はそうそう嫌いにならないタイプなので、
どこかで岩井監督の名前を見ると、目を留めてしまいます。

それが多分、小林武史さんとの対談のチャンネルで手が止まった理由だと。
・・・PCしながらだったから、どこかBGMのようにして流してたのが
残念なんですけどね。

だから、今回の映画の話は正直、この対談をチラッと見た後だったので、
とってもビックリしたんです。

あのお二人が、仁の才能をそんな風に感じてくれてたなんて。


そういえば、あの頃買い貯めた岩井さんの作品のビデオ・・・
人に貸したきり帰してもらえずに、もう10年くらい経つかな(--;)
もう一回、DVDで今度は買おうかなぁ。


こうしている今も、画面には歌う仁がいます。
何度見ても、何度聴いても、毎回新鮮で、毎回仁に恋しちゃうんですよね(笑)

映画に出る。
スクリーンで演じる仁に逢える。
それだけでも十分なのに、あたしたちの大好きな自慢のあの歌声を、
映画でも見られるなんて!
ホントに色んなキセキが重なって、でもそれは運命的でもあり、
こうして仁の手にやってきた。

それをこうして、発表の時からリアルに一緒に待っていられるという、
ファンとしてはとても素晴らしい時間をいただいたなぁって思います。

仁は今日も頑張ってるかな。
寒くなってきたけれど、仁の苦手な冬の撮影だけど、
きっと心はふつふつとたぎるような熱さでいっぱいかな。

あぁ、早くそんな想いを抱いた今の仁に逢いたいなぁ。。。。。


・・・って、そんなことを想ってるあたしは、何故か明日はマブダチに逢いに行きます(笑)
仁と対談した、それを伝えてくれたぴぃから、どこか仁の欠片を感じたい(^^ゞ
いや、ちゃんと彼らのコンサートも楽しんで来ます♪
もろもろは随時報告を兼ねて、遠征中だと更新が多いあたしですので、
一泊二日の旅を友人ヤマップと楽しんできます~

明日、朝8時出発なんだけど、こんなことしてて、まだ用意はこれから(えへ)
早く寝ないと~~~


ホントに個人的な趣向の話で、申し訳ありません(^^ゞ
ま、あたしらしいといえば、そうですが。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 赤西仁 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

<<順調だったはずが… | 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ | 最後の大物独身俳優(笑)>>
この記事のコメント
うわー、岩井さんについても、ちゃお☆さんといっぱいお話共通点が!嬉しいー。

『Love Letter』の、あの、「冷たい寒い季節」が「映像」として描かれている秀逸感はたまらないですよね。私も大好きな映画です。
豊川悦司さんがそれまでTVドラマとかで演じていた役とイメージがちょっと違う感じだったので、すんごい新鮮に感じた記憶があります。

Party、気をつけていってらっしゃいまし!楽しんできてくださいね~。
2008-11-02 Sun 06:18 | URL | carino #oyUv4a/.[ 内容変更] | top↑
こんばんは♪

わたしは、仁くんのファンじゃない人に対して
なんで仁くんの素晴らしさがわからないの? って、思っちゃいます ^^;

高杉ナツ役をとおして、仁くんの魅力に気づいて、
ファンになってくれる人が増えてくれるとイイですよね ☆

岩井俊二監督の作品の中で、わたしは『Love Letter』しか
観たことがないんです。
それも、途中まで中山美穂さんが二役だったことに気づかなくて、
さっぱり意味がわからなかった、ってことだけ覚えています (^_^;)
『スワロウテイル』も、いつか観なきゃ、と思っていますけれど。

岩井さんと小林さんは、ジャニーズと無関係な人だと思っていたので、
仁くんを抜擢してくれたことに、びっくりしました。

ちゃお☆さんのいうように、
仁くんの才能を認めてくれたことが、なによりもうれしいですね (^^)

2010年の公開まで待ちきれないです!

マブダチの“パーティー”、楽しんできてくださいね♪
2008-11-02 Sun 23:06 | URL | キョンちゃん #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 仁類愛☆~仁にもらった笑顔~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。